カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

by BITTIMES   

Cartier(カルティエ)のオーナーでもあるスイスの高級品企業グループであるRichemont(リシュモン)は、サプライチェーンに透明性をもたらすことを目的に、ブロックチェーン技術を活用しようとする動きをみせています。

ロンドンの政治経済学院であるロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics/LSE)の有名な経済学者であり、昨年Richemont(リシュモン)の取締役会メンバーにも任命されたJin Keyu(ジン・ケユ)氏は、7月12日に開催されたイベントのスピーチで、Richemontが市場を適切にコントロールするために、ブロックチェーン技術を活用する計画であることを語りました。

カルティエの親会社として、私たちはブロックチェーンを利用して宝石、金、ダイヤモンドの起源を鉱山やリサイクル工場まで遡って追跡するためにブロックチェーンの技術を活用することを決めました。
私たちが販売するすべての時計でもブロックチェーンを活用して出所を追跡することによって、その信頼性を立証することができればと考えています。

jin

彼女はスピーチの中で、ブロックチェーン業界に参入する理由やそれらに学術的な関心を示していることについても説明し、マクロ経済学に関する専門知識を提供する顧問として、中国に本拠を置くブロックチェーンのスタートアップ企業である「Ultrain」に参加することを明かしました。

Jin氏は、ブロックチェーン企業は通常、"既存の学術的な研究結果に依存するのではなく、金融政策をゼロから見つめ直して構築しようとしていることが多い"と強調しました。

「私にとって、ブロックチェーンは経済全体の構造を本質的に再構築するものです。
これらの広範な問題を解決するには、ミクロ経済理論だけでなく、通貨、金融政策、規制などのマクロ経済学も必要であるため、非常に興味深いと思っています。」

jin氏はCoindeskに対して、"マクロ経済理論の観点から暗号化分野を調査しようとしている"と語っています。おそらくこの研究には「価値の保存」「安全性」「決済手段」という"通貨の持つ3つの機能"を満たす仮想通貨を開発することが含まれていると考えられています。

元々は北京出身であるJin Keyu氏は、ハーバード大学で学士号、修士号、博士号を取得した後、LSEで最年少の修士号を取得しました。彼女は現在、さまざまな国際会議/ミーティングでマクロ経済分野のスピーカーとして招待されています。

Jin Keyu氏が所属する「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics/LSE)」は、ブロックチェーンの技術や仮想通貨が今の経済社会にどのような影響を与えるのか?といった内容の授業を受けることができるオンラインコースを8月中旬から開始することを発表しています。

ビットコイン決済は宝飾品や高級時計などを販売するジュエリー業界を発展させています。シリコンバレーの仮想通貨投資家は、仮想通貨決済に対応している宝石店で数百万ドル(数億円)の決済に仮想通貨を利用しています。

ブロックチェーン技術や仮想通貨は、高級品を取り扱う企業やその顧客に大きなメリットをもたらします。Richemontのような大手企業がこれらの技術を導入することによって、今後もさらにジュエリー業界でブロックチェーン関連のサービスが普及が加速していくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」2022年3月17日リリースへ

NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」2022年3月17日リリースへ

米Coinbase:手数料無料・100万ドル保証などを提供する「定額制サービス」をテスト

米Coinbase:手数料無料・100万ドル保証などを提供する「定額制サービス」をテスト

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

ブロックチェーンの「学習環境」を共同で構築|日本マイクロソフト×株式会社digglue

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す