ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

by BITTIMES

世界中の人々とビットコイン(Bitcoin/BTC)を直接売買することができるピアツーピア(P2P)取引プラットフォーム「LocalBitcoins(ローカルビットコイン)」は、イランのユーザー向けサービスを停止したと伝えられています。ローカルビットコインは米国からの経済制裁を受けているイランやベネズエラなどの人々に多く利用されていた取引所でもあるため、今回の決定には注目が集まっています。

こちらから読む:米大手電話会社がBTC支払いを受け入れ「ビットコイン」関連ニュース

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは

LocalBitcoins-logo

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは、世界248カ国向けに提供されているビットコイン(BTC)のピアツーピア(P2P)取引プラットフォームです。フィンランドの首都ヘルシンキに本拠地を構える同取引所は、2012年6月に設立されて以来非常に多くの人々に愛用されており「世界中のユーザー同士でビットコインと現地通貨の店頭取引ができるOTC取引所」として知られています。

取り扱っている仮想通貨は"ビットコインのみ"ではあるものの、決済方法は「対面取引・銀行振込・PayPal・クレジットカード・アマゾンギフト券」など非常に多く、決済で利用できる法定通貨も日本円(JPY)を含めた数多くの現地通貨に対応しています。

取引方法としては「取引したい金額を指定して"広告"を出す方法」と「掲載されている広告を選択して購入する方法」があり、自分が掲載した広告が成立した場合には「1%」の手数料、掲載されている広告を選択して取引する場合は「手数料無料」となっています。

広告を掲載しないで既に作成されている広告を選択して取引を行うのであれば「本人確認書類」は必要なく、メールアドレスのみで利用することができるため、誰でも気軽にサービスを利用することができます。そのため「LocalBitcoins」は、仮想通貨取引所がない国や経済状況が不安定な国などでも積極的に利用されています。

イラン向けサービス停止|フィンランドの金融法が関連か

「LocalBitcoins」は、イランベネズエラのような国に住む人々にとって重要な仮想通貨取引所となっていましたが、同取引所は今週、イラン向けのサービスを正式に停止したと伝えられています。

複数の報道によると、現在イランのユーザーは「ビットコインを引き出すことはできるものの、取引を行うことはできない」とされています。イラン向けのサービスが停止された理由についての詳しい説明は行われていませんが、「LocalBitcoins」が拠点を構えているフィンランドの金融法が関連していると考えられています。

米国からの経済制裁を受けているイランでは、その問題を回避するために仮想通貨をうまく活用していこうとする動きがみられており、避難通貨となるビットコインの需要が急激に高まっていることなども報告されていましたが、今回「LocalBitcoins」での取引が禁止されたことによって、現地の人々はビットコインを購入しづらくなることになります。

ベネズエラも同様に米国からの制裁を受けてビットコインの需要が高まっている国の一つでもあるため、今後「LocalBitcoins」の利用制限がその他の地域にも拡大するようであれば、ビットコインの採用が進んでいたこれらの地域はさらに深刻な状況に追い込まれることになると予想されます。

また「LocalBitcoins」は、"売り手の仮想通貨を保管して取引が成立した後に買い手にその仮想通貨を渡す"という基本的なエスクロー・サービスを提供しているため、今回の制限がかけられることによってサービスが不安定になる可能性があるとの意見も出ています。

世界中の人々が利用できるビットコイン取引プラットフォームとして知られている「LocalBitcoins」が、今後どのような対応をとっていくかには注目が集まります。

>>「LocalBitcoins」の公式サイトは以下のリンクからどうぞ

ビットコイン取引所LocalBitcoinsの画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

シンガポール当局がICO発行者に停止命令|取引所8社にも警告

シンガポール当局がICO発行者に停止命令|取引所8社にも警告

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Poloniex「Tron/TRX」サポートへ|iPhoneやロレックスがもらえるキャンペーンも開催

Poloniex「Tron/TRX」サポートへ|iPhoneやロレックスがもらえるキャンペーンも開催

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

ILCoin:安定した5Gbブロック、超高速トランザクション、完全なスケーラビリティ

ILCoin:安定した5Gbブロック、超高速トランザクション、完全なスケーラビリティ

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す