仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

by BITTIMES

金融庁が仮想通貨(暗号資産)の証拠金取引における最大レバレッジは「2倍まで」とする方針を固めたことが日本経済新聞の報道で明らかになりました。この新しいルールは今月中に意見公募にかけた上で、2020年春に施行される"改正金融商品取引法"の内閣府令で定める予定だと伝えられています。

こちらから読む:BITMAX、XRPがもらえるキャンペーン開催中「国内ニュース」

2020年春にも施行予定

仮想通貨の証拠金取引でかけることができる倍率(レバレッジ)は国や取引所によって違いがあり、海外では100倍を超えるレバレッジで取引できる取引所が複数存在していますが、日本では自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が自主規制規則の中で「最大4倍まで」と定めていました。

これは「過度な投機」や「価格の乱高下による損失リスク」を抑えることも目的としたルールでしたが、金融庁はこのルールをさらに厳しくし「最大レバレッジを2倍まで」とする方針を固めたと伝えられています。この案は今月中にも意見公募にかけた上で、2020年春に施行される"改正金融商品取引法"の内閣府令で定める予定だと伝えられています。

日本国内の仮想通貨取引は大半が証拠金取引で行われており、投機的な動きを懸念する意見は多く出ていました。過去にはEU(欧州連合)などと歩調を合わせるために「最大レバレッジは2倍にすべきだ」という意見も出ていたため、このような意見も踏まえた上での決定であると考えられます。

>>「日本経済新聞」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

【Travala.com】Binance Chainで「分散型旅行予約サービス」構築へ

【Travala.com】Binance Chainで「分散型旅行予約サービス」構築へ

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説