ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)の発展に向けた環境作りに取り組んでいるウズベキスタンは、セキュリティ・トークン・オファリング(STO)に関する法的枠組みを作成するための調査を開始したと伝えられています。

こちらから読む:米国の食料品店でビットコインが購入可能に「国際ニュース」一覧

仮想通貨「友好国」を目指すウズベキスタン

ウズベキスタンは、以前から仮想通貨やブロックチェーン技術を受け入れる姿勢を示しており、これらの技術を受け入れることによって国の経済レベルを高めることを望んでいます。

2018年9月に新しい法律が可決され、仮想通貨に友好的な環境が構築され始めて以降、その動きはますます強まっています。同国のShavkat Mirziyoyev(シャヴカト・ミルズィヤエフ)大統領は、仮想通貨取引所を合法化し、ブロックチェーン関連の新興企業や研究開発に投資するための「Digital Trust(デジタル・トラスト)」と呼ばれる基金を設立しました。

現在「Digital Trust」は、有価証券を仮想通貨トークンとして発行するセキュリティトークンを適切に提供できる環境を整えるためにセキュリティ・トークン・オファリング(STO)に関連する法的枠組みを作成するための調査や取り組みを行なっています。

セキュリティトークン規制で「安全な投資環境」を

基本的に発行される仮想通貨が「ユーティリティトークン」であるとされているイニシャル・コイン・オファリング(ICO)では、これまでの歴史の中で"詐欺"とされるトークンが数多く発行されてきました。それらの全てが詐欺ということではありませんが、発行された仮想通貨の半数以上が詐欺に近いものであったとされている「ICO」や「ユーティリティトークン」は人々に悪い印象を与えています。

ウズベキスタンはこのような状況中で、一般的により合法的な仮想通貨であると考えられている「セキュリティトークン」や「STO」に関連する規制を整えることによって、安全な仮想通貨投資環境を構築したいと考えています。

「Digital Trust」は『理想的にはSTOを通じてウズベキスタンの資産のための資金を集めることができるかどうかを確かめたい』と語っており、現在はブロックチェーン関連企業やSTO市場のテストを行うことができるパートナーシップを確立することを目指していると伝えられています。

仮想通貨・ブロックチェーン先進国として成長を遂げているマルタ共和国は、昨年7月時点でセキュリティトークンに特化した仮想通貨取引所「OKMSX」の立ち上げを発表しています。ICO関連の詐欺事件などが度々話題となり、一般社会からの関心が薄れつつある今の段階で「STO」などに関する規制を明確化し、事前に環境を整えることは一つの有効な策であると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

注目度の高い仮想通貨ニュース

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す