新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

WienerAI($WAI)のプレセールによる資金調達額はすでに500万ドルを超えており、現在も売上を伸ばしています。

WienerAIは、ミームコインの独特なバイラリティと、AIによる実用性を兼ね備えた新しい仮想通貨であり、ハイリスクハイリターンを狙うトレーダーから慎重な投資家まで、幅広い層の注目を集めています。

プレセールは現在も進行中であり、2024年6月10日時点において、1$WAI=0.000717ドルのキャンペーン価格で購入することができます。

しかし、キャンペーンが進むにつれてWienerAIの購入価格は段階的に値上がりすることが計画されています。

次の値上がりまでのタイムリミットは、公式サイトにてリアルタイムでカウントダウンされています。

WienerAIの市場規模は1000億ドルに迫っている

現在、ミームコインとAI市場の合計時価総額は920億ドルを超えています。WienerAIは、これら2つの要素を兼ね備えた特徴を有する数少ない仮想通貨の1つです。

このプロジェクトでは、ダックスフンドのようなユーモラスなキャラクターを通じて、ミームコインらしい遊び心を表現する一方、仮想通貨が直面するテクニカルな問題に対処するための最先端AI取引ボットの開発を目的としています。

具体的には、ユーザーはWienerAIのボットに質問することができます。ボットはユーザーからの質問に対して、予測技術を駆使して市場全体を精査し、最適な回答を導き出します。

たとえば、今後急成長が見込まれるものの、現時点で時価総額が低いプロジェクトを見つけるようにボットに依頼してみましょう。ボットは市場全体のデータを分析し、最も適切な回答を導き出します。

これにより、ユーザーは自身で市場分析に時間をかけることなく、WienerAIが導き出した有望銘柄に投資することが可能になります。

WienerAIのPR画像

さらに、このプロジェクトでは、オンチェーン取引(ブロックチェーン上に直接記録される取引)の複雑な問題にも取り組んでいます。

分散型取引所で仮想通貨を購入したことがある人であれば、ユーザーエクスペリエンスの改善が必要であることは理解できるはずです。

MEVボットに取引が先取りされたり、取引にかかる時間が長くなったり、さらには取引が成立しないケースもあります。

WienerAIはこれらのオンチェーン取引の潜在的な問題に対処し、即時取引が可能かつMEVに対する耐性が強く、さらに手数料不要で初心者でも利用しやすい取引システムを提供することを目指しています。

WienerAIのPR画像

ブロックチェーン上におけるシームレスな取引システムとAI技術を活用することで、WienerAIは2024年現在、仮想通貨市場で最も注目される新しいプロジェクトの1つとなっています。

また、WienerAIのミームコインらしい特徴的なキャラクターは市場参加者たちの人気を集め、今後さらなる飛躍を遂げて、さまざまな分野に普及していくことが期待されます。

AIコイン市場の活性化が$WAIの価格上昇を促進

直近数ヶ月を振り返ると、ミームコインは新規市場参加者を巻き込んで、大きなトレンドを形成しながら急成長を続けています。

たとえば、Brettは今月だけで300%以上の価格急騰を見せ、Dog(Runes)は販売開始から6週間で時価総額7億ドルを達成しています。これは過去に例を見ないほど大きなトレンドが仮想通貨市場に発生していることを示しています。たとえば、ビットコイン(BTC)が同評価額に到達するまでには4年以上の時間がかかりました。

価格チャート画像

AI関連の仮想通貨も今年は成功を納めており、BittensorとFetch.aiは6倍以上の価格上昇を達成しました。

なお、過去3か月間を振り返ると、AI技術関連の市場は一時的な停滞期を迎えていました。しかし、AI業界の評論家たちは、現在のAIセクターの停滞相場も終盤に差し掛かっていることを予想しており、今後の将来性に期待を示しています。

AI関連の仮想通貨が予想通り上昇傾向に転換することに加え、ミームコインが大きなトレンドを形成して成長し続けている現象を考慮した場合、プレセール終了後、WienerAIにとって理想的なローンチ環境が整うことが期待できます。

一部のアナリストは大幅なリターンを予想

WienerAIはプレセールで500万ドルを超える資金調達に成功しており、仮想通貨業界における最も成功したローンチ例として注目を集めています。

この成果は、業界で著名なアナリストの関心を引き付けています。海外のアナリストの中にはWienerAIが取引所でローンチされた場合、価格は現在の10倍に跳ね上がる可能性があると予想している人もいます。

また、ClayBroさんやMeme Coin MaxのYoutubeチャンネルでも、ポテンシャルの高い最新トークンとしてWienerAIが紹介されています。

これらのプロジェクトは、ミームコインのユーモラスさと、AI技術を組み合わせた画期的なコンセプトが話題となっているものの、それ以外にも注目すべき特徴があります。

210%のステーキングAPYと戦略的なトークノミクスがWienerAIの長期展望を拡張

WienerAIのPR画像

近年、ステーキングは仮想通貨プロジェクトの需要と供給のバランスを改善する手段として広く普及するようになりました。

特にWienerAIのステーキングは、報酬額の大きさで注目を集めています。

たとえば、ソラナ(SOL)やイーサリアム(ETH)などのステーキング報酬は、それぞれ最大8%と7%のAPY(年間利回り)であるのに対し、WienerAIのステーキング報酬は2024年6月10日時点において、210%の年利(APY)を提供しています。

WienerAIのステーキング報酬額は、ステーキングプールのサイズにより変動するAPYによって決まるため、ステーキングされるトークンが増えるに従って、報酬率は下がる傾向があります。

WienerAIプロジェクトに関する最新情報は、公式X(旧Twitter)もしくはTelegramで入手可能となっています。

WienerAIの公式サイトを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

ウォールストリートミームと柴ミーム: 二つのプレセールを比較

ウォールストリートミームと柴ミーム: 二つのプレセールを比較

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

注目度の高い仮想通貨ニュース

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

ビットコインは今後どこまで下がるのか?著名トレーダーのBTC価格予想

ビットコインは今後どこまで下がるのか?著名トレーダーのBTC価格予想

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

ビットトレード:最大3万円相当のSHIBが当たる「ルーレットキャンペーン第2弾」開始

ビットトレード:最大3万円相当のSHIBが当たる「ルーレットキャンペーン第2弾」開始

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

イーサリアム現物ETF「全てのS-1修正案」が出揃う|現在は米SEC待ちの状態

イーサリアム現物ETF「全てのS-1修正案」が出揃う|現在は米SEC待ちの状態

カルダノ分散委任ツールのAtrium「プロフィールNFTの報酬付きテスト」を一般公開

カルダノ分散委任ツールのAtrium「プロフィールNFTの報酬付きテスト」を一般公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介