ブロックチェーン・オークション「Andy Warhol」の作品が数億円で落札される

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術を活用した世界初の『仮想通貨オークション』では、ミスターポップアートとも呼ばれる著名な画家アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)氏の作品がトークン化され、数億円にものぼる金額で落札されました。

こちらから読む:芸術作品の所有権を守る「ブロックチェーン」の仕組み

仮想通貨オークション「Maecenas(マエケナス)」

アメリカの著名アーティストであるアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)氏によって描かれた高さ2メートルの絵画『14 Small Electric Chairs』は、ブロックチェーンベースのアート投資プラットフォームMaecenas(マエケナス)で100人の参加者に販売されました。

総額560万ドル(約6億1,600万円)にものぼるこの絵画は、世界初の『仮想通貨オークション』で約170万ドル(1億8,700万円)を調達しました。

800人以上が参加したこのオークションはスマートコントラクトを使用して実施されており、オークションの参加者は主にアジアやヨーロッパの人々を中心とした、仮想通貨愛好家、投資家、美術の専門家などが見られたと報告されています。

Maecenasはロンドンに拠点を置くFine Art GalleryのDadiani Syndicate(ダディアーニ・シンジケート)の協力を得て、仮想通貨オークションを実施しました。

ブロックチェーン技術はアート市場を根本から変える

blockchain

ブロックチェーン・オークションでは、購入者がアートの一部を購入できるようにするために14 Small Electric Chairsの所有権がデジタル証明書としてトークン化されています。

これにより、オークションの参加者は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
・マエケナス(Maecenas/ART)
を使って14 Small Electric Chairsの所有権の一部を購入することができるようになっています。

競売中には、Ethereumのスマートコントラクトによって600万以上ものARTトークンが利用され、最高入札額は650万ドル(7億1,500万円)を記録しました。

Maecenasの最高経営責任者(CEO)であるMarcelo Garcia Casil(マルセル・ガルシア・カシル)氏は、世界的に有名な画家による著名な絵画がトークン化され、ブロックチェーン技術を使ってオークションに成功したことを受けて「ブロックチェーンはアート市場を根本的に変える可能性がある」と語っています。

資産のトークン化は、ブロックチェーン技術の最も顕著でエキサイティングな使用方法であり、我々はこの分野のパイオニアであることを誇りに思っています。

このウォーホルの絵画は、これからさらに多くのものがトークン化される中でも一番最初にトークン化されたものとなります。

私たちは美術市場の金融革命を目の当たりにしてリードしていけることを楽しみにしています。

アート市場の民主化

仮想通貨オークションの開催は2018年6月上旬に発表されており、実際には7月25日に開催されました。

当時、この作品の予約価格は400万ドル(4億4,000万円)に設定されており、限られたエリート層の人々だけでなく、その他の新しいバイヤーでもアート市場に参加できるようにすることを目標としていました。

ダディアーニ・シンジケートの設立者であるエレサ・ダディアーニ(Eleesa Dadiani)氏は次のように述べています。

私たちは美術投資が国際的に広がることを目指しています。
仮想通貨は市場をさらに広げ、新しい購入者を芸術品や高級品に導くことができます。

このオークションは、『ブロックチェーンと仮想通貨を活用した世界初のオークション』として開催される前から大きな注目を集めていました。著作権や所有権などの権利を安全に保護するとともに、それらの権利を明確化させることができるブロックチェーンの技術は、これからも幅広い分野で活用されていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

ブロックチェーンで実現した「分散型」音楽イベント ー Our Music Festival(OMF)

ブロックチェーンで実現した「分散型」音楽イベント ー Our Music Festival(OMF)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す