イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のP2P取引プラットフォームである「LocalEthereum」は、2019年11月19日にその名称を「LocalCryptos」に改名し、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする複数の仮想通貨をサポートしていくことを発表しました。

こちらから読む:著名アナリスト、ETHの今後に強気姿勢「イーサリアム」関連ニュース

LocalEthereum(ローカルイーサリアム)とは?

LocalEthereum

LocalEthereum(ローカルイーサリアム)は、仮想通貨イーサリアム(ETH)を売買することができるピアツーピア市場として知られており、世界中で10万人以上の人々に利用されています。自分自身でウォレットを管理したまま仮想通貨と法定通貨を交換することができるこの取引所は毎日世界70カ国に住む約1,000人のオンラインユーザーに利用されており、1日あたり約200回の取引が行われています。

ピアツーピア(P2P)の仮想通貨取引所としては「LocalBitcoins」が広く知られていますが、現在の「LocalBitcoins」はフィンランドの規制当局に登録された公式の仮想通貨プラバイダーとしてサービスを提供しているため、匿名で取引を行うことはできないようになっており、複数の国ではサービスが利用できないようになっています。

一方「LocalEthereum」は、誰もが気軽に利用できるP2P取引所としての立場を維持しており、ユーザーネームとメールアドレスやMetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレットでログインして、スマートコントラクトを用いた安全な取引を行うことができる場を提供し続けています。

LocalCryptos(ローカルクリプト)としてサービス開始

LocalCryptos

LocalEthereumは、2019年11月19日のブログ記事でサービスの名称を「LocalCryptos(ローカルクリプト)」へと改名したことを発表しました。この名前からわかるように同サービスは、取引可能な仮想通貨をさらに拡大していくことを計画しています。

「LocalCryptos」は、今回の発表で『このプラットフォームはBTCとETHをはじめとする様々な仮想通貨と世界中の法定通貨をワンストップで交換することができる場だ』と説明しており、この決定は世界中のP2Pトレーダーにとって重要な転換点になると述べています。

ビットコインなど「複数の仮想通貨」サポートへ

新しくなった「LocalCryptos」でもユーザーは自分が保有している仮想通貨を自分自身のウォレットで管理することができ、イーサリアムの取引もこれまで通り行うことができますが、今回の変更では新たにビットコイン(BTC)の取引も行うことができるようになっています。

また、将来的には「イーサリアムベースの人気のトークン」も追加すると説明されており、その後は「ERC-20トークン」だけでなく「ERC-721トークン」を処理するための新しいスマートコントラクトも開発していく予定だとされています。

「LocalBitcoinsを凌ぐP2P取引所」誕生か

ここ最近では世界各国で仮想通貨関連の規制が強化されはじめており、一部の地域では国の情勢が悪化し、法定通貨に対する信頼が低下してきているため、自由に仮想通貨と法定通貨を交換することができるP2Pの仮想通貨取引プラットフォームは需要が高まってきています。

これまでは「LocalBitcoins」が主流のP2P取引プラットフォームとして世界中で利用されていましたが、今後は新しくなった「LocalCryptos」が広く利用されていく可能性もあると言えるでしょう。

>>「LocalCryptos」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

カナダ・オンタリオ証券取引委員会:暗号資産取引所「Bybit」を警告リストに追加

カナダ・オンタリオ証券取引委員会:暗号資産取引所「Bybit」を警告リストに追加

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

OKCoinJapan:年率111%・30日間「Flash Dealsキャンペーン」開催へ

OKCoinJapan:年率111%・30日間「Flash Dealsキャンペーン」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

OpenSea:イーサリアムL2「Arbitrum Nova」をサポート

OpenSea:イーサリアムL2「Arbitrum Nova」をサポート

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

Zaif:トロン(Tron/TRX)取扱いへ|ゲームトークンなどの新規上場も計画

Zaif:トロン(Tron/TRX)取扱いへ|ゲームトークンなどの新規上場も計画

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

DMMビットコイン:最大10万円が当たる「クリスマス&お年玉ダブルキャンペーン」開催中

DMMビットコイン:最大10万円が当たる「クリスマス&お年玉ダブルキャンペーン」開催中

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す