ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

by BITTIMES

仮想通貨やブロックチェーン技術を活用して"月"の土地を商標化する世界初の取り組みを行なっている「DIANA(ダイアナ)」は、それらを取引することができる分散型アプリケーション(DApps)のサービスを2019年7月20日から開始したことを発表しました。

こちらから読む:ConsenSys、宇宙開発の"民主化"目指す「宇宙」関連ニュース

DIANA(ダイアナ)とは

DIANA(ダイアナ)は、ブロックチェーン技術を活用して月の登記を試みているプロジェクトです。同社はイーサリアム(ETH)ベースのトークンである「DIA」を発行しており、登記を行なった人にはこのDIAを発行しています。

同社は、月の土地を一定の面積に分割して管理しており、一つのセルを「約9,790m²」として「合計3,874,204,892個」に分割し、これら一つのセルを1DIAとして発行しています。公式サイトではERC-20アドレスを登録すると、月の画像が表示されるようになっており、自分自身で場所を選択することができるようになっています。

DIANAが公開したプレスリリースでは、国際連合によって発行された宇宙条約には「月や天体は特定の国の所有物ではなく、人類共同の遺産である」と明記されているものの、月に存在する莫大な資源に目を付けた特定の国家や企業による、月の所有権を巡った争いは、日を増すごとに熾烈なものになっていると指摘されています。

このような問題を解決しようと試みている「DIANA」は、ブロックチェーン技術や仮想通貨を用いて誰でも簡単に"月の登記"を行えるようにし、集団で登記を推進することによって「月は誰のものなのか?」という疑問に対する答えを提示しようとしていると説明されています。

誰でも簡単に参加できる「月の登記システム」を提供

同社は「DIANA登記システム」というプラットフォームを公式サイトで提供することによって、誰でも簡単に参加できる環境を提供しており、イーサリアム関連のICOに参加したことがある人であれば数分〜数時間で登記を完了できる方法を提供しています。

記事執筆時点で「1DIA」の価格は「1ドル(約108円)」となっており、10区画から取得することができるようになっています。また、登記を行なった人物は自分が選択した登記領域に「固有名詞」を付与することができるようになっており、大切な人や家族などにそれらをプレゼントすることもできるとも説明されています。

DIANAはプレスリリースの中でこのプロジェクトについて次のように説明しています。

ブロックチェーン技術を基盤とした登記サービスは、高い透明性や信頼性を持った権利保障を通じて、これまで土地の取引や記録などを革新的に変化させることができるサービスです。

DIANAプロジェクトは、世界で初めて人類共同の遺産である月を、公平かつ平和的に所有できるようにすることは勿論のこと、人々の月に対しての関心を高めることができる、絶好のチャンスです。

ここ数年間で宇宙に関する人々の関心は急速に高まっており、以前から一部の富裕層の人々は月の土地を購入していました。宇宙に関する法律は未だに曖昧な部分も多いため、そのような「月の所有権」がこれからどのような扱いになっていくかは定かではないものの、世界中の誰もが気軽に参加できる「DIANA」のプロジェクトは一般の人々から注目を集めることが予想されます。

>>「DIANA」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す