世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

by BITTIMES   

ブロックチェーンプラットフォームであるMaecenas(マエケナス)は、世界初の『仮想通貨アートオークション』を開催することをは6月7日に発表しました。このイベントは仮想通貨決済に対応したイギリスのアートギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催され、ミスター・ポップアートの異名を取るAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の作品が販売されます。

マエケナス(Maecenas/ART)とは?

マエケナス(Maecenas/ART)は、仲介者を介さずに芸術作品を用いて投資を行う非中央集権型の投資方法です。

従来の芸術作品は高額なものほど閉鎖的な市場となっており、仲介業者が利益を得るために非常に不利な条件の取引が行われることが一般的でした。

しかし仮想通貨を利用することでブロックチェーンの特性を活かすことができるため、透明性や流動性の高いプラットフォームが形成できるようになり、その結果としてすべての人が利用できる環境が整いました。

ユーザーはMaecenasのプラットフォームを使用することで芸術作品に裏付けされた流動性のあるポートフォリオを構築し、管理することができます。これにより、作品の現物に投資する際にかかる諸費用を削減することができます。

世界初の『仮想通貨アートオークション』

世界初となる『仮想通貨アートオークション』は、フィンテック(Fintach)に積極的に取り組んでいる英国の美術ギャラリーである『Dadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)』で6月20日に開催されます。

出品されるのは、ポップアートを世界中に広め"ミスター・ポップアート"とも呼ばれ、マリリン・モンローのイラストなどで有名なAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)氏の『12分儀の電気椅子』という作品の部分的な所有権が販売されることになっています。

Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)Andy Warhol氏の作品として有名なマリリン・モンローの絵画(albatro.jpから)

販売される『12分儀の電気椅子』という作品の推定総額は560万ドル(約6億1,329万円)となっており、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ARTトークンを使用して支払うことができます。

『12分儀の電気椅子』はウォーホル氏の1980年の「リヴァーサル」シリーズの1つです。

今回はその所有権の49%が売り出されることになっているため、希望者はマエケナスのブロックチェーンプラットフォームで部分的な所有権のデジタル証明書を購入することができます。

プレスリリースによると、イーサリアムブロックチェーンで実行されるスマートコントラクトがウォーホル作品の最終的な価格を決定することになっていますが、マエケナスは最低競売価格を400万ドル(約4億3,807万円)に設定しており、すべての購入希望者に本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)のチェックを求めています。

仮想通貨決済対応のダディアーニ美術館

ダディアーニ美術館は2017年に仮想通貨決済を受け入れ始めました。
その中でも高級品のマーケットプレイスとして運営されているダディアーニ・シンジケートは、ビットコインやイーサリアムの他にライトコイン(LTC)も決済手段として認めています。

ブロックチェーン技術は、作品の証明や著作権、所有権、査定、真贋などの検証という問題を解決するために、これまでにもその他のアート市場でも採用されています。

ダディアーニ・シンジケートでのイベントでは、仮想通貨は作品を購入するだけでなく、その要素としても組み込まれて使用されているとのことで、一連の絵には秘密鍵が2個含まれており、内部には隠された9,000ドル(約98万円)相当のデジタルウォレットが存在しているとも報じられています。

(引用:coinidol.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

注目度の高い仮想通貨ニュース

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す