Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

by BITTIMES   

Volkswagen(フォルクスワーゲン)とアイオータ(IOTA/MIOTA)が協力して開発を進めている自動車のデータ管理アプリケーション「Digital CarPass(デジタル・カーパス)」の公開が迫っています。このアプリがリリースされることによって、機密性の高い状態で車体のコンディションや走行データなどの様々なデータを迅速かつ効率的な方法で管理することができるようになります。

こちらから読む:自動車業界でも活躍するブロックチェーン技術|その他の活用事例から

「デジタル・カーパス(Ditigal CarPass)」とは

CarPass

「デジタル・カーパス(Ditigal CarPass)」とは、車両に関連する様々なデータの管理や送受信を行うことができるアイオータ(IOTA/MIOTA)の実用的なアプリケーションです。

このアプリケーションは、自動車に関連する、
・走行記録
・移動距離
・メンテナンス状況
といった様々な情報を定期的に送受信して記録することによって、あらゆる情報を簡単に把握できるようにし、必要な時にはいつでも確認することができるように設計されています。

これらの記録されたデータは改ざんすることができないように管理されているため、中古車を購入する際などに起こる『走行距離の偽造』などの詐欺行為をなくすことができます。

このような機能を備えた「Ditigal CarPass」は、自動車に関連する走行距離などのデータが『信頼できる』ことを保証するための重要なツールとして機能します。

Volkswagenのブロックチェーン部門で責任者を務めているBenjamin Sinram(ベンジャミン・シンラム)氏は、「Ditigal CarPass」は2019年の早い時期に公開されると述べています。

仮想通貨を用いた支払いシステムも

blockchain

ベンジャミン・シンラム氏はこの他にも、フォルクスワーゲンが「IOTA」や「Energy Web Foundation」などのグループと一緒に、『分散型台帳技術や仮想通貨の技術を同社のサービスにどのように役立てることができるか』などを模索していることも明かしています。

シンラム氏は、フォルクスワーゲンは自律車両の開発にも焦点を当てた取り組みを行っており、それらのサービスに関連する料金を仮想通貨を使って支払うことができる仕組みなども検討していると語っています。

彼らのチームは、車両を製造する段階から実際に顧客の元に自動車が届くまでの情報を追跡することができるサービスの開発にも取り組んでいます。またイーサリアム(ETH)ネットワーク上で動作する『課金プロトコル』の開発にも取り組んでいるとのことなので、今後もより多くの新しいサービスが発表されることになるでしょう。

フォルクスワーゲン以外の自動車メーカーも続々とブロックチェーン技術を導入したサービスを発表しているため、今後の自動車業界ではこのような最先端技術を使ったサービスの競争がより激しくなることが予想されます。『次世代型のクルマ』へと着々と進化を遂げているこれらの製造業者からの最新の発表には、今後もさらに注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す