仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

by BITTIMES   

イギリスの研究大学「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics)」は、仮想通貨やブロックチェーンが現在の経済に与える影響などを基礎から詳しく学ぶことができるオンラインコースを8月中旬から開始します。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

lse

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics/LSE) は、イギリスで唯一社会科学に特化した、ロンドン大学群を構成する教育機関の一つです。

経済学の分野で特に有名な大学であるLSEは、世界でもトップレベルの研究と教育を誇っています。その他にも国際関係学、社会学、社会政策学などといった、その他多くの分野で開拓を続けてきており、経済学だけでなく社会科学全般に大きく貢献しています。また近年では、非政府組織(NGO)の運営に関する研究や、欧州共同体研究、環境経営学、開発学、紛争解決学などのような分野でもパイオニア的な存在となっています。

仮想通貨と社会科学

今回の新たに開始されることになった、仮想通貨やブロックチェーンに関するオンラインコースは、初めてのクラスとして6週間のコースが8月14日から開始される予定となっています。このコースは「物事の原因を理解する」ことをモットーに、仮想通貨に関する基本的な内容から実践的な知識までの幅広い授業が行われます。

公式サイトに記載されているオンラインコースの詳細には、仮想通貨が経済社会にどのような影響を与えるかを正しく理解するために必要不可欠なトピックが数多く掲載されています。コースに参加する生徒は、仮想通貨取引、ICOの分析や評価、仮想通貨ウォレットの使用といった基本的なスキルだけなく『仮想通貨の規制とリスク』などのような社会科学に関連した専門的な知識も身につけることができます。

授業の内容としては、"将来的に伝統的な金融市場と仮想通貨市場がどのように交わるか"についてや、"分散型元帳技術(DLT)がビジネス界を根本的に変え、主要産業を変革する方法を理解する"といった内容にも触れるように設定されています。

しかし、このコースは仮想通貨投資を促進するためのものではないため、"仮想通貨にどのように投資するか"といったアドバイスは提供されません。公式の発表では次のように述べられています。

このコースでは、ブロックチェーン技術と仮想通貨の理解を深めるための情報や知識、およびフレームワークが提供されます。これらはビジネスの運営方法やビジネスと経済への影響につながります。仮想通貨投資のアドバイス、投資や財政的な助言を何ら与えられません。

2018年に入ってからは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのように、ブロックチェーンや仮想通貨を実用的な技術価値として生かすための研究開発が世界中で進められています。

仮想通貨は未来の決済手段に|ロンドン公立研究大学

icl

先日は、イギリスの公立研究大学であるインペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の研究者たちが「仮想通貨は今後10年間で主流の決済手段になる可能性を秘めている」という調査結果を発表しています。

インペリアル・カレッジの教授であるWilliam Knottenbelt(ウィリアム・ノッテンベルト)教授とインペリアル・カレッジ・ビジネス・スクール(Imperial College Business School)のZeynup Gurguc(ゼイネープ・グルグゥク)博士は、『Cryptocurrencies:Overcoming Barriers to Trust and Adoption(仮想通貨:信頼と採用の障壁を克服する)』と題された研究報告で、仮想通貨は現時点でもすでに法定通貨と同じように"価値のあるストア"として働いていると主張しています。

しかし彼らは、それと同時にいくつかの改善すべき問題点があるとも述べており、仮想通貨が改善すべき6つの課題についても具体的に説明しています。

「DApps」16種類を学生が開発|スタンフォード大学

stanford

スタンフォード大学(Stanford University)は、ブロックチェーンの研究を促進するためのセンターを設立しています。この施設の立ち上げにはイーサリアム財団(Ethereum Foundation)をはじめとした複数のブロックチェーン団体が支援を行なっています。

このブロックチェーン研究センターは、ブロックチェーンの技術が従来のビジネスにどのような変化をもたらし、法的・社会的・実用的課題にどのように対処できるかを検証しています。またそれらの研究に加えて、将来の学生や専門家が金融商品を開発し、知的財産を保護し、重要な記録を管理するためにブロックチェーンを活用する方法を学ぶための役立つコースも作成されます。

これらの授業に参加したスタンフォード大学の学生たちはDApps(分散型アプリケーション)を作成するのに、数千万円ものICOが必要ないことを証明しています。彼らはイーサリアムベースのDAppsを自らの力で16個も構築し、仮想通貨業界の新たな道をリードしています。

ブロックチェーンの研究を支援|Ripple

ripple-donate

リップル(Ripple)社はトップクラスの大学に大規模な寄付を行い、ブロックチェーンや仮想通貨の普及に取り組んでいます。

リップルは、ノースカロライナ大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ペンシルバニア大学などを含む17の学校との提携を発表しており、「University Blockchain Research Initiative」プログラムを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、デジタル決済の研究開発に5千万ドル(約55億円)を寄付することを6月の初めに発表しています。

現在の社会では、仮想通貨やブロックチェーンが急速に普及したことによって、専門的な知識を持った人が不足していると言われています。ブロックチェーン関連の求人は近年急速に増えているため、各大学や研究機関、その他の学校でも今後はさらにこのような専門コースが開始されることになるでしょう。それらの技術を勉強してみたいと考えている方は、無料で勉強できるサービスもいくつか提供されているのでそちらを利用してみると良いでしょう。

リップル(XRP)などの購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

本田圭佑×ブロックチェーン=「本田通貨」|有言実行男、引退後のビジョン

本田圭佑×ブロックチェーン=「本田通貨」|有言実行男、引退後のビジョン

アトレティコ・マドリード「eスポーツチーム」を設立|eLaLigaトーナメント参加へ

アトレティコ・マドリード「eスポーツチーム」を設立|eLaLigaトーナメント参加へ

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す