中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

by BITTIMES   

中国政府が同国の通信会社や金融機関と協力して立ち上げたブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)である「联盟链(連盟チェーン)」が、2020年4月から本格的に稼働する予定であることが「新浪財経」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:電通、農業向けデータ流通基盤を開発「ブロックチェーン」関連ニュース

企業のブロックチェーンアプリ開発をサポート

中国政府が今年4月から稼働することを予定している「联盟链(連盟チェーン)」は、
・中国移動(通信会社)
・中国銀聯(電子決済システム運営会社)
・招商銀行(銀行)
などが協力して立ち上げたブロックチェーン基盤のサービスネットワーク(BSN)であり、2019年10月〜2020年3月の期間にかけてテストが実施されていると伝えられています。

地元メディアである「新浪財経」の報道によると、企業での利用を想定したコンソーシアム型ブロックチェーンであるこのネットワークは「400社の企業」と「600人の開発者」によってテストが行われており、2020年4月から中国・杭州市で稼働する予定だとされています。

中小企業の参入障壁を大幅に引き下げることを目的としたこのネットワークは、サーバーコストを通常の5分の1程度にまで抑えてブロックチェーンアプリケーションを開発・運用できるように設計されており、年間でかかる費用は2,000〜3,000元(約3万円〜4.5万円)だとされています。

中国では習近平国家主席が2019年10月にブロックチェーン技術に力を入れていくことを発表して以降、急速にブロックチェーン関連の開発が進められており、最近では中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「デジタル人民元」にも大きな注目が集まっています。

>>「新浪財経」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Shiba Inuレイヤー2「Shibarium」ベータ版テスト開始|メタバース画像も公開

Shiba Inuレイヤー2「Shibarium」ベータ版テスト開始|メタバース画像も公開

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説