JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

by BITTIMES   

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は本日10日、2018年12月〜2019年7月の期間における「国内取引所の仮想通貨取引量・保有量」などのデータをまとめた統計情報を公開しました。

こちらから読む:LINE子会社、仮想通貨交換業のライセンス取得「国内ニュース」

2018年12月〜2019年7月「国内取引所統計情報」

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が公開したデータには、2018年12月〜2019年7月の期間における、国内取引所のデータがまとめられており、
・仮想通貨取引量
・利用者預託金残高
・証拠金取引建玉残高
・利用者口座数
・ビットコインの現物保有量
・ビットコインの証拠金取引建玉
・主要仮想通貨の現物保有状況
といった情報が記載されています。

ビットコイン(BTC・XBT)の利用者保有状況

ビットコイン(BTC・XBT)の利用者保有状況(画像:JVCEA)ビットコイン(BTC・XBT)の利用者保有状況(画像:JVCEA)

ビットコイン価格は2018年12月〜2019年3月末にかけて「40万円前後」で停滞し、その後は6月末にかけて大幅に回復しましたが、今回公開された「ビットコイン(BTC・XBT)利用者保有状況」を見ると、ビットコイン現物の保有数は2018年12月から少しづつ減少していることが示されています。

証拠金取引における「売建」の数量は大幅に減少しているため、昨年から続いている下落相場で「ショートポジション」を保有していたトレーダーの多くが、ポジションを決済していることがわかります。

このデータから考えると、投資家の多くは「売り」から「買い」へと移行し始めていることがわかります。しかし「ビットコイン現物の保有量」や「証拠金取引の買建数量」はあまり増加していないため、現在は買いのタイミングを見極めている人が多い可能性があります。

一部の著名アナリスト達は「ビットコインは"本格的な強気相場"に突入する前に再度下落し、一時的に80万円付近まで下落する」と予想しているため、その時が本格的な「買い」のタイミングとして判断される可能性があります。

主要仮想通貨利用者の現物保有状況

主要仮想通貨利用者の現物保有状況(画像:JVCEA)主要仮想通貨利用者の現物保有状況(画像:JVCEA)

「主要仮想通貨利用者の現物保有状況」のデータを見ると、依然としてエックスアールピー(XRP)の保有者数が圧倒的に多いことがわかりますが、今年4月には「BTC保有額」が「XRP保有額」を上回っていることもデータとして示されています。

日本は特に"XRP保有者"が多いことでも知られており、昨年12月時点ではXRPがBTCを上回っていたものの、2019年4月以降はBTCがXRPを上回っています。2019年4月は、ビットコイン価格の上昇が始まった月でもあるため、このデータは「BTCの価格上昇」に関連したものであると予想されますが、最近ではRipple社が行なっている「XRPの投げ売り」が価格にも影響を及ぼしていると批判する意見も多く出ているため、XRPの回復にはいくつかの課題が残されていると考えられます。

金額で見るとビットコインがXRPを上回っていますが「XRPの現物保有量」自体はそれほど変化していないため、今後のの動きにも注目です。Ripple社は今年11月に同社主催の大型カンファレンス「SWELL 2019」の開催を予定しているため、このイベントに向けてXRPを購入する人々が増加する可能性もあると予想されます。

仮想通貨の現物取引高ランキング(2019年7月)

2019年7月 仮想通貨の現物取引高ランキング(画像:JVCEA)2019年7月 仮想通貨の現物取引高ランキング(画像:JVCEA)

仮想通貨の現物取引高ランキングを金額ベースでみると、2019年7月時点の日本では、
1.ビットコイン(Bitcoin/BTC)
2.エックスアールピー(XRP/XRP)
3.モナコイン(Monacoin/MONA)
4.イーサリアム(Ethereum/ETH)
5.ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
6.ライトコイン(Litecoin/LTC)
という順番になっています。

今回のランキングでは、モナコインがイーサリアムを上回る結果となりましたが、これは仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)が6月にモナコインの取り扱いを開始したことも影響していると予想されます。

現在の仮想通貨市場は徐々に回復に向かいつつあり、ビットコイン価格に関しても「現在の短期的な下落が終わった後には大幅に上昇する」といった意見も強まってきています。

今回の報告では、日本国内の仮想通貨取引所を利用する人々の口座数が2019年7月時点で300万を突破したことも報告されているため、今後の仮想通貨市場の成長にはさらに期待が高まります。

>>「JVCEA」が公開したデータはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

仮想通貨投資で200%の利益を出すPantera Capital CEOの戦略とは?

仮想通貨投資で200%の利益を出すPantera Capital CEOの戦略とは?

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

注目度の高い仮想通貨ニュース

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

楽天ウォレット:仮想通貨売買で「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーン開催

楽天ウォレット:仮想通貨売買で「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーン開催

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

DeCurret「デジタル通貨の処理自動化」に向け共同検証|ウェブマネー・KDDIなどと協力

DeCurret「デジタル通貨の処理自動化」に向け共同検証|ウェブマネー・KDDIなどと協力

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す