チュニジア中央銀行:ブロックチェーン用いた「デジタル通貨発行」を計画

by BITTIMES   

チュニジアの中央銀行がブロックチェーン技術を用いた中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を計画していることがロシアの国営通信社「TASS」の報道で明らかになりました。このデジタル通貨はロシアのブロックチェーン企業「Universa Blockchain」のプラットフォームで発行されると報じられています。

こちらから読む:コカ・コーラ、コスト削減に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ロシア企業「Universa Blockchain」と協力

チュニジア中央銀行は、ロシアのブロックチェーン企業「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームを通じて自国の法定通貨「ディナール(TND)」をデジタル化することを計画していると伝えられています。

この中央銀行デジタル通貨(CBDC)はチュニジア中央銀行によって管理されているため、同銀行が全ての取引の詳細情報にアクセスすることができるようになっています。また、この通貨には"紙幣"と同じように「独自の電子透かし」を搭載しているため、デジタル通貨を偽造することはできないようになっていると説明されています。

「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームは、デジタル化サービスを提供する産業用ブロックチェーンプラットフォームとなっており、「デジタルディナール」のプラットフォーム開発は約1年ほど前から進められていたと報告されています。

「デジタルディナール」に関する詳しい情報は明らかにされていないものの、「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームは「タバコやアルコールを購入することができないお金」や「特定の自治体内でしか利用することができない"市のお金"」などといった、特定の目的のための通貨を発行することができるようになっていると報告されているため、機能的なデジタル通貨が発行される可能性もあると考えられます。

チュニジアは早い時期から中央銀行デジタル通貨に関するプロジェクトに着手しており、2015年12月にはスイスのソフトウェア会社と協力して「eDinar」と呼ばれるデジタル通貨を開発しています。最近では中国バハマなどといった様々な国でCBDC発行の計画が発表されているため、今後もこのような動きはさらに加速していくことになると予想されます。

>>「TASS」の報道はこちら

チュニジア中央銀行は報道内容を否定:追記

(追記:2019年11月13日)

チュニジア中央銀行は「TASS」が報じた"CBDC発行計画"に関する報道の内容を否定しました。同銀行は「デジタル決済に関する様々な方法を検討しており、CBDCも計画の一部に含まれてはいるものの、導入に向けた動きはない」と説明しており、仮想通貨との関係性に関しても否定しています。

チュニジア中央銀行は現在、暗号通貨ではなくデジタル通貨の分野で「金融のデジタル化」に焦点を当てています。このサービスに関しては、特にサーバーセキュリティと金融の安定性の観点から、これらの新しいテクノロジーに内在する機会とリスクを研究しています。

チュニジア中央銀行は、デジタル通貨の作成を目的として国内外のプロバイダーとの連携をとっていません。

チュニジア中央銀行が公開した報道の否定文は以下のリンクからどうぞ。
>>「チュニジア中央銀行が公開したプレスリリース」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す