ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

by BITTIMES   

シンガポールに本拠を置くブロックチェーン企業「プンディエックス(PundiX/NPXS)」は、これまで「XPhone」として知られていたブロックチェーンスマートフォンの名称を「Blok on Blok(BOB)」として改め、新しくなった外観と共に「2019年国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA 2019)」で発表しました。

こちらから読む:サムスン、KlaytnPhone発売へ「スマートフォン」関連ニュース

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」

(画像:functionx.io)(画像:functionx.io)

プンディエックス(PundiX/NPXS)のブロックチェーンスマートフォンは、これまでは「XPhone」という名前で呼ばれていましたが、今回の発表では正式な製品名として「Blok on Blok(BOB)」という名称がつけられています。

Blok on Blok(BOB)は、世界初のフルブロックチェーンOSである「Function X」のブロックチェーン上で全てのデータが実行される初めてのスマートフォンであり、サービスプロバイダーはユーザーのデータを保有することができないようになっていると説明されています。

つまり、BOBで行う通話やテキストメッセージなどといったあらゆるデータは、ブロックチェーン上で完全に分散化されることになり、プライバシーとセキュリティが保護されることになります。

「ブロックチェーンモード」と「Androidモード」

BOBの魅力の1つとしては、ユーザーが「ブロックチェーンモード」と「Androidモード」を気軽に切り替えることができる点が挙げられます。「ブロックチェーンモード」では先述したように"Function X"のOS上で動作が実行されますが、「Androidモード」に切り替えると使い慣れているAndroidデバイスと同じようにBOBを使用することができます。

付属の組み立てキットで「カスタマイズも可能」

BOBの2つ目の魅力は、ユーザーがスマートフォンのデザインをカスタマイズすることができるという点です。BOBには組み立てキットが付属しているため、ユーザーは取り外し可能なパーツを用いて自分の好みのデザインにカスタマイズすることができます。また、外部アクセサリを使用して他にはない独自のスマートフォンにすることもできると伝えられています。

(画像:Coindesk)(画像:functionx.io)

BOBは最初に5,000台のみが生産される予定となっており、先行予約は「Kickstarter」と「XWallet」で行うことができるとされています。販売価格は599ドル(約6万4,000円)以上とのことです。詳しい情報は「Function X」の公式サイトにも記載されているため、そちらをご覧ください。

>>「Blok on Blok(BOB)」の詳細はこちら

2019年9月12日|PundiX(NPXS)の価格

プンディエックス(PundiX/NPXS)の価格は5月末に0.12円まで回復したものの、その後は下落傾向が続いており、2019年9月12日時点では「1NPXS=0.038円」で取引されています。

NPXSを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年3月16日〜2019年9月12日 NPXSのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月16日〜2019年9月12日 NPXSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:マイニングプールで「初のビットコインブロック生成」を完了

BINANCE:マイニングプールで「初のビットコインブロック生成」を完了

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

買い物・アンケートでビットコインがもらえる「ビットスタート」登録会員30万人突破

買い物・アンケートでビットコインがもらえる「ビットスタート」登録会員30万人突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

Chiliz&Socios:プレミアリーグ所属「Leeds United FC」提携|$LUFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:プレミアリーグ所属「Leeds United FC」提携|$LUFCファントークン発行へ

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す