Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

by BITTIMES   

Volkswagen(フォルクスワーゲン)とアイオータ(IOTA/MIOTA)が協力して開発を進めている自動車のデータ管理アプリケーション「Digital CarPass(デジタル・カーパス)」の公開が迫っています。このアプリがリリースされることによって、機密性の高い状態で車体のコンディションや走行データなどの様々なデータを迅速かつ効率的な方法で管理することができるようになります。

こちらから読む:自動車業界でも活躍するブロックチェーン技術|その他の活用事例から

「デジタル・カーパス(Ditigal CarPass)」とは

CarPass

「デジタル・カーパス(Ditigal CarPass)」とは、車両に関連する様々なデータの管理や送受信を行うことができるアイオータ(IOTA/MIOTA)の実用的なアプリケーションです。

このアプリケーションは、自動車に関連する、
・走行記録
・移動距離
・メンテナンス状況
といった様々な情報を定期的に送受信して記録することによって、あらゆる情報を簡単に把握できるようにし、必要な時にはいつでも確認することができるように設計されています。

これらの記録されたデータは改ざんすることができないように管理されているため、中古車を購入する際などに起こる『走行距離の偽造』などの詐欺行為をなくすことができます。

このような機能を備えた「Ditigal CarPass」は、自動車に関連する走行距離などのデータが『信頼できる』ことを保証するための重要なツールとして機能します。

Volkswagenのブロックチェーン部門で責任者を務めているBenjamin Sinram(ベンジャミン・シンラム)氏は、「Ditigal CarPass」は2019年の早い時期に公開されると述べています。

仮想通貨を用いた支払いシステムも

blockchain

ベンジャミン・シンラム氏はこの他にも、フォルクスワーゲンが「IOTA」や「Energy Web Foundation」などのグループと一緒に、『分散型台帳技術や仮想通貨の技術を同社のサービスにどのように役立てることができるか』などを模索していることも明かしています。

シンラム氏は、フォルクスワーゲンは自律車両の開発にも焦点を当てた取り組みを行っており、それらのサービスに関連する料金を仮想通貨を使って支払うことができる仕組みなども検討していると語っています。

彼らのチームは、車両を製造する段階から実際に顧客の元に自動車が届くまでの情報を追跡することができるサービスの開発にも取り組んでいます。またイーサリアム(ETH)ネットワーク上で動作する『課金プロトコル』の開発にも取り組んでいるとのことなので、今後もより多くの新しいサービスが発表されることになるでしょう。

フォルクスワーゲン以外の自動車メーカーも続々とブロックチェーン技術を導入したサービスを発表しているため、今後の自動車業界ではこのような最先端技術を使ったサービスの競争がより激しくなることが予想されます。『次世代型のクルマ』へと着々と進化を遂げているこれらの製造業者からの最新の発表には、今後もさらに注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す