ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)の発展に向けた環境作りに取り組んでいるウズベキスタンは、セキュリティ・トークン・オファリング(STO)に関する法的枠組みを作成するための調査を開始したと伝えられています。

こちらから読む:米国の食料品店でビットコインが購入可能に「国際ニュース」一覧

仮想通貨「友好国」を目指すウズベキスタン

ウズベキスタンは、以前から仮想通貨やブロックチェーン技術を受け入れる姿勢を示しており、これらの技術を受け入れることによって国の経済レベルを高めることを望んでいます。

2018年9月に新しい法律が可決され、仮想通貨に友好的な環境が構築され始めて以降、その動きはますます強まっています。同国のShavkat Mirziyoyev(シャヴカト・ミルズィヤエフ)大統領は、仮想通貨取引所を合法化し、ブロックチェーン関連の新興企業や研究開発に投資するための「Digital Trust(デジタル・トラスト)」と呼ばれる基金を設立しました。

現在「Digital Trust」は、有価証券を仮想通貨トークンとして発行するセキュリティトークンを適切に提供できる環境を整えるためにセキュリティ・トークン・オファリング(STO)に関連する法的枠組みを作成するための調査や取り組みを行なっています。

セキュリティトークン規制で「安全な投資環境」を

基本的に発行される仮想通貨が「ユーティリティトークン」であるとされているイニシャル・コイン・オファリング(ICO)では、これまでの歴史の中で"詐欺"とされるトークンが数多く発行されてきました。それらの全てが詐欺ということではありませんが、発行された仮想通貨の半数以上が詐欺に近いものであったとされている「ICO」や「ユーティリティトークン」は人々に悪い印象を与えています。

ウズベキスタンはこのような状況中で、一般的により合法的な仮想通貨であると考えられている「セキュリティトークン」や「STO」に関連する規制を整えることによって、安全な仮想通貨投資環境を構築したいと考えています。

「Digital Trust」は『理想的にはSTOを通じてウズベキスタンの資産のための資金を集めることができるかどうかを確かめたい』と語っており、現在はブロックチェーン関連企業やSTO市場のテストを行うことができるパートナーシップを確立することを目指していると伝えられています。

仮想通貨・ブロックチェーン先進国として成長を遂げているマルタ共和国は、昨年7月時点でセキュリティトークンに特化した仮想通貨取引所「OKMSX」の立ち上げを発表しています。ICO関連の詐欺事件などが度々話題となり、一般社会からの関心が薄れつつある今の段階で「STO」などに関する規制を明確化し、事前に環境を整えることは一つの有効な策であると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す