世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

by BITTIMES   

ブロックチェーンプラットフォームであるMaecenas(マエケナス)は、世界初の『仮想通貨アートオークション』を開催することをは6月7日に発表しました。このイベントは仮想通貨決済に対応したイギリスのアートギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催され、ミスター・ポップアートの異名を取るAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の作品が販売されます。

マエケナス(Maecenas/ART)とは?

マエケナス(Maecenas/ART)は、仲介者を介さずに芸術作品を用いて投資を行う非中央集権型の投資方法です。

従来の芸術作品は高額なものほど閉鎖的な市場となっており、仲介業者が利益を得るために非常に不利な条件の取引が行われることが一般的でした。

しかし仮想通貨を利用することでブロックチェーンの特性を活かすことができるため、透明性や流動性の高いプラットフォームが形成できるようになり、その結果としてすべての人が利用できる環境が整いました。

ユーザーはMaecenasのプラットフォームを使用することで芸術作品に裏付けされた流動性のあるポートフォリオを構築し、管理することができます。これにより、作品の現物に投資する際にかかる諸費用を削減することができます。

世界初の『仮想通貨アートオークション』

世界初となる『仮想通貨アートオークション』は、フィンテック(Fintach)に積極的に取り組んでいる英国の美術ギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催されます。

出品されるのは、ポップアートを世界中に広め"ミスター・ポップアート"とも呼ばれ、マリリン・モンローのイラストなどで有名なAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の『12分儀の電気椅子』という作品の部分的な所有権が販売されることになっています。

Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)

販売される『12分儀の電気椅子』という作品の推定総額は560万ドル(約6億1,329万円)となっており、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ARTトークンを使用して支払うことができます。

『12分儀の電気椅子』はウォーホル氏の1980年の「リヴァーサル」シリーズの1つです。

今回はその所有権の49%が売り出されることになっているため、希望者はマエケナスのブロックチェーンプラットフォームで部分的な所有権のデジタル証明書を購入することができます。

プレスリリースによると、イーサリアムブロックチェーンで実行されるスマートコントラクトがウォーホル作品の最終的な価格を決定することになっていますが、マエケナスは最低競売価格を400万ドル(約4億3,807万円)に設定しており、すべての購入希望者に本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)のチェックを求めています。

仮想通貨決済対応のダディアーニ美術館

ダディアーニ美術館は2017年に仮想通貨決済を受け入れ始めました。
その中でも高級品のマーケットプレイスとして運営されているダディアーニ・シンジケートは、ビットコインやイーサリアムの他にライトコイン(LTC)も決済手段として認めています。

ブロックチェーン技術は、作品の証明や著作権、所有権、査定、真贋などの検証という問題を解決するために、これまでにもその他のアート市場でも採用されています。

ダディアーニ・シンジケートでのイベントでは、仮想通貨は作品を購入するだけでなく、その要素としても組み込まれて使用されているとのことで、一連の絵には秘密鍵が2個含まれており、内部には隠された9,000ドル(約98万円)相当のデジタルウォレットが存在しているとも報じられています。

(引用:coinidol.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

ポルシェ:BlockchainやAIなどに大規模投資 ー 今後5年で「約198億円」

ポルシェ:BlockchainやAIなどに大規模投資 ー 今後5年で「約198億円」

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

【重要】Chiliz「BINANCE関連のファントークン入出金方法」について注意喚起

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

bitFlyer×モッピー「ビットコインプレゼントキャンペーン」開始

bitFlyer×モッピー「ビットコインプレゼントキャンペーン」開始

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す