意外と知られていない、ビットコインに関する「5つの事実」

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)は今や世界中の人々に知られる代表的な暗号資産となりましたが、その歴史や詳しい情報を深掘りすると、まだ人々にあまり知られていない事実が数多く見つかります。この記事では「意外と知られていないビットコインに関する事実」を5つ紹介します。

こちらから読む:仮想通貨「ビットコイン」の関連ニュースを新着順で

2010年8月15日「1,844億BTCが発行された」

BTC

ビットコイン(BTC)が誕生して間もない2010年8月15日、仮想通貨業界で「Value overflow incident(バリュー・オーバーフロー・インシデント)」と呼ばれる事件が起こりました。ブロックの高さ「74638」で発生したこの事件では、未知のハッカーがビットコインのブロックチェーンに攻撃を仕掛け「約1,844億BTC(正確には184,467,440,737.09551616BTC)」を作成したと報告されています。

しかし、ビットコインの開発者たちはこの問題に迅速に取り組んでおり、問題発生から5時間以内にはこの問題を解決する「BTCバージョン0.3.1」がリリースされ、問題となった1,844億BTCは消去されています。

ビットコインが大量に発行されてしまった場合には希少価値も下がることになるため、この問題が解決されていなければ、ビットコインの価値は今よりも遥かに低いものになっていたことでしょう。

BTCから派生したアルトコインは「436種類」

coin

2019年9月時点では、世界に合計2,651種類もの仮想通貨が存在していると言われていますが、驚くべきことにこのうち436種類の仮想通貨はビットコインから派生した仮想通貨だと言われています。

436種類全ての仮想通貨が「ビットコインから"直接"分裂したもの」という訳ではありませんが、これらのコインはライトコイン(LTC)ドージコイン(DOGE)のように、間接的なフォーク(分裂)を繰り返すことによって生み出されています。

ビットコインから派生したアルトコインの「名称」や「発生までに辿ったルート」などの情報は、「MAP of COINS」と呼ばれるサイトで確認することができます。

初期のフォーセット報収量は「1人あたり5BTC」

BTC-Reward

仮想通貨を無料でもらうことができる「Faucet(フォーセット)」のサービスは現在も多数提供されていますが、ビットコインの初期開発者の一人であるGavin Andresen(ギャビン・アンドレセン)氏が2010年6月に作成した最初の「ビットコイン・フォーセット」では、全ての訪問者に「5BTC」が配布されていました。

現在価格に換算すると「全ての訪問者に500万円以上を配布していた」ということになりますが、2010年のビットコイン価格は0.1円〜10円程度であったため、当時フォーセットでビットコインを集めていた人々は、お小遣い程度の感覚だったと予想されます。

これは、ビットコインの採用を使用を促進することを目的として行われていたものですが、当時からコツコツとビットコインを貯めていた人は、現在億万長者になっていることでしょう。ちなみに現在公開されている一般的なフォーセットでは、100万分の1BTCである「Satoshi(サトシ)」単位での配布が行われています。

1BTC保有しているアドレス数は「約732,000」

Bitcoin-People

ビットコインの保有量には大きな格差があることはよく知られており「一握りの人のみが大量のビットコインを保有している」と言われていますが、合計1BTC以上を保有しているアドレスの数はたったの「732,982」だと報告されています。

また、ビットコインを大量に保有しているTOP100のアドレスには特に多くのビットコインが保管されていることも報告されています。これらのアドレスの中には大手仮想通貨取引所が所有しているアドレスも含まれていますが、未だに持ち主のわからない"未知のアドレス"も多数含まれています。

「0.1〜1BTCくらいなら保有している」という人は、現時点でも多数存在すると予想されますが、将来的には「0.28BTC」を保有している人でさえもごく僅かになると言われています。

Satoshi(サトシ)は「最小単位ではない」

satoshi

0.00000001BTCという少額のビットコインを表す際に「Satoshi(サトシ)」という単位を用いることは多くの人々に認知されていますが、この「Satoshi」がビットコインの最小単位ではないということをご存知でしょうか?

実は"サトシ"よりもさらに小さい単位として、サトシの1,000分の1を表す「ミリサトシ(MSAT)」という単位が存在します。この単位は実際にLightning Network(ライトニングネットワーク)内ですでに使用されています。

つまり、ビットコインを表す単位には「BTC・SAT・MSAT」の3種類があるということになるため、豆知識として覚えておくと良いでしょう。
1 SAT = 1000 MSAT
1 SAT = 0.00000001 BTC
1 MSAT = 0.00000000001 BTC

(参照元:Bitcoinist.com

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

F2PoolでSegwit開始!ワン氏「coreは私を愛していない」

F2PoolでSegwit開始!ワン氏「coreは私を愛していない」

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

注目度の高い仮想通貨ニュース

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す