ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

by BITTIMES

富士通が日本銀行協会( JBA )と協力して、金融ブロックチェーンシステムを開発する事を発表しました。
開発は 2017年10月から行われる予定で、JBA加盟銀行はまずブロックチェーンを使用したアプリケーション開発し、テスト運用が上手くいけば、その後商品化させ流通する予定だと話しています。
テスト運用では「ブロックチェーン決済」と「口座振替」が可能かを判断し、その後「決済・送金」「トランザクション認証」を実装後にリリースする予定です。
元々 JBAは、「銀行サービス向上のために新しいテクノロジーを導入する」目的で設立されました。
現在、ブロックチェーン技術の発明により銀行業は窮地に立たされています。
「銀行業の生き残り」のため、ブロックチェーンを利用したサービス開発に乗り出したのは自然な流れで、むしろ遅いくらいだと思います。
ちなみに、銀行金融システムにブロックチェーンを採用している銀行は今後増加していくと予測されており、仮想通貨Ripple を運用する「 Ripple Labs(リップル・ラボ)と SBIホールディングス の合弁会社「 SBI Ripple Asia(エスビーアイ・リップル・アジア)」は、2017年末までに日本と韓国の銀行を繋げるブロックチェーンベースの資金送金システムのテストを開始する予定です。
銀行とブロックチェーンに関する重要記事
→「MUFGコインに危機感を持つ三菱東京UFJ銀行員

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す