ビットコイン強気相場、今後も続く見通し「適正価格は156万円」Tom Lee

by BITTIMES

ビットコイン強気派として仮想通貨業界で注目されている投資アナリストのThomas Lee(トーマス・リー)氏は、先日2日の大幅な価格急騰に伴い、弱気相場は強気相場へと移行したと考えています。複数の要因に支えられ、BTC価格がこれから徐々に回復していくと予想している同氏は、現在のビットコイン適正価格は14,000ドル(約156万円)だと主張しています。

こちらから読む:BTC価格は年末"2億円"に?「ビットコイン」関連ニュース

BTC適正価格「156万円」その理由とは?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨に対して強気な予想を語り続けてきたことで知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、CNBCの経済番組「Squawk Box」に出演した際に、現在のビットコイン適正価格は14,000ドル(約156万円)だと考えていることを語りました。同氏はこの適正価格を「ビットコインのマイニングコスト」や「複数の指標」に基づいて導き出しています。

ビットコインのマイニングを行う際に必要となる費用(マイニングコスト)を考慮して考えると、一般的にはビットコイン価格が5,000ドル〜6,000ドル(約55万〜66万円)で取引されていなければマイナーは利益を上げることができないと言われており、仮想通貨業界ではこれを「マイニングの損益分岐点」と呼んでいます。

市場が上昇傾向にある場合のビットコイン価格はこの"マイニング損益分岐点"となる価格の「2〜3倍」で取引されている傾向が見られているため、リー氏は「156万円がビットコインの適正価格である」と考えています。

強気相場への移行を示す「200日移動平均線」

リー氏はその他の専門家と同様に「2018年から2019年にかけて続いた弱気市場は終わった」と考えており、インフラの開発や仮想通貨を大量に保有している「クジラ」と呼ばれる人々がビットコインを買い貯めていることがこれまでの価格動向の背後にあると説明しています。

また、この他にも同氏は番組の中で「ビットコイン価格が220万円近く高騰した際に売り抜けた投資家たちが徐々に市場に戻ってきている」とも語っています。

以前から「ビットコイン価格を予測するためには"200日移動平均線"を見ることが重要になる」と語り続けていたリー氏は、今回の価格急騰によってビットコインは200日移動平均線を上抜けているため「ビットコインは強気相場に移行した」と考えています。実際に価格がやや下落している2019年4月5日時点でもビットコイン価格は「200日移動平均線」を上回るラインでの推移を続けています。

ビットコインは2019年4月2日の価格急騰で「200日移動平均線(黄色ライン)」を上抜け(画像:bitbank)ビットコインは2019年4月2日の価格急騰で「200日移動平均線(黄色ライン)」を上抜け(画像:bitbank)

今後の市場をみる上での重要ポイント

ビットコイン価格の上昇を支える要因はこの他にも複数の要因があります。リー氏は今年の2月に「2019年の仮想通貨市場を予測する上で重要となる9つのポジティブ要因」があることを語っており、
・機関投資家の流入
・法定通貨から仮想通貨への流入
・発展途上国や地域の市場
・米ドルの下落
・セキュリティのインフラが整う
Lightning Networkの拡張性向上
などといった複数の項目を挙げています。

同氏はこれらの要因を語る中で「2019年末までには200日移動平均線を上抜ける」とも語っていたため、今回の価格急騰でこの予想が的中したことになります。しかし、現時点ではまだ完璧に強気相場に移行したとは言えないのも事実であるため、今後は200日移動平均線よりも高い水準を維持できるかが重要になると考えられます。

多くの専門家たちは「仮想通貨の冬は終わった」と語っていますが、以前として「まだビットコインは底を打っていない」との意見も出ているため、今後数週間は注意が必要であると言えるでしょう。

リー氏は、彼自身が「今ビットコインを買っているかどうか」を尋ねられた際に『Fundstrat(リー氏が共同設立した投資顧問会社)は個人に対して"自分の純資産の1〜2%をビットコインに投資すること"を推奨する』と語り、尋ねられた質問をほぼ無視しています。

仮想通貨投資は比較的気軽に始めることができるものの「資金の移動方法がやや複雑なこと」や「詐欺などの行為が依然として多いこと」などもあるため、投資経験のない人が最初から巨額の資金を投資することは危険でもあります。その他多くの専門家もリー氏と同様に「投資する際には失っても良い資金の範囲内で」と念を押しているため、実際にビットコインを購入する際には無理のない範囲で投資するようにしましょう。

2019年4月5日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日4日に58万円近くまで上昇しましたが、その後は停滞が続いており、2019年4月5日時点では「1BTC=556,903円」で取引されています。

2019年3月29日〜2019年4月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月29日〜2019年4月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

ビットポイント:仮想通貨の「受金(預入)サービス」再開へ|資産管理方法も改良

ビットポイント:仮想通貨の「受金(預入)サービス」再開へ|資産管理方法も改良

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

韓国大手仮想通貨取引所「Upbit」ハッキング被害か?600億ウォン相当の異常送金を確認

韓国大手仮想通貨取引所「Upbit」ハッキング被害か?600億ウォン相当の異常送金を確認

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す