チュニジア中央銀行:ブロックチェーン用いた「デジタル通貨発行」を計画

by BITTIMES   

チュニジアの中央銀行がブロックチェーン技術を用いた中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を計画していることがロシアの国営通信社「TASS」の報道で明らかになりました。このデジタル通貨はロシアのブロックチェーン企業「Universa Blockchain」のプラットフォームで発行されると報じられています。

こちらから読む:コカ・コーラ、コスト削減に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ロシア企業「Universa Blockchain」と協力

チュニジア中央銀行は、ロシアのブロックチェーン企業「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームを通じて自国の法定通貨「ディナール(TND)」をデジタル化することを計画していると伝えられています。

この中央銀行デジタル通貨(CBDC)はチュニジア中央銀行によって管理されているため、同銀行が全ての取引の詳細情報にアクセスすることができるようになっています。また、この通貨には"紙幣"と同じように「独自の電子透かし」を搭載しているため、デジタル通貨を偽造することはできないようになっていると説明されています。

「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームは、デジタル化サービスを提供する産業用ブロックチェーンプラットフォームとなっており、「デジタルディナール」のプラットフォーム開発は約1年ほど前から進められていたと報告されています。

「デジタルディナール」に関する詳しい情報は明らかにされていないものの、「Universa Blockchain」が提供するプラットフォームは「タバコやアルコールを購入することができないお金」や「特定の自治体内でしか利用することができない"市のお金"」などといった、特定の目的のための通貨を発行することができるようになっていると報告されているため、機能的なデジタル通貨が発行される可能性もあると考えられます。

チュニジアは早い時期から中央銀行デジタル通貨に関するプロジェクトに着手しており、2015年12月にはスイスのソフトウェア会社と協力して「eDinar」と呼ばれるデジタル通貨を開発しています。最近では中国バハマなどといった様々な国でCBDC発行の計画が発表されているため、今後もこのような動きはさらに加速していくことになると予想されます。

>>「TASS」の報道はこちら

チュニジア中央銀行は報道内容を否定:追記

(追記:2019年11月13日)

チュニジア中央銀行は「TASS」が報じた"CBDC発行計画"に関する報道の内容を否定しました。同銀行は「デジタル決済に関する様々な方法を検討しており、CBDCも計画の一部に含まれてはいるものの、導入に向けた動きはない」と説明しており、仮想通貨との関係性に関しても否定しています。

チュニジア中央銀行は現在、暗号通貨ではなくデジタル通貨の分野で「金融のデジタル化」に焦点を当てています。このサービスに関しては、特にサーバーセキュリティと金融の安定性の観点から、これらの新しいテクノロジーに内在する機会とリスクを研究しています。

チュニジア中央銀行は、デジタル通貨の作成を目的として国内外のプロバイダーとの連携をとっていません。

チュニジア中央銀行が公開した報道の否定文は以下のリンクからどうぞ。
>>「チュニジア中央銀行が公開したプレスリリース」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

FUELHASH「クリプトレンディング」でバイナンスコイン(BNB)取扱開始【国内初】

FUELHASH「クリプトレンディング」でバイナンスコイン(BNB)取扱開始【国内初】

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す