フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

by BITTIMES   

フィリピンの大手金融サービスプロバイダーである「Cebuana Lhuillier」は、リアルタイム送金サービスにRipple(リップル)社のブロックチェーン技術を活用していくことを発表しました。合計2,500以上の支店を構えている同社は「xCurrent」を採用することによって、サービスの効率を大きく向上させることができると説明しています。

こちらから読む:Huobiで"XRPプレゼントキャンペーン"開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

小口金融サービスでブロックチェーン活用「フィリピン初」

Cebuana-Lhuillier

フィリピン全土に2,500の支店を構え、200以上の認定国際パートナーを持つ「Cebuana Lhuillier」は、Ripple(リップル)社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加し、国際送金ソリューションである「xCurrent」の技術を採用しています。

xCurrentは、国際送金を瞬時に完了することができるだけでなく、銀行間のリアルタイムメッセージングもできるようになっているため、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認もできるようになっています。

Ripple社と提携を結んだことによって「Cebuana Lhuillier」は、フィリピンで初めてマイクロファイナンシャルサービスの分野にブロックチェーン技術を活用した金融機関になったと報じられています。

Cebuana Lhuillierの最高経営責任者兼社長であるJean Henri Lhuillier氏は、Ripple社と提携を結ぶことによってサービスの効率をさらに高めることができると述べています。

xCurrentを使用すれば、クライアントへのサービス提供の効率を向上させることができます。今回の提携はこの業界で最高クラスの評価を獲得している「Cebuana Lhuillier」が、さらなる革新と進化のための取り組みを続けていることを表しています。

Ripple社が提供する国際送金ネットワーク「RippleNet」の規模はこの1年間で急速に拡大しており、最近の発表では参加する企業が世界40カ国の100社以上に上っていることが明らかにされています。今月半ばには、イスラエル最大の金融サービス会社である「GMT」もRipple社と提携を結んだことを発表しています。世界各国の大手金融機関との提携が続くRipple社は今後もさらに成長を加速させていくことになると予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月22日

リップル(Ripple/XRP)の価格は2018年12月17日頃からやや上昇しており12月19日には「1XRP=43円」まで回復していましたが、現在はやや下落しており2018年12月22日時点では「1XRP=39.16円」で取引されています。

2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月15日〜12月22日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル社が「xCurrent」を使った一般向け送金アプリを発表

リップル社が「xCurrent」を使った一般向け送金アプリを発表

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

米ウィリストン・ベイスン国際空港「仮想通貨ATM」を設置|ADA・SHIBなど複数銘柄に対応

米ウィリストン・ベイスン国際空港「仮想通貨ATM」を設置|ADA・SHIBなど複数銘柄に対応

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す