ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2019年9月に入ってからはやや回復してきていたものの、ここ最近で再び2度の急落を見せており、記事執筆時点では110万付近で停滞を続けています。このような状況の中で複数のアナリストやトレーダーたちは『ビットコインは7,500ドル(約80万円)付近まで急落する可能性がある』と語っており、本格的な強気相場突入までにはもう少し時間がかかるとの見解を示しています。

こちらから読む:1,000億円相当のBTC移動を確認「ビットコイン」関連ニュース

金チャートとの類似性「さらに30%下落」の可能性も?

ビットコイン(BTC)の価格は、先週6日に117万円付近まで回復したものの、その後は2度の急落を見せており、記事執筆時点では「1BTC=1,116,228円」で推移しています。ここ最近では今月2日頃から価格上昇が続いていたことなどから、下落相場の終了を期待する意見も多数出ていましたが、今回の下落によってアナリストたちの下落予想が再び目立ってきています。

過去数回に渡る価格下落では、100万円付近のサポートライン(支持線)が維持されていたため、再度ビットコインで急落が見られたとしても100万円付近で反発する可能性がありますが、一部のアナリストたちは「ビットコインの100万円付近のサポートはやがて破られることになり、7,500ドル(約80万円)付近まで下落する可能性がある」と予想しています。

仮想通貨トレーダーである「il Capo Of Crypto(@CryptoCapo_)」氏は、2019年9月3日のツイートで「2012年〜2013年の金(ゴールド)のチャート」と「過去数カ月間のBTCチャート」を比較した画像を掲載し、それら2つのチャートに類似性があると語っています。

(画像:@CryptoCapo_)(画像:@CryptoCapo_

この画像は、金とビットコインの両方がRSI(相対力指数)で"買われすぎ"のレベルに達した後に下落していることを示しており、金のチャートでは一定期間横ばいの状態が続いた後にサポートラインを大きく下回るほどの急落が見られています。

同氏はここ最近のビットコインの動きがこの時期の金の動きに類似していることを指摘しており、今後も同様の動きが見られた場合にはビットコイン価格が7,200ドル〜7,500ドル(約77万〜80万円)付近まで下落する可能性があると予想しています。これは現在価格からおよそ30%ほど下落することを意味します。

最も可能性の高いシナリオ「11月に80万円まで急落?」

ビットコイン価格の下落を予想しているアナリストは「il Capo Of Crypto(@CryptoCapo_)」氏だけではありません。仮想通貨アナリストである「Bitcoin 𝕵ack(@BTC_JackSparrow)」氏も同様に『ビットコインが現在のサポートを下回る可能性は高い』と予想しています。

同氏は2019年9月7日のツイートで、今後ビットコイン市場で起こる最も可能性の高いシナリオとして「11月上旬の下落でBTC価格が7,400ドル(約79万円)付近まで下落し、そこからの大きな反発が起こる」との予想を語っています。

(画像:@BTC_JackSparrow)(画像:@BTC_JackSparrow

同氏は「11月上旬頃に79万円付近まで急落する」と予想してはいるものの、その後は大きな反発によって10,000ドル(約107万円)を突破し、過去最高値に向かうことになると考えています。

80万円付近までの下落を予想する意見は多いものの、2020年5月頃にはビットコインが半減期を迎える予定となっているため「将来的に上昇する」という意見は依然として変わっていません。著名なアナリストたちも下落の可能性を示唆するコメントを語っていますが、それと同時に80万円付近までの下落は"買いのチャンス"だと語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

クロアチアの郵便局「仮想通貨5銘柄の交換サービス」を55箇所で展開

クロアチアの郵便局「仮想通貨5銘柄の交換サービス」を55箇所で展開

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す