ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、2019年4月1日からビットコイン(Bitcoin/BTC)の「大口OTC(店頭)取引サービス」の提供を開始することを発表しました。このサービスは大きな金額の暗号資産を買い手と売り手で直接取引できるものとなっており、魅力的な価格で大量のコインを購入することができるようになっているため、今後は市場にさらに多くの資金が流入することになると期待されています。

こちらから読む:TRON財団、日本の法律に準拠する意思を表明「日本」関連ニュース

Coincheck(コインチェック)が新たにサービス開始を発表した「大口OTC(店頭)取引サービス」は、大口の取引を希望するユーザー向けに提供されており「WEB版のCoincheck」でのみ利用することができるサービスとなっています。

「大口OTC取引」とは、"大きな金額の仮想通貨を買い手と売り手で直接取引することができる取引方法のこと"であり、
・金額の大きい仮想通貨を一括で素早く取引できる点
・魅力的な価格で取引できる点
が主な特徴です。

Coincheckが提供する「大口OTC取引」はビットコイン(BTC)のみに対応しており、平日10:00〜15:00の間で50BTC以上から購入・売却できるようになっています。

Coincheckの大口OTC取引画面(画像:Coincheck)Coincheckの大口OTC取引画面(画像:Coincheck)

現時点で取引できる通貨は「ビットコインのみ」となっていますが、その他の仮想通貨への対応も随時検討していくと説明されているため、今後新たな仮想通貨が追加される可能性もあると考えられます。

「大口OTC取引」はすでに海外の大手仮想通貨取引所などでも提供されており、
Coinbase(コインベース)
BINANCE(バイナンス)
BITTREX(ビットレックス)
Circle(サークル)
なども対応しています。

米国の大手仮想通貨決済企業であるCircle(サークル)社は、2018年における「OTC取引の取引高」が240億ドル(約2兆5,900億円)を記録したことを報告しており、同じく米国の大手仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)は機関投資家向けに大口OTC取引サービスを提供しています。

Coincheckで「大口OTC取引サービス」が開始されることによって、大規模な資金を保有している投資家が仮想通貨市場に参入しやすくなるため、今後はより多くの資金が仮想通貨市場に流入していくことになると期待されています。

Coincheckが発表した「大口OTC取引サービス」の詳細は以下の公式発表ページをどうぞ
>コインチェックからの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

ブロックチェーンTCG「Frame C Battle」オープンβ版テストを開始

ブロックチェーンTCG「Frame C Battle」オープンβ版テストを開始

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す