ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

by BITTIMES   

ゴールドマン・サックスの元会長兼最高経営責任者(CEO)であるLloyd Blankfein(ロイド・ブランクファイン)氏は7月17日に正式に引退を発表し、その後継者としてDavid M. Solomon(デービッド・M・ソロモン)氏が新たなCEOとして就任することが明らかになりました。彼は一般的にビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨市場に積極的な姿勢であることで知られています。

こちらから読む:ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

Lloyd Blankfein(ロイド・ブランクフェイン)氏

lloyd-blankfein

ゴールドマン・サックス(GS)は、7月17日付の公式発表で同銀行の会長兼CEOであるロイド・ブランクフェイン氏が9月30日に退任することを発表しました。新しいCEOとして任命されたソロモン氏は、2018年10月1日から取締役会の参加する予定となっています。

ブランクフェイン氏は2006年から12年間に渡って会長兼CEOを務めてきました。一般的なウォール・ストリートの主要人物たちは、仮想通貨に対して批判的な姿勢をとっている場合が多かったものの、ブランクフェイン氏はビットコインや仮想通貨市場に対して否定的ではなく、公平な見方を示していました。

ブランクフェイン氏は自身がビットコイン(BTC)を所有していないものの「自分が完全に理解していないものを却下するつもりはない」と語っていました。

David M. Solomon(デイビッド・M・ソロモン)氏

solomon

新たなCEOとして就任することが決定したDavid M. Solomon(デービッド・M・ソロモン)氏は、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨に積極的であると報じられています。

ゴールドマン・サックスは、仮想通貨関連の商品を早期の採用した金融機関の一つであり、今年の5月時点でビットコイン先物取引の開始を発表しています。ソロモン氏は6月20日に中国のブルームバーグTVに出演し、仮想通貨取引を開始するための準備を慎重に進めていることを語っています。

私たちは、ビットコインの先物取引を開始するための準備を進めています。他の業務に関しても社内で話し合いを行っていますが、かなり慎重にそれらの準備を進めるつもりです。顧客の声にしっかりと耳を傾け、すでに先物取引を行っている顧客のサポートを行うことも考えています。

ソロモン氏が新しいCEOになったことがビットコインの価格にどのような影響を与えることになるかについては定かではないものの、ビットコインの価格は14日から大きな上昇を続けています。

ビットコインの価格|2018年7月18日

ビットコイン(BTC)の価格は、2018年7月18日の時点でさらに大きく上昇しており、約760,000円から約830,000円まで上昇しています。

2018年7月18日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年7月18日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

先日も、世界最大の資産運用会社として知られる「BlackRock」が参入する可能性があるという報道などによって、大きく価格が上昇しています。14日の時点で70万円を下回っていたビットコインの価格は、その後4日間で約13万円もの上昇を記録しています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

注目度の高い仮想通貨ニュース

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す