ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

by BITTIMES

ドイツの鉄道会社であるドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG/DB)は、企業などがブロックチェーン技術をビジネスに統合するのを支援している「Unibright(ユニブライト)」と提携し、公共交通機関に関わるエコシステムをトークン化することができるかどうかを検証するための概念実証(PoC)に取り組むことが明らかになりました。

こちらから読む:ドイツ鉄道が活用に向けた取り組みを進めている「ブロックチェーン」とは

ブロックチェーンで関連企業との繋がりを強化

ブロックチェーン技術をビジネスに統合するためのフレームワークを提供している「Unibright(ユニブライト)」は、ドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG/DB)からブロックチェーン技術を活用して資産をトークン化するための社内組織立ち上げの依頼を受けたことを発表しました。

ドイツ鉄道は、ヨーロッパ最大の鉄道事業者・インフラ所有者であるといわれており、年間約20億人の乗客を運んでいると伝えられています。同社はブロックチェーン技術を用いた分散型ソリューションを導入することによって、運用コストを削減し、旅行会社などの関連企業との交流を深めることができるかどうかの検証を行います。

Unibrightの発表によると、ドイツ鉄道はすでにスマートフォンアプリ「DB Navigator」を使用してオンラインでチケットを入手することができるサービスを提供しているとされており、アプリを通じて購入したチケットはスマートフォンに保存することができるとされています。

旅行関連の様々なサービスをトークン化

今回の概念実証では、
・チケット
・領収書
・車両内での食事
・ホテル予約
・地元の交通機関
などの旅行に関連する様々なサービスを統合することができるかどうかについての検証が行われます。 Unibrightはこれらの要素をトークン化することによって、顧客が売買を行ったり、他のサービスと交換することができる環境を構築します。またこのトークンは、マイルに応じて与えられるポイントのように「顧客への報酬」として付与することもできるとされています。

Unibrightは、これらのソリューションがネム(NEM/XEM)のプロトコルに基づいたものであると説明しています。また、発行されたトークンは旅行、飲食物、宿泊などに分類できるようになっており、ネットワークは専門的な技術を持っていない人でも監視できるように構築されていると説明されています。

(画像:medium.com/unibrightio)(画像:medium.com/unibrightio)

今回発表された概念実証には、具体的にどのような分野のサービスがこれらのエコシステムに適しているかを検証することなども含まれています。したがって社内組織が即座に立ち上げられる訳ではないものの、この大規模なプロジェクトが進むことによって、様々なサービスに互換性が生まれ、より良い旅を実現することができるようになると期待されています。

ブロックチェーン技術を活用する鉄道会社はドイツ鉄道だけではありません。スイス連邦の国有の鉄道事業者である「SBB」は、鉄道路線で働く従業員の資格認定のために利用されるブロックチェーン技術を用いた「ID管理システム」の概念証明(PoC)を完了したことを報告しています。様々な分野に応用することができるブロックチェーン技術は、今後も様々な業界で活用されていくことになるでしょう。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

CyberAgent:ブロックチェーン・AI等を活用し「行政手続きのデジタル化」を支援

CyberAgent:ブロックチェーン・AI等を活用し「行政手続きのデジタル化」を支援

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す