マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

by BITTIMES   

マルタ議会がブロックチェーン技術の規制枠組みを確立するために進めててきた3法案を承認し、法制化したことが明らかになりました。承認されたのは、
・仮想通貨金融資産法(VFA)
・マルタデジタルイノベーションオーソリティ法(MDIA)
・革新的技術の整備とサービスに関する法律
という3つの法案です。Digital Economy事務局は、3つの分散型台帳技術(DLT)に関する規制枠組みを構築する世界で最初のものと説明しています。

マルタ共和国の金融サービス・デジタル経済革新副大臣であるシルビオ・シェンブリ(Silvio Schembri)氏は本日5日、この3法案がマルタ議会に承認を経て可決されたことをTwitter上で発表しました。

「分散台帳技術(DLT)を規制する3法案は、議会の承認を経て法制化しました。マルタはこの分野に法的確実性を提供する世界で初めての国です。」

さらに同氏は、「マルタは、革新を通じて新しい経済的ニッチ(*1)を創出して経済を強化するために、経済革新の先駆者になりつつある」と付け加えた上で、「企業が規制された環境で活動するために必要な法的ツールを手に入れたことによって、投資家の心も休まるだろう」と述べています。
(*1)ニッチ:隙間産業のこと。小規模なものや一般に広く認知されていない、マイナーな何かを指す用語

また「さらなる企業がマルタを選択して安定性を提供し、結果的には経済成長がさらに進む」と考えていることも語り、マルタを拠点とする企業に対して楽観的な見方をしていると説明しています。

法律事務所チェトクチ・カウチ・アドボケーツ(Chetcuti Cauchi Advocates)のジーン・フィリップ・チェトクチ(Jean-Philippe Chetcuti)博士は、「ブロックチェーンの3法案が可決されたことは、マルタ共和国の経済への前向きな姿勢を示すものであり、"ブロックチェーンアイランド"としての地位を確立するための通過点である」と語り、マルタに拠点を置くブロックチェーン企業は、今後はさらに事業が行いやすくなり、投資も加速するだろうとの考えを示しています。

今回の法案は6月25日に第二読会で承認されており、今回で正式に可決される運びとなっています。新たに適用される3法案の内容は以下の記事で紹介しています。

また先月中旬には、マルタ銀行家協会(MBA)の新しい議長に選出されたマルセル・カサール(Marcel Cassar)氏が、仮想通貨やブロックチェーン、人工知能(AI)などの新しい技術が、銀行業界に与える影響について自身の考えを詳しく解説しています。

カサール氏はその際にブロックチェーン技術については「常に本物であり信頼できる取引や契約、文書、アイデンティティ、署名、権限などの記録を保持しているブロックチェーンは銀行家の夢のようである」と語っています。

マルタ銀行家協会議長が語るブロックチェーンやAIの未来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

ブロックチェーン・カードゲーム「Nifty Football」サッカー選手トークンをETHで取引

ブロックチェーン・カードゲーム「Nifty Football」サッカー選手トークンをETHで取引

ビットコイン価格「底打ち」なのか?著名投資家・トレーダーを対象に意見調査

ビットコイン価格「底打ち」なのか?著名投資家・トレーダーを対象に意見調査

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

注目度の高い仮想通貨ニュース

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す