「Picassoアート」をブロックチェーンでトークン化|ジョン・マカフィー氏も協力

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)をベースとしたアート投資プラットフォームであるマエケナス(Maecenas/ART)は、John McAfee(ジョン・マカフィー)氏や仮想通貨取引所Ethershift.coと協力して、世界的にも有名な画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)氏の名画をトークン化するためのプロジェクトを進めています。

こちらから読む:有名画家の名画をトークン化するプロジェクト「Maecenas」とは

ピカソ作品の「オークション」開催|Project Phoenix

ブロックチェーン技術を活用して世界的に有名な画家たちの作品をトークン化する取り組みを行なっているマエケナス(Maecenas/ART)は、2018年11月13日にパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)氏の名画をトークン化してオークションを開催することを発表しました。

Project Phoenix(プロジェクトフェニックス)と呼ばれるこのプロジェクトには、セキュリティーの専門家としても知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏と仮想通貨取引所Ethershift.coが協力しています。

マカフィー氏は先日、自身のTwitter上でこのプロジェクトに携わっていることを報告しています。

私は希少なアート作品をトークン化する画期的なブロックチェーン・アプリケーションを手助けしています。12月末にはピカソ作品をオークションに出品する予定です。これは2番目にトークン化された絵画であり、最初の作品は大成功を納めました。より詳しい情報はここで確認することができます。https://t.co/GlgJGcjA3B

Maecenasはこのプロジェクトの目的について、『名画をトークン化することによって、永遠に近づきがたいものにする』と説明しています。

オークションは「Maecenas」の技術を用いて実施され、それによって新しく作成されるデジタル資産は専用のERC721トークンとして表されます。また固定数のERC20トークンは、物理的な資産の共有所有権を別個に表すと説明されています。

物理的な作品が最終的に販売される日程についてはトークンホルダーによる投票でのみ決定されることになっており、オークションの開催予定時期は年末年始、具体的な詳細情報は2018年12月に発表される予定だと伝えられています。

Project Phoenixに関するより詳しい情報は、以下に記載しているMaecenasの公式サイトから確認することができます。
Maecenasの公式サイトはこちら

アート業界の「民主化」へ|Maecenas

Maecenas-logo

Maecenasは、アート業界を民主化することを目指してこれらのプロジェクトに取り組んでいます。同社はこれまで一部の人々しかアクセスすることができなかった芸術作品を一般の人々に開放し、より多くの人々が有名画家が手がけた作品の所有権を持つことができる仕組みを提供しています。

マエケナスのシステムは、ブロックチェーン技術を活用することによって、芸術作品に紐づけられた改ざんされる心配のない「安全なデジタル証明書」の発行を実現しています。また名画の価値に基づいて発行されたトークンは対象となる作品の価値を反映する「貴重かつ透明性の高い資産」として扱われることになるため、トークン化の対象となった「物理的な名画」は安全に保管された状態を維持したままでオークションを開催することができるようになります。

このオークションには世界中の人々が気軽に参加できるようになっており、従来は20%も取られる場合があった名画の取引手数料を2%ほどにまで削減することに成功しています。

Maecenasはこれまでにも芸術作品のトークン化に取り組んでおり、今年7月にはミスター・ポップアートの異名を取るAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の作品をトークン化したオークションが開催されています。貴重かつ信頼性の高い投資として注目が集まっている芸術品をトークン化する試みには世界中から大きな注目が集まっています。

マエケナス(Maecenas/ART)の価格|2018年11月15日

マエケナス(Maecenas/ART)の価格は今年の1月に250円近くまで上昇したものの、その後は大きく下落しており、8月には一時的に0.008円を記録しています。その後は4〜40円付近で取引されており、2018年11月15日時点の価格は「1ART=約0.1円」となっています。

ARTトークンは、仮想通貨取引所IDEXなどが取り扱っています。

ARTの長期的な価格推移(引用:coingecko.com)ARTの長期的な価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

中国がICOを全面的に禁止「60ものプロジェクトが中止もしくは延期へ」

中国がICOを全面的に禁止「60ものプロジェクトが中止もしくは延期へ」

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

ロシア「Ulmart」ビットコイン決済を決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す