世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

by BITTIMES   

ブロックチェーンプラットフォームであるMaecenas(マエケナス)は、世界初の『仮想通貨アートオークション』を開催することをは6月7日に発表しました。このイベントは仮想通貨決済に対応したイギリスのアートギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催され、ミスター・ポップアートの異名を取るAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の作品が販売されます。

マエケナス(Maecenas/ART)とは?

マエケナス(Maecenas/ART)は、仲介者を介さずに芸術作品を用いて投資を行う非中央集権型の投資方法です。

従来の芸術作品は高額なものほど閉鎖的な市場となっており、仲介業者が利益を得るために非常に不利な条件の取引が行われることが一般的でした。

しかし仮想通貨を利用することでブロックチェーンの特性を活かすことができるため、透明性や流動性の高いプラットフォームが形成できるようになり、その結果としてすべての人が利用できる環境が整いました。

ユーザーはMaecenasのプラットフォームを使用することで芸術作品に裏付けされた流動性のあるポートフォリオを構築し、管理することができます。これにより、作品の現物に投資する際にかかる諸費用を削減することができます。

世界初の『仮想通貨アートオークション』

世界初となる『仮想通貨アートオークション』は、フィンテック(Fintach)に積極的に取り組んでいる英国の美術ギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催されます。

出品されるのは、ポップアートを世界中に広め"ミスター・ポップアート"とも呼ばれ、マリリン・モンローのイラストなどで有名なAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の『12分儀の電気椅子』という作品の部分的な所有権が販売されることになっています。

Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)

販売される『12分儀の電気椅子』という作品の推定総額は560万ドル(約6億1,329万円)となっており、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ARTトークンを使用して支払うことができます。

『12分儀の電気椅子』はウォーホル氏の1980年の「リヴァーサル」シリーズの1つです。

今回はその所有権の49%が売り出されることになっているため、希望者はマエケナスのブロックチェーンプラットフォームで部分的な所有権のデジタル証明書を購入することができます。

プレスリリースによると、イーサリアムブロックチェーンで実行されるスマートコントラクトがウォーホル作品の最終的な価格を決定することになっていますが、マエケナスは最低競売価格を400万ドル(約4億3,807万円)に設定しており、すべての購入希望者に本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)のチェックを求めています。

仮想通貨決済対応のダディアーニ美術館

ダディアーニ美術館は2017年に仮想通貨決済を受け入れ始めました。
その中でも高級品のマーケットプレイスとして運営されているダディアーニ・シンジケートは、ビットコインやイーサリアムの他にライトコイン(LTC)も決済手段として認めています。

ブロックチェーン技術は、作品の証明や著作権、所有権、査定、真贋などの検証という問題を解決するために、これまでにもその他のアート市場でも採用されています。

ダディアーニ・シンジケートでのイベントでは、仮想通貨は作品を購入するだけでなく、その要素としても組み込まれて使用されているとのことで、一連の絵には秘密鍵が2個含まれており、内部には隠された9,000ドル(約98万円)相当のデジタルウォレットが存在しているとも報じられています。

(引用:coinidol.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

アメリカ・コロラド州デンバー:ブロックチェーン投票システムを「自治体選挙」に導入

アメリカ・コロラド州デンバー:ブロックチェーン投票システムを「自治体選挙」に導入

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

ICE:Bakktアプリのサービス拡充に向け「Bridge2 Solutions」買収へ|eBay報道にも言及

ICE:Bakktアプリのサービス拡充に向け「Bridge2 Solutions」買収へ|eBay報道にも言及

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

デジタル円の発行「2〜3年以内が望ましい」自民党・山本金融調査会長

デジタル円の発行「2〜3年以内が望ましい」自民党・山本金融調査会長

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

仮想通貨ウォレット搭載の動画視聴アプリ「未来テレビChallet」リリース

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

【30万口座突破記念】GMOコイン:仮想通貨購入で「現金1万円」が当たるキャンペーン開催

【30万口座突破記念】GMOコイン:仮想通貨購入で「現金1万円」が当たるキャンペーン開催

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す