ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

by BITTIMES

仮想通貨やブロックチェーン技術を活用して"月"の土地を商標化する世界初の取り組みを行なっている「DIANA(ダイアナ)」は、それらを取引することができる分散型アプリケーション(DApps)のサービスを2019年7月20日から開始したことを発表しました。

こちらから読む:ConsenSys、宇宙開発の"民主化"目指す「宇宙」関連ニュース

DIANA(ダイアナ)とは

DIANA(ダイアナ)は、ブロックチェーン技術を活用して月の登記を試みているプロジェクトです。同社はイーサリアム(ETH)ベースのトークンである「DIA」を発行しており、登記を行なった人にはこのDIAを発行しています。

同社は、月の土地を一定の面積に分割して管理しており、一つのセルを「約9,790m²」として「合計3,874,204,892個」に分割し、これら一つのセルを1DIAとして発行しています。公式サイトではERC-20アドレスを登録すると、月の画像が表示されるようになっており、自分自身で場所を選択することができるようになっています。

DIANAが公開したプレスリリースでは、国際連合によって発行された宇宙条約には「月や天体は特定の国の所有物ではなく、人類共同の遺産である」と明記されているものの、月に存在する莫大な資源に目を付けた特定の国家や企業による、月の所有権を巡った争いは、日を増すごとに熾烈なものになっていると指摘されています。

このような問題を解決しようと試みている「DIANA」は、ブロックチェーン技術や仮想通貨を用いて誰でも簡単に"月の登記"を行えるようにし、集団で登記を推進することによって「月は誰のものなのか?」という疑問に対する答えを提示しようとしていると説明されています。

誰でも簡単に参加できる「月の登記システム」を提供

同社は「DIANA登記システム」というプラットフォームを公式サイトで提供することによって、誰でも簡単に参加できる環境を提供しており、イーサリアム関連のICOに参加したことがある人であれば数分〜数時間で登記を完了できる方法を提供しています。

記事執筆時点で「1DIA」の価格は「1ドル(約108円)」となっており、10区画から取得することができるようになっています。また、登記を行なった人物は自分が選択した登記領域に「固有名詞」を付与することができるようになっており、大切な人や家族などにそれらをプレゼントすることもできるとも説明されています。

DIANAはプレスリリースの中でこのプロジェクトについて次のように説明しています。

ブロックチェーン技術を基盤とした登記サービスは、高い透明性や信頼性を持った権利保障を通じて、これまで土地の取引や記録などを革新的に変化させることができるサービスです。

DIANAプロジェクトは、世界で初めて人類共同の遺産である月を、公平かつ平和的に所有できるようにすることは勿論のこと、人々の月に対しての関心を高めることができる、絶好のチャンスです。

ここ数年間で宇宙に関する人々の関心は急速に高まっており、以前から一部の富裕層の人々は月の土地を購入していました。宇宙に関する法律は未だに曖昧な部分も多いため、そのような「月の所有権」がこれからどのような扱いになっていくかは定かではないものの、世界中の誰もが気軽に参加できる「DIANA」のプロジェクトは一般の人々から注目を集めることが予想されます。

>>「DIANA」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

クリスマスを前に「ビットコインATM」導入:米大手ショッピングモールSimon Malls

クリスマスを前に「ビットコインATM」導入:米大手ショッピングモールSimon Malls

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す