ビットコイン価格にも影響か?EU加盟国「ブレグジットの延期」に合意

by BITTIMES

欧州連合(EU)は2019年10月28日に「イギリスのEU離脱(ブレグジット)」の期限を2020年1月31日まで延期することで合意したと発表しました。これに伴い仮想通貨業界では『ブレグジットに備えて買われていたビットコイン(Bitcoin/BTC)が売られる可能性がある』と囁かれています。

こちらから読む:中国政府関係者、トレーダーに"落ち着き"求める「仮想通貨」関連ニュース

EU加盟国「ブレグジット延期」に合意

欧州連合(EU)の大統領に相当する欧州理事会のDonald Tusk(ドナルド・トゥスク)常任議長は、2019年10月28日のツイートで「EUに加盟する27カ国が、本来は2019年10月31日までとなっていた"イギリスのEU離脱(ブレグジット)の延長期限"を最長2020年1月31日まで延期することで合意した」と発表しました。

EUに加盟する27カ国は、ブレグジットを2020年1月31日まで「フレックステンション(*1)」したいというイギリスの要請を受け入れることで合意しました。この決定は今後、書面手続きで正式化される予定です。
(*1)フレックステンション(柔軟な延期):2019年3月21日にブリュッセルで行われた会合でEU側が英国に提案した、英国が継続してEU加盟国でいられる期限の延長のこと。イギリス議会が離脱期日までに離脱協定を承認すれば、その時点で離脱が可能になる。

イギリスのBoris Johnson(ボリス・ジョンソン)首相は以前から『EUとの合意が得られようが得られまいが、2019年10月31日の期限までには必ず離脱する』と語っていましたが、今年9月にイギリス議会が「合意なき離脱を封じる離脱延期法(ベン法)」を可決したため、ジョンソン首相はEUに離脱期限の延長を要請することを義務付けられています。

今後EU側は"新たな離脱期限"に対するイギリス側の正式な承認を待つことになります。EU加盟国は英国の返答から24時間以内であれば延期を拒否する権利を有していますが、加盟国が拒否しなかった場合には「EU27カ国の書面による承認」という形で"離脱延期"が正式に決定することになります。

離脱延期で「ビットコイン売り」の可能性も?

ボリス・ジョンソン首相が『EUの合意に関係なく期限までには必ず離脱する』と語っていた時には「離脱によって英ポンド(GBP)の価値が急落し、避難先としてビットコインが買われる」といわれていましたが、「延期が決定することによって、これまで買われていたビットコインが売られる」といった意見も出ています。

イギリスのEU離脱を見越してビットコインを購入しているヘッジファンドが存在していることは以前にも報告されていたため、延期が正式に決定した場合にはそれらのビットコインが売られる可能性が強まることになります。

離脱延期の正式決定の手続きは「今月30日までには完了する」と伝えられているため、今後の新たな発表やビットコインの動きには注意を払う必要があると考えられます。

2019年10月29日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月26日に110万円近くまで急騰したものの、その後は停滞が続いており、2019年10月29日時点では「1BTC=1,018,566円」で取引されています。

2019年10月22日〜2019年10月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月22日〜2019年10月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「証明書発行業務」デジタル化へ:オリックス銀行×LasTrust

ブロックチェーンで「証明書発行業務」デジタル化へ:オリックス銀行×LasTrust

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す