CARDANO(カルダノ)が「Prometheus」や「Plutus」などの新機能を近日公開

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、Prometheus(プロメテウス)、Plutus(プルタス)、サイドチェーン、スマートコントラクトなどの新機能を近日公開する予定であることを明らかにしました。

ホスキンソン氏は、シンガポールで開催された世界ブロックチェーン会議で撮影された動画をTwitter(ツイッター)に投稿し、その中でCARDANOの最新プロジェクトについて語っており「ポータブルコードに関心を寄せるユーザーが多い」と説明しています。

こちらから読む:カルダノプロジェクトとエイダコイン(ADA)について

Prometheus(プロメテウス)

Prometheus(プロメテウス)は、ブラウザベースのウォレット、ソフトウェアウォレット、コマンドラインウォレットなどの複数のウォレットに電力を供給するためのバックエンドツールボックスになる予定です。

これらの機能は、今後の開発される中で最初にリリースされる予定であると言われています。CARDANOの開発者であるホスキンソン氏は「Haskell(ハスケル)はポータブルでユーザーフレンドリーなコードを作成するのに最適なコンピュータ言語ではない」と説明しており、「むしろRust(ラスト)のような言語を使用することを推奨する」と述べています。

また同氏は、Cardanoはプラットフォームのプロパティがモバイルウォレット、ライトウォレット、組み込み機器の特性を引き継ぐ責任を持った新たなチームを立ち上げていると付け加えており、この集合的なコードは、Prometheus(プロメテウス)プロジェクトと名付けられていると語りました。

このプロジェクトはすでに同社内で約3ヶ月間続いているとも明かされており、9月にリリースを予定しているとも伝えられています。

Plutus(プルタス)

Plutus(プルタス)のプロジェクトチームがプラットフォームをより大幅に改善するために複雑なコンピュータ言語を使用できるよう積極的に取り組んでおり、着実に成長しているということも伝えられています。Plutusは主にデータを複数のプラットフォーム間で確実に切り替えることを目的としています。

またホスキンソン氏は、IELEとKEVMが現時点でサポートされている独自のERC20スタイル標準を持っているとも語っています。

スマートコントラクト

ホスキンソン氏は、IOHKのプロジェクトがより合理化されるように、2つのスマートコントラクトのテストネットの立ち上げを監督する新しいプロジェクトマネージャーを雇用したことも語っています。

同氏は、Cardanoがその大きなライブラリと体系的利点のために表面言語であるSolidity(ソリディティ)を使用していることを明らかにしており、公開された動画ではSolidityがKEVMとテストネットであるIELEの両方でテストするために使用できることが示されています。

サイドチェーン

Charles Hoskinson氏は、これらの効率向上のために行われた一連の作業は大きな進歩があったにもかかわらず、この概念にはまだ「原理対実用主義」論争が含まれていると述べています。

発行者はコードを複数回テストすることを望んでいますが、最初の実装ですぐにコードを公開したいとも考えています。ホスキンソン氏は、一部の中央チェーンを許可された元帳としてプラットフォームに接続することによって、サイドチェーンを実証できることを望んでいます。

またホスキンソン氏は『カルダノが現在の市場で最も使いやすいプラットフォームであることを実証したい』とも語っています。

カルダノエイダコイン(ADA)は、先月末に1ADA=13円をつけて以降回復傾向にあり、2018年7月25日の時点では19円前後で取引されています。

2018年7月25日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年7月25日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

ホスキンソン氏は先日「ADAが仮想通貨市場で初めての1兆ドル(約111兆円)を突破する仮想通貨になることを目指している」とも語っています。eToro(イートロ)からも『最も魅力的な仮想通貨プロジェクト』と称されているカルダノプロジェクトの発表に注目が集まります。

カルダノエイダコイン(ADA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA)上場!シンガポールの仮想通貨取引所「ABCC」で取り扱い開始

CARDANO(ADA)上場!シンガポールの仮想通貨取引所「ABCC」で取り扱い開始

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す