イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のP2P取引プラットフォームである「LocalEthereum」は、2019年11月19日にその名称を「LocalCryptos」に改名し、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする複数の仮想通貨をサポートしていくことを発表しました。

こちらから読む:著名アナリスト、ETHの今後に強気姿勢「イーサリアム」関連ニュース

LocalEthereum(ローカルイーサリアム)とは?

LocalEthereum

LocalEthereum(ローカルイーサリアム)は、仮想通貨イーサリアム(ETH)を売買することができるピアツーピア市場として知られており、世界中で10万人以上の人々に利用されています。自分自身でウォレットを管理したまま仮想通貨と法定通貨を交換することができるこの取引所は毎日世界70カ国に住む約1,000人のオンラインユーザーに利用されており、1日あたり約200回の取引が行われています。

ピアツーピア(P2P)の仮想通貨取引所としては「LocalBitcoins」が広く知られていますが、現在の「LocalBitcoins」はフィンランドの規制当局に登録された公式の仮想通貨プラバイダーとしてサービスを提供しているため、匿名で取引を行うことはできないようになっており、複数の国ではサービスが利用できないようになっています。

一方「LocalEthereum」は、誰もが気軽に利用できるP2P取引所としての立場を維持しており、ユーザーネームとメールアドレスやMetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレットでログインして、スマートコントラクトを用いた安全な取引を行うことができる場を提供し続けています。

LocalCryptos(ローカルクリプト)としてサービス開始

LocalCryptos

LocalEthereumは、2019年11月19日のブログ記事でサービスの名称を「LocalCryptos(ローカルクリプト)」へと改名したことを発表しました。この名前からわかるように同サービスは、取引可能な仮想通貨をさらに拡大していくことを計画しています。

「LocalCryptos」は、今回の発表で『このプラットフォームはBTCとETHをはじめとする様々な仮想通貨と世界中の法定通貨をワンストップで交換することができる場だ』と説明しており、この決定は世界中のP2Pトレーダーにとって重要な転換点になると述べています。

ビットコインなど「複数の仮想通貨」サポートへ

新しくなった「LocalCryptos」でもユーザーは自分が保有している仮想通貨を自分自身のウォレットで管理することができ、イーサリアムの取引もこれまで通り行うことができますが、今回の変更では新たにビットコイン(BTC)の取引も行うことができるようになっています。

また、将来的には「イーサリアムベースの人気のトークン」も追加すると説明されており、その後は「ERC-20トークン」だけでなく「ERC-721トークン」を処理するための新しいスマートコントラクトも開発していく予定だとされています。

「LocalBitcoinsを凌ぐP2P取引所」誕生か

ここ最近では世界各国で仮想通貨関連の規制が強化されはじめており、一部の地域では国の情勢が悪化し、法定通貨に対する信頼が低下してきているため、自由に仮想通貨と法定通貨を交換することができるP2Pの仮想通貨取引プラットフォームは需要が高まってきています。

これまでは「LocalBitcoins」が主流のP2P取引プラットフォームとして世界中で利用されていましたが、今後は新しくなった「LocalCryptos」が広く利用されていく可能性もあると言えるでしょう。

>>「LocalCryptos」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

仮想通貨市場に影響力のある重要人物 5選

仮想通貨市場に影響力のある重要人物 5選

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す