ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

by BITTIMES

世界中の人々とビットコイン(Bitcoin/BTC)を直接売買することができるピアツーピア(P2P)取引プラットフォーム「LocalBitcoins(ローカルビットコイン)」は、イランのユーザー向けサービスを停止したと伝えられています。ローカルビットコインは米国からの経済制裁を受けているイランやベネズエラなどの人々に多く利用されていた取引所でもあるため、今回の決定には注目が集まっています。

こちらから読む:米大手電話会社がBTC支払いを受け入れ「ビットコイン」関連ニュース

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは

LocalBitcoins-logo

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは、世界248カ国向けに提供されているビットコイン(BTC)のピアツーピア(P2P)取引プラットフォームです。フィンランドの首都ヘルシンキに本拠地を構える同取引所は、2012年6月に設立されて以来非常に多くの人々に愛用されており「世界中のユーザー同士でビットコインと現地通貨の店頭取引ができるOTC取引所」として知られています。

取り扱っている仮想通貨は"ビットコインのみ"ではあるものの、決済方法は「対面取引・銀行振込・PayPal・クレジットカード・アマゾンギフト券」など非常に多く、決済で利用できる法定通貨も日本円(JPY)を含めた数多くの現地通貨に対応しています。

取引方法としては「取引したい金額を指定して"広告"を出す方法」と「掲載されている広告を選択して購入する方法」があり、自分が掲載した広告が成立した場合には「1%」の手数料、掲載されている広告を選択して取引する場合は「手数料無料」となっています。

広告を掲載しないで既に作成されている広告を選択して取引を行うのであれば「本人確認書類」は必要なく、メールアドレスのみで利用することができるため、誰でも気軽にサービスを利用することができます。そのため「LocalBitcoins」は、仮想通貨取引所がない国や経済状況が不安定な国などでも積極的に利用されています。

イラン向けサービス停止|フィンランドの金融法が関連か

「LocalBitcoins」は、イランベネズエラのような国に住む人々にとって重要な仮想通貨取引所となっていましたが、同取引所は今週、イラン向けのサービスを正式に停止したと伝えられています。

複数の報道によると、現在イランのユーザーは「ビットコインを引き出すことはできるものの、取引を行うことはできない」とされています。イラン向けのサービスが停止された理由についての詳しい説明は行われていませんが、「LocalBitcoins」が拠点を構えているフィンランドの金融法が関連していると考えられています。

米国からの経済制裁を受けているイランでは、その問題を回避するために仮想通貨をうまく活用していこうとする動きがみられており、避難通貨となるビットコインの需要が急激に高まっていることなども報告されていましたが、今回「LocalBitcoins」での取引が禁止されたことによって、現地の人々はビットコインを購入しづらくなることになります。

ベネズエラも同様に米国からの制裁を受けてビットコインの需要が高まっている国の一つでもあるため、今後「LocalBitcoins」の利用制限がその他の地域にも拡大するようであれば、ビットコインの採用が進んでいたこれらの地域はさらに深刻な状況に追い込まれることになると予想されます。

また「LocalBitcoins」は、"売り手の仮想通貨を保管して取引が成立した後に買い手にその仮想通貨を渡す"という基本的なエスクロー・サービスを提供しているため、今回の制限がかけられることによってサービスが不安定になる可能性があるとの意見も出ています。

世界中の人々が利用できるビットコイン取引プラットフォームとして知られている「LocalBitcoins」が、今後どのような対応をとっていくかには注目が集まります。

>>「LocalBitcoins」の公式サイトは以下のリンクからどうぞ

ビットコイン取引所LocalBitcoinsの画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano:実験的機能を備えた「テストネット用ダイダロス報酬ウォレット」公開

Cardano:実験的機能を備えた「テストネット用ダイダロス報酬ウォレット」公開

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す