コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

by BITTIMES

本日 11時から、大手取引所コインチェックにアクセスできない事故が発生し、多くの暗号通貨ホルダーから悲鳴が上がっている。
アクセス制限は、コインチェックが意図的に行なっているものだが、アクセス制限がかかる直前、コインチェックでは 1BTC=100万円に到達する場面もあった。
 


完全にシステムのエラーによって引き起こされた出来事だが、今回の件に関してコインチェックは公式ブログにて下記のようにコメントしている。

「弊社Coincheck取引所サービスにおきまして、正常はでない価格が表示される障害が発生致しました。深くお詫びを申し上げますと共に、該当時間に取引をされたご利用者様に関しましては、取引前の状態へ戻す可能性がありますことをご了承いただけましたら幸いでございます。」


復旧にどれだけの時間がかかるのか現状分からない状態だが、今回の一件で日本の市場に少なからず影響が出る可能性があり、
日本市場はビットコイン市場の半分を占めていることからも、今回の影響が世界中に広がる可能性もある。
今回の一件で、過去に起きた Mt.Gox社の事件を思い出した方も少なからずいるはずだ。

ツイッターで騒動中

今回の一件でツイッター上では、「コインチェック大丈夫か?」という心配の声と「コインチェックの対応を評価する」という賞賛の声が多数集まっている。


ところで、1BTC=100万円で売れた人って、どうなるのだろうか。コインチェックの対応を見守りたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

ビットコインの時価総額が各国の現金と比べて第6位にランクインした

ビットコインの時価総額が各国の現金と比べて第6位にランクインした

仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」登録方法と詳細

仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」登録方法と詳細

注目度の高い仮想通貨ニュース

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す