カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

by BITTIMES   

Cartier(カルティエ)のオーナーでもあるスイスの高級品企業グループであるRichemont(リシュモン)は、サプライチェーンに透明性をもたらすことを目的に、ブロックチェーン技術を活用しようとする動きをみせています。

ロンドンの政治経済学院であるロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics/LSE)の有名な経済学者であり、昨年Richemont(リシュモン)の取締役会メンバーにも任命されたJin Keyu(ジン・ケユ)氏は、7月12日に開催されたイベントのスピーチで、Richemontが市場を適切にコントロールするために、ブロックチェーン技術を活用する計画であることを語りました。

カルティエの親会社として、私たちはブロックチェーンを利用して宝石、金、ダイヤモンドの起源を鉱山やリサイクル工場まで遡って追跡するためにブロックチェーンの技術を活用することを決めました。
私たちが販売するすべての時計でもブロックチェーンを活用して出所を追跡することによって、その信頼性を立証することができればと考えています。

jin

彼女はスピーチの中で、ブロックチェーン業界に参入する理由やそれらに学術的な関心を示していることについても説明し、マクロ経済学に関する専門知識を提供する顧問として、中国に本拠を置くブロックチェーンのスタートアップ企業である「Ultrain」に参加することを明かしました。

Jin氏は、ブロックチェーン企業は通常、"既存の学術的な研究結果に依存するのではなく、金融政策をゼロから見つめ直して構築しようとしていることが多い"と強調しました。

「私にとって、ブロックチェーンは経済全体の構造を本質的に再構築するものです。
これらの広範な問題を解決するには、ミクロ経済理論だけでなく、通貨、金融政策、規制などのマクロ経済学も必要であるため、非常に興味深いと思っています。」

jin氏はCoindeskに対して、"マクロ経済理論の観点から暗号化分野を調査しようとしている"と語っています。おそらくこの研究には「価値の保存」「安全性」「決済手段」という"通貨の持つ3つの機能"を満たす仮想通貨を開発することが含まれていると考えられています。

元々は北京出身であるJin Keyu氏は、ハーバード大学で学士号、修士号、博士号を取得した後、LSEで最年少の修士号を取得しました。彼女は現在、さまざまな国際会議/ミーティングでマクロ経済分野のスピーカーとして招待されています。

Jin Keyu氏が所属する「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics/LSE)」は、ブロックチェーンの技術や仮想通貨が今の経済社会にどのような影響を与えるのか?といった内容の授業を受けることができるオンラインコースを8月中旬から開始することを発表しています。

ビットコイン決済は宝飾品や高級時計などを販売するジュエリー業界を発展させています。シリコンバレーの仮想通貨投資家は、仮想通貨決済に対応している宝石店で数百万ドル(数億円)の決済に仮想通貨を利用しています。

ブロックチェーン技術や仮想通貨は、高級品を取り扱う企業やその顧客に大きなメリットをもたらします。Richemontのような大手企業がこれらの技術を導入することによって、今後もさらにジュエリー業界でブロックチェーン関連のサービスが普及が加速していくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す