IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は、2019年7月2日に公開したプレスリリースで仮想通貨「アイオータ(IOTA/MIOTA)」を安全に保管するためのソフトウェアウォレットである「Trinity Wallet(トリニティ・ウォレット)」をリリースしました。

こちらから読む:高級ファッションブランドが技術活用「IOTA/MIOTA」関連ニュース

IOTA公式ソフトウェアウォレット「Trinity」公開

Trinity

IOTA財団は、2019年7月2日に公開したプレスリリースで仮想通貨「アイオータ(IOTA/MIOTA)」を安全に保管することができるソフトウェアウォレット「Trinity Wallet(トリニティ・ウォレット)」をリリースしたことを発表しました。

「29言語」と「様々なOS」に対応

「Trinity Wallet」は、Mac、Windows、Linux、iOS、Androidなどのスマートフォンやパソコンで利用することができ、日本語を含めた合計29言語に対応しています。

初心者・上級者の両方が利用できる設計

また「直感的に操作できるデザイン」と「使いやすい機能」を搭載しており、新規ユーザーと上級者ユーザーの両方が利用できるように設計されているため、ユーザーはIOTAトークンを簡単に「送信・受信・保管」することができます。

ウォレットのテーマは自分自身でカスタマイズできるようになっているため、ユーザーはテーマを選択して自分の好みにあったウォレット使用することができます。

ハードウェアウォレットとの互換性

Trinityは、
・Ledger Nano S
・Ledger Nano X
・Ledger Blue
ハードウェアウォレットと互換性があります。

TrinityとLedgerを組み合わせて使用​​することによって、IOTAトークンの保存とアクセスに比類のないセキュリティが提供されます。

生体認証(バイオメトリック)技術も搭載

ウォレットには、追加のセキュリティ要素として「生体認証(バイオメトリック)技術」も搭載しています。これによってウォレットのロックを解除する際の操作を単純化し、安心してウォレットを使用できる環境を提供しています。

「価格グラフ作成」と「フィアット変換レート」

Trinityには「トークン価格を簡単に確認できるグラフ」と「法定通貨の換算レート」も搭載されており、価格と市場の変化を追跡して、フィアット換算でIOTAを簡単に処理する機能をユーザーに提供しています。

より詳しい情報は「Trinity Wallet」の公式サイトに記載されているため、詳細を知りたい方はそちらをご覧ください。
>>「Trinity Wallet」の公式サイトはこちら

2019年7月3日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、先月28日に42円まで下落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年7月3日時点では「1MIOTA=43.64円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年6月19日〜2019年7月3日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月19日〜2019年7月3日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

XRP(リップル)価格「10円台」まで下落か|人気のベテラントレーダーが予想

XRP(リップル)価格「10円台」まで下落か|人気のベテラントレーダーが予想

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

オーケーコイン・ジャパン「暗号資産現物取引サービス」提供開始

オーケーコイン・ジャパン「暗号資産現物取引サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月13日〜19日

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す