マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

by BITTIMES   

マルタ議会がブロックチェーン技術の規制枠組みを確立するために進めててきた3法案を承認し、法制化したことが明らかになりました。承認されたのは、
・仮想通貨金融資産法(VFA)
・マルタデジタルイノベーションオーソリティ法(MDIA)
・革新的技術の整備とサービスに関する法律
という3つの法案です。Digital Economy事務局は、3つの分散型台帳技術(DLT)に関する規制枠組みを構築する世界で最初のものと説明しています。

マルタ共和国の金融サービス・デジタル経済革新副大臣であるシルビオ・シェンブリ(Silvio Schembri)氏は本日5日、この3法案がマルタ議会に承認を経て可決されたことをTwitter上で発表しました。

「分散台帳技術(DLT)を規制する3法案は、議会の承認を経て法制化しました。マルタはこの分野に法的確実性を提供する世界で初めての国です。」

さらに同氏は、「マルタは、革新を通じて新しい経済的ニッチ(*1)を創出して経済を強化するために、経済革新の先駆者になりつつある」と付け加えた上で、「企業が規制された環境で活動するために必要な法的ツールを手に入れたことによって、投資家の心も休まるだろう」と述べています。
(*1)ニッチ:隙間産業のこと。小規模なものや一般に広く認知されていない、マイナーな何かを指す用語

また「さらなる企業がマルタを選択して安定性を提供し、結果的には経済成長がさらに進む」と考えていることも語り、マルタを拠点とする企業に対して楽観的な見方をしていると説明しています。

法律事務所チェトクチ・カウチ・アドボケーツ(Chetcuti Cauchi Advocates)のジーン・フィリップ・チェトクチ(Jean-Philippe Chetcuti)博士は、「ブロックチェーンの3法案が可決されたことは、マルタ共和国の経済への前向きな姿勢を示すものであり、"ブロックチェーンアイランド"としての地位を確立するための通過点である」と語り、マルタに拠点を置くブロックチェーン企業は、今後はさらに事業が行いやすくなり、投資も加速するだろうとの考えを示しています。

今回の法案は6月25日に第二読会で承認されており、今回で正式に可決される運びとなっています。新たに適用される3法案の内容は以下の記事で紹介しています。

また先月中旬には、マルタ銀行家協会(MBA)の新しい議長に選出されたマルセル・カサール(Marcel Cassar)氏が、仮想通貨やブロックチェーン、人工知能(AI)などの新しい技術が、銀行業界に与える影響について自身の考えを詳しく解説しています。

カサール氏はその際にブロックチェーン技術については「常に本物であり信頼できる取引や契約、文書、アイデンティティ、署名、権限などの記録を保持しているブロックチェーンは銀行家の夢のようである」と語っています。

マルタ銀行家協会議長が語るブロックチェーンやAIの未来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月28日〜5月4日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月28日〜5月4日

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す