給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

by BITTIMES   

イスラエルのハイテク産業の分野では、より才能のある人材を獲得するための競争が激化しています。現地の複数の企業が高い給料や魅力的な福利厚生を提示できるよう取り組んでいますが、そのうちの1社は給料をビットコイン(BTC)で支払うためにイスラエル証券局(ISA)との交渉に取り組んでいます。

イスラエルの人材獲得競争

イスラエルの企業は現在、魅力的な給与や福利厚生の他にもストックオプション(*1)を与えるなどの様々な方法を駆使して、テクノロジーに精通した人材を引き付けるための方法を模索しています。
(*1)ストックオプション:会社の役員や従業員が自社株をあらかじめ定められた価格で購入できる権利のこと。予め決められた価格が時価より安かった場合、この権利を与えられた人は利益を受けることができる。

そのような競争が行われている中、テルアビブにオフィスを持つIT企業であるSpot.IMは『仮想通貨ビットコイン(BTC)で給料を支払う』という施策を打ち出しました。しかし、国家当局がこのプランを許可するかどうかについては、現在も議論が行われています。

Spot.IM社の活動

ニューヨークに本社を構えるSpot.IMは、ニューヨークに本社を構えるSpot.IMはWebプラットフォームサービスを提供する有名な企業で、仮想通貨事業は行っていません。

Spot.IMは、どのようなサイトでもたった2行のコードだけでソーシャルネットワークになることができるサービスを提供しています。そのクライアントの中には、
・Time Magazine
・NBC
・Huffington Post
・Engadget
・Fox News
などのビッグネームが掲載されています。

同社は2012年に設立されて以来、合計3,800万ドル(約41億8,718万円)の資金調達を行っており、2017年11月にはロシアの億万長者であるローマ・アブラモビッチ氏と他のベンチャーキャピタルからの資金調達で2,500万ドル(約27億5,380万円)を調達しています。

Spot.IMは現在、イスラエル証券局(ISA)と交渉中の段階にあります。
交渉が行われている主な議題は『法定通貨と仮想通貨間の適切な為替レート』であり、この計画を進める上で重要な問題であると言われています。今年の8月には両当事者が合意に達することが期待されており、計画を進めることができるとされています。

Spot.IMはこの他にも労働省に別のプランを提案しており、労働省は「政府関係者がこの件について検討をしている」と述べています。

このプランは、ビットコインで全額、または一部の給料を受け取ることを望む従業員がいた場合には、高額になりがちなシュケル(*2)-ビットコイン間の両替手数料を政府が負担するというものです。
(*2)シェケル(ILS):イスラエルの法定通貨

適切な法律の重要性

イスラエルの法律では、ビットコイン(BTC)は『通貨』としても『証券』としても認められていません。そのため、規制当局に事前に許可申請をしていないことが法律違反にすぐつながるわけではありません。

したがって、Spot.IMが現時点から法的支援に十分な注意を払っているこれらの行動は、敵対的な銀行システムとの将来の合併を防ぐことを目標としていると考えられます。

イスラエルでSpot.IMの運営責任者を務めているIdo Goldberg氏は、イスラエルの新聞社であるCalcalist紙に次のように述べています。

「複数の最先端技術を毎日扱っている者として、私たちは仮想通貨の未来を強く信じています。依然として通貨は信頼に基づいて作られているため、そのような信託会社、組織、機関を作るためには、仮想通貨を法的に効力があるものとして認識しなければなりません。」

仮想通貨とイスラエル

イスラエルの財務省は、同国の銀行が仮想通貨関連企業に対して資金の受け入れを拒否していたことなどを受け、仮想通貨を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)などを適切に規制するための新たな草案を先月末に発表しました。

この草案は、Moshe Kahlon(モシュ・カロン)財務大臣によって署名され、6月1日には金融サービスプロバイダーを対象とした新しい法律が施行されています。

現在イスラエルではこれらの法律などによって、オフ・バンキング信用業界の規制を含む、非銀行または制度機関によって提供される金融サービスの規制における重要なステップを歩んでいます。

新たな規制を歓迎する仮想通貨コミュニティ

イスラエルを拠点とする仮想通貨プロジェクトが発行している各種通貨はHuobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

Huobi.proの登録方法を画像付きで詳しく解説

(引用:news.bitcoin.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

仮想通貨を「テキストメッセージ(SMS)」で簡単送金|ベネズエラの取引所が新機能開発

仮想通貨を「テキストメッセージ(SMS)」で簡単送金|ベネズエラの取引所が新機能開発

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

ビットコインETF否決2つの理由と新事実

ビットコインETF否決2つの理由と新事実

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

ビットコイン価格が100万円を超えて海外情報番組では…

ビットコイン価格が100万円を超えて海外情報番組では…

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す