Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

by BITTIMES   

イギリス連邦加盟国セントルシアに本社を変える国際金融機関「Euro Exim Bank」は、Ripple(リップル)社が提供している仮想通貨XRPを用いたソリューション「xRapid」の実装に成功したことを明らかにしました。同銀行はRipple社が提供する製品を積極的に採用しています。

こちらから読む:GMOコインがXRPのレバレッジ取引を開始「Ripple/XRP」関連ニュース

国際送金の問題解決に取り組む|Euro Exim Bank

Euro Exim Bankのコンプライアンスおよびオペレーション部門の責任者であるGraham Bright(グラハム・ブライト)氏は、最近行われた「Trade Finance Global」とのインタビューで"xRapid"や"xCurrent"を選択した理由について次のように語っています。

私たちはすでにクラウドをベースとしたブロックチェーン対応の貿易金融アプリケーションを作成していたため、最初のプロジェクトとしてRippleNetに参加することを決定するのに時間はかかりませんでした。xCurrentのサービスを使用すれば国境を超えた支払いにエンドツーエンドの追跡と可視性をもたらすことができます。

Euro Exim Bankは、Ripple社が提供しているソリューションを積極的に採用しており、国際送金におけるコストの削減や流動性の問題に取り組んでいます。ブライト氏は分散型台帳技術を使用することによって、高額な手数料、金利設定、詐欺のリスク、スピードなどの問題を解決することができると語っており、各取引の費用対効果を高め、スピードと不変性を提供することができると説明しています。

Ripple社が昨年10月にリリースした「xRapid」は、現地通貨を仮想通貨XRPに変換して送金を行なった後に法定通貨に変換することによって、資産の移動をわずか数分間で処理することができるように設計されています。

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、2019年に数十の銀行がxRapidを使用することに期待していると語っており、今年の初めにはRipple社が展開している国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加している金融機関が200を超えたことも発表されています。

2019年2月4日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は先月29日に31円近くまで下落しましたが、その後は36円近くまで回復しており、2019年2月4日時点では「1XRP=33.03円」で取引されています。

2018年12月6日〜2019年2月4日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月6日〜2019年2月4日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などでも購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

BitFuryが世界一のブロックチェーン技術提供企業へと飛躍

BitFuryが世界一のブロックチェーン技術提供企業へと飛躍

Google Finance「暗号資産価格・ニュース」などの情報掲載開始|BTC・ETHなど4銘柄

Google Finance「暗号資産価格・ニュース」などの情報掲載開始|BTC・ETHなど4銘柄

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

注目度の高い仮想通貨ニュース

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

豪大手銀行「Commonwealth Bank」暗号資産関連サービスを一時停止=報道

豪大手銀行「Commonwealth Bank」暗号資産関連サービスを一時停止=報道

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Terraエコシステム復興計画「99%以上が賛成」LUNA・UST保有者にトークン分配

Terraエコシステム復興計画「99%以上が賛成」LUNA・UST保有者にトークン分配

JPYC:限定NFTが当たる「左ききのエレン」とのコラボキャンペーン開催

JPYC:限定NFTが当たる「左ききのエレン」とのコラボキャンペーン開催

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」テストネット版公開

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」テストネット版公開

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

Cardano NFTマーケットプレイス「Fibo」ベータ版をリリース:EMURGO

Cardano NFTマーケットプレイス「Fibo」ベータ版をリリース:EMURGO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す