仮想通貨マイニングスキャンダル「全米3大ニュースサイトCBSでも」

by BITTIMES   

サイト観覧者の CPU を使い、仮想通貨「 Monero 」のマイニングを無断で行うコードが、全米 3大ニュースサイト CBS 関連サイトでも発見されました。
今回発見された Monero マイニングコードは、CBSが提供する有料動画配信サイト「 SHOWTIME 」の関連サイトである「 SHOWTIME ANYTIME 」で見つかっています。
これは、先日話題になった「 The Pirate Bay 」と同様の手口で、観覧者のパソコンの CPU パワーを使いマイニングを行って、報酬を獲得。
その後、自動で特定の Monero アドレスに送金するものです。
現在は、このコードは取り除かれていますが、少なくとも 9月23日から25日の間に CBS を観覧した利用者は、CPUパワーの60%が不当に使われていたと報道されています。
また、このマイニングコードは、CBS がおこなったものではなく、利用者の誰かがサイトをハッキングし、コード埋め込んだと考えられていますが、今回の件について Showtime はコメントを拒否しています。
ちなみに、該当コードを発行している「 Coin Hive(コード・ハイプ)」は、

「我々は、このコードや所有しているアカウントについてはよく知らない。」

とアカウント所有者の情報は、プライバシー規定に基づき提供できないというと話している。
しかし、アカウント取得に使用されているメールアドレスが CBS 公式メールアドレスではなく、個人が作成しているメールアドレスだということは公表しました。

Moneroが不正マイニングに使用される理由

Monero がこうした「不正マイニング」にしようされる理由は、「 Crypto Night(クリプト・ナイト)」と呼ばれるアルゴリズムを採用しているからです。
Crypto Night は、リング証明を改良した「ワンタイムリング証明」と呼ばれる高い匿名性を実現した技術です。
通常、ビットコインなどの送金は「 1対1 」で行われるため「誰が誰にいくら送金した」という情報がある程度特定できるようになっている。
しかし、ワンタイムリング証明は「グループ単位」で送金が行われるため、送金した個人を特定するのが極めて困難なシステムになっています。
ビットコインの送金アドレスは、一度発行されるとずっと同じものを使用しますが、Monero の場合は、「ワンタイムキー」と同じように常にアドレスが変更されます。
「使い捨てのアドレス」ってことですね。
そのため送金元が誰なのかを特定するのが、非常にむずかしんですね。
なので、こうした「誰かが不正を働く仕組み」と非常に愛想がいいわけです。
以前、フリーソフトの中に Monero をマイニングするコードが組み込まれていたというニュースがありましたが、今後もこうした事件は起きていくでしょう。
関連記事
→「イーサリアム35億円盗難Parity multisig wallet虚弱性の発見

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チェーンリンク(LINK)「Hedera Hashgraphの運営審議会」に参加

チェーンリンク(LINK)「Hedera Hashgraphの運営審議会」に参加

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

シンガポールで「デジタル資産関連の合弁会社」設立へ:SBI×SIX Digital Exchange

シンガポールで「デジタル資産関連の合弁会社」設立へ:SBI×SIX Digital Exchange

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

ディーカレット:ビットコインの「自動積立サービス」提供開始

ディーカレット:ビットコインの「自動積立サービス」提供開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す