BINANCE:ブロックチェーンチャリティー活動を通じて「マルタの子供たち」を支援

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、分散型慈善基金である「Blockchain Charity Foundation(BCF)」を通じてマルタ共和国の子供たちを支援するための資金調達を開始しました。ブロックチェーン技術を最大限に活用して「より良い社会」を作るための活動に取り組んでいるBINANCEは、これらの技術を用いて"透明性の高いチャリティー活動"の実現に取り組んでいます。

こちらから読む:ユニセフはBlockchain企業に"1,000万円"を投資「慈善」関連ニュース

重病に苦しむ子供たちを支援|L-Istrina Campaign

Blockchain-Charity-Foundation

BINANCE(バイナンス)が今年立ち上げたBlockchain Charity Foundation(BCF)は、現在「マルタ島」とその北西にある島「ゴゾ」で重度の病や障害などに苦しんでいる子供たちを支援するためのキャンペーンである「2018 L-Istrina Campaign」に取り組んでいます。

このプロジェクトは、マルタ共和国の国家基金である「マルタコミュニティチェスト財団」とともに進められており、身体的障害、重度の病気、極度の貧困に苦しんでいる人々の生活を改善することを目標としています。

支援の対象となる人々の数は約15,000人ほどであるとされており、具体的な内容としては、
・重度の慢性疾患、がん、および希少疾患に苦しんでいる患者の医療支援
・最も脆弱な人を支援する自発的組織のためのアドバイザリーサービス
・障害者のためのファイナンスサービス
・困難を経験している個人や家族のための社会扶助
・さまざまな病状の人々のための毛髪のかつら支援
・青少年が施設を離れ、養育を行うための外出介護
といった目標を達成することを目指していると伝えられています。

ブロックチェーンで支援活動の「透明性」向上

プロジェクトに寄付された全ての寄付金はブロックチェーン上に記録されているため、追跡することができます。また公式サイトのプロジェクト概要、寄付ページにはこれまでに寄付を行った人々の名前や寄付に使用された仮想通貨、寄付が行われた日時、ウォレットアドレスなどが公開されています。名前に関しては匿名にすることもできるようになっており、2018年12月20日時点では寄付を行っている6名のうち3人の人々が匿名で寄付を行っています。

財団は、支援を受ける人々の数や具体的な支援内容、それぞれの分野に費やされた金額やプロジェクトの進捗状況を毎月更新することによって、慈善活動の透明性の確保に努めています。

チャリティー活動全体に透明性をもたらす方法を採用している財団は、2017年に開催されたキャンペーンでも成功を収めており、2017年の功績としては
・受益者総数:15,000人
・1000人以上の医療援助
・約2,300家族の社会扶助
・約300人の障害者のためのファイナンスサービス
を達成したことが報告されています。

チャリティー活動の「新しい形」

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、このプラットフォームはチャリティー活動における最大の問題となる「透明性」と「説明責任」の問題を解決できると説明しており、これによって新しい寄付の形を生み出し、世界を変えることができる信じていることを語っています。

バイナンスが立ち上げた「Blockchain Charity Foundation(BCF)」は、2018年10月に公開されており、ウガンダの洪水や地滑りの被害を受けた人々を支援するためにも使用されています。寄付に使用できる通貨としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
・バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
が受け入れられています。

BCFはこの他にも、環境汚染や教育、クリーンエネルギーの推進、男女平等といった様々な問題に取り組んでいくことを表明しています。BINANCEは先日公開した記事の中で、同社の管理職メンバーの中に多くの女性を登用していることも発表しています。

BINANCEで働く女性メンバー(画像:binance.com)BINANCEで働く女性メンバー(画像:binance.com)

またジャオ・チャンポン氏は「BloomBerg」とのインタビューで、2019年は法定通貨と仮想通貨の通貨ペアを強化していく予定であることも語っており、「10の法定通貨建て取引ペアを追加したい」と考えていることも明かしています。分散型社会の実現に向けて多方面からのアプローチに取り組んでいる「BINANCE」は、2019年も様々な話題で仮想通貨業界を牽引していくことになるでしょう。

「Blockchain Charity Foundation(BCF)」の詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>Blockchain Charity Foundation(BCF)の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

ブラジルの取引所Foxbitシステムのバグで72時間ダウン

ブラジルの取引所Foxbitシステムのバグで72時間ダウン

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

仮想通貨の価格下落は業界にとって「好材料」Reddit共同設立者

仮想通貨の価格下落は業界にとって「好材料」Reddit共同設立者

注目度の高い仮想通貨ニュース

Liquid by Quoine:リップル(XRP)が貰える「QASH HODLキャンペーン第1弾」開催

Liquid by Quoine:リップル(XRP)が貰える「QASH HODLキャンペーン第1弾」開催

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す