フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

by BITTIMES   

フィリピンの大手金融サービスプロバイダーである「Cebuana Lhuillier」は、リアルタイム送金サービスにRipple(リップル)社のブロックチェーン技術を活用していくことを発表しました。合計2,500以上の支店を構えている同社は「xCurrent」を採用することによって、サービスの効率を大きく向上させることができると説明しています。

こちらから読む:Huobiで"XRPプレゼントキャンペーン"開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

小口金融サービスでブロックチェーン活用「フィリピン初」

Cebuana-Lhuillier

フィリピン全土に2,500の支店を構え、200以上の認定国際パートナーを持つ「Cebuana Lhuillier」は、Ripple(リップル)社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加し、国際送金ソリューションである「xCurrent」の技術を採用しています。

xCurrentは、国際送金を瞬時に完了することができるだけでなく、銀行間のリアルタイムメッセージングもできるようになっているため、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認もできるようになっています。

Ripple社と提携を結んだことによって「Cebuana Lhuillier」は、フィリピンで初めてマイクロファイナンシャルサービスの分野にブロックチェーン技術を活用した金融機関になったと報じられています。

Cebuana Lhuillierの最高経営責任者兼社長であるJean Henri Lhuillier氏は、Ripple社と提携を結ぶことによってサービスの効率をさらに高めることができると述べています。

xCurrentを使用すれば、クライアントへのサービス提供の効率を向上させることができます。今回の提携はこの業界で最高クラスの評価を獲得している「Cebuana Lhuillier」が、さらなる革新と進化のための取り組みを続けていることを表しています。

Ripple社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」の規模はこの1年間で急速に拡大しており、最近の発表では参加する企業が世界40カ国の100社以上に上っていることが明らかにされています。今月半ばには、イスラエル最大の金融サービス会社である「GMT」もRipple社と提携を結んだことを発表しています。世界各国の大手金融機関との提携が続くRipple社は今後もさらに成長を加速させていくことになると予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月22日

リップル(Ripple/XRP)の価格は2018年12月17日頃からやや上昇しており12月19日には「1XRP=43円」まで回復していましたが、現在はやや下落しており2018年12月22日時点では「1XRP=39.16円」で取引されています。

2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

ビットコインATMから現金を強奪!ネブラスカ州の飲食店に覆面強盗

ビットコインATMから現金を強奪!ネブラスカ州の飲食店に覆面強盗

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す