IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は、2019年7月2日に公開したプレスリリースで仮想通貨「アイオータ(IOTA/MIOTA)」を安全に保管するためのソフトウェアウォレットである「Trinity Wallet(トリニティ・ウォレット)」をリリースしました。

こちらから読む:高級ファッションブランドが技術活用「IOTA/MIOTA」関連ニュース

IOTA公式ソフトウェアウォレット「Trinity」公開

Trinity

IOTA財団は、2019年7月2日に公開したプレスリリースで仮想通貨「アイオータ(IOTA/MIOTA)」を安全に保管することができるソフトウェアウォレット「Trinity Wallet(トリニティ・ウォレット)」をリリースしたことを発表しました。

「29言語」と「様々なOS」に対応

「Trinity Wallet」は、Mac、Windows、Linux、iOS、Androidなどのスマートフォンやパソコンで利用することができ、日本語を含めた合計29言語に対応しています。

初心者・上級者の両方が利用できる設計

また「直感的に操作できるデザイン」と「使いやすい機能」を搭載しており、新規ユーザーと上級者ユーザーの両方が利用できるように設計されているため、ユーザーはIOTAトークンを簡単に「送信・受信・保管」することができます。

ウォレットのテーマは自分自身でカスタマイズできるようになっているため、ユーザーはテーマを選択して自分の好みにあったウォレット使用することができます。

ハードウェアウォレットとの互換性

Trinityは、
・Ledger Nano S
・Ledger Nano X
・Ledger Blue
ハードウェアウォレットと互換性があります。

TrinityとLedgerを組み合わせて使用​​することによって、IOTAトークンの保存とアクセスに比類のないセキュリティが提供されます。

生体認証(バイオメトリック)技術も搭載

ウォレットには、追加のセキュリティ要素として「生体認証(バイオメトリック)技術」も搭載しています。これによってウォレットのロックを解除する際の操作を単純化し、安心してウォレットを使用できる環境を提供しています。

「価格グラフ作成」と「フィアット変換レート」

Trinityには「トークン価格を簡単に確認できるグラフ」と「法定通貨の換算レート」も搭載されており、価格と市場の変化を追跡して、フィアット換算でIOTAを簡単に処理する機能をユーザーに提供しています。

より詳しい情報は「Trinity Wallet」の公式サイトに記載されているため、詳細を知りたい方はそちらをご覧ください。
>>「Trinity Wallet」の公式サイトはこちら

2019年7月3日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、先月28日に42円まで下落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年7月3日時点では「1MIOTA=43.64円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年6月19日〜2019年7月3日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月19日〜2019年7月3日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

ビットコインデビットカード初心者に最適なVANDLE CARD(バンドルカード)

ビットコインデビットカード初心者に最適なVANDLE CARD(バンドルカード)

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

楽天ウォレット:証拠金取引で「建玉管理料無料キャンペーン」開始

楽天ウォレット:証拠金取引で「建玉管理料無料キャンペーン」開始

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す