フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

by BITTIMES   

フィリピンの大手金融サービスプロバイダーである「Cebuana Lhuillier」は、リアルタイム送金サービスにRipple(リップル)社のブロックチェーン技術を活用していくことを発表しました。合計2,500以上の支店を構えている同社は「xCurrent」を採用することによって、サービスの効率を大きく向上させることができると説明しています。

こちらから読む:Huobiで"XRPプレゼントキャンペーン"開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

小口金融サービスでブロックチェーン活用「フィリピン初」

Cebuana-Lhuillier

フィリピン全土に2,500の支店を構え、200以上の認定国際パートナーを持つ「Cebuana Lhuillier」は、Ripple(リップル)社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加し、国際送金ソリューションである「xCurrent」の技術を採用しています。

xCurrentは、国際送金を瞬時に完了することができるだけでなく、銀行間のリアルタイムメッセージングもできるようになっているため、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認もできるようになっています。

Ripple社と提携を結んだことによって「Cebuana Lhuillier」は、フィリピンで初めてマイクロファイナンシャルサービスの分野にブロックチェーン技術を活用した金融機関になったと報じられています。

Cebuana Lhuillierの最高経営責任者兼社長であるJean Henri Lhuillier氏は、Ripple社と提携を結ぶことによってサービスの効率をさらに高めることができると述べています。

xCurrentを使用すれば、クライアントへのサービス提供の効率を向上させることができます。今回の提携はこの業界で最高クラスの評価を獲得している「Cebuana Lhuillier」が、さらなる革新と進化のための取り組みを続けていることを表しています。

Ripple社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」の規模はこの1年間で急速に拡大しており、最近の発表では参加する企業が世界40カ国の100社以上に上っていることが明らかにされています。今月半ばには、イスラエル最大の金融サービス会社である「GMT」もRipple社と提携を結んだことを発表しています。世界各国の大手金融機関との提携が続くRipple社は今後もさらに成長を加速させていくことになると予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月22日

リップル(Ripple/XRP)の価格は2018年12月17日頃からやや上昇しており12月19日には「1XRP=43円」まで回復していましたが、現在はやや下落しており2018年12月22日時点では「1XRP=39.16円」で取引されています。

2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロンの「niTROn Summit 2019」にNBAのレジェンドKobe Bryant氏が登壇

トロンの「niTROn Summit 2019」にNBAのレジェンドKobe Bryant氏が登壇

大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

コインチェック:仮想通貨の「ステーキングサービス」提供へ【国内取引所初】

コインチェック:仮想通貨の「ステーキングサービス」提供へ【国内取引所初】

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す