ビットコイン暴落後の反発で現在80万円台、今後は?

by BITTIMES

先週から今週にかけて急激な暴落を見せたビットコイン(BTC)、世界の株式市場で株価が大幅に下落したことで、投資家がリスク回避をする姿勢を強めました。一時は 60万円台まで落ち込んだビットコインですが、反発後80万円台を前後しており今後の動きに注目が集まります。

米国株式市場との関係性

基本的には、株式市場が下落するとそれに伴ってリスクのある高い価値をつけている資産は売られる傾向があります。

今回はNYダウの暴落が1つの原因として考えられます。しかし現在、米国株式は大幅に反発しており、NYダウは567ドル高となっていることを考えると、ビットコイン含め、各仮想通貨の急激な下落も一旦はストップするのではないか?との見方も強まっています。

ネガティブニュースの拡散が危険視されている?

また世界各国で、仮想通貨の規制が強まるというニュースが相次いでいますが、その一方で、極端な規制は設けず、前向きな姿勢を見せているところも多くあります。

アメリカでのクレジットカードを使った仮想通貨の購入の規制のニュースが話題になりましたが、オーストラリアの大手銀行では、クレジットカードでの購入を規制する予定はないことも分かっています。

仮想通貨に対してネガテイブな印象を与えてしまうニュースが多く取り上げられている事もあり、規制などに対しても今よりも慎重に進める必要があるという意見も世界中で出ているため今後の動きに注目している投資家も多いようです。

2月7日ビットコインチャート2月7日14時のビットコインの値動き

2月7日14時の時点ではビットコインの価格は、約 82万円となっています。

]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

注目度の高い仮想通貨ニュース

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!"あの"話題も再浮上

Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す