デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

by BITTIMES

麻生 太郎(あそう たろう)財務相が2020年1月6日に全国銀行協会の賀詞交歓会の中で、中国人民銀行が開発を進めている「デジタル人民元」の台頭に警戒感を示すコメントを語ったことが「ロイター」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:仮想通貨業界団体、"2020年の年頭所感"を公開「国内ニュース」

「国際決済で普及する可能性」を警戒

麻生 太郎(あそう たろう)財務相は全国銀行協会の賀詞交歓会の中で、中国の中央銀行である「中国人民銀行」が開発を進めているデジタル通貨「デジタル人民元」について言及し、『デジタル人民元が国際決済で使われることを頭に入れておく必要がある』と語ったと伝えられています。

麻生財務相はこれまでにも仮想通貨ステーブルコインなどについて自身の考えを語っていましたが「デジタル人民元」についてコメントしたのは初めてであるため、今回の発言には注目が集まっています。

「デジタル人民元」には昨年から世界中で注目が集まっており様々な意見・憶測が出ていますが、麻生財務相はこの新しいデジタル通貨に対して『米ドルで決済してきた日本にとって"極めて大きな問題だ"』と語ったと報じられています。

さらに麻生財務相は『米国では"アンチ・チャイナ"が上下両院でほぼ100%だろう』と指摘し、米国大統領がDonald Trump(ドナルド・トランプ)氏から代わったとしても、米国の中国に対する強い警戒心は変わらず『令和の新時代が米中新冷戦の始まりだったと後世の歴史が書くと思う』と語ったと伝えられています。

「デジタル人民元」が国際決済に与える影響力に対して警戒感を示した麻生財務相は『日本政府としても国益を踏まえて対応していく』との方針を語ったとのことです。また同氏は『超低金利はそう簡単になくならない』とも述べており、それぞれの銀行に対して『柔軟な発想と柔軟な対応を期待する』と話したと伝えられています。

数年前までは米ドルが世界中で一般的に使用されていましたが、現在は「ビットコイン・ステーブルコイン・Libra・デジタル人民元」などといった新しい通貨が続々と誕生してきており、それらの通貨が世界中で注目を集めてきているため、今後は世界情勢も踏まえながら各通貨の状況を見ておくことが重要になっていくと予想されます。

>>「ロイター」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の価格上昇で「金の需要」が増加する|新興国投資のベテラン Mark Mobius

仮想通貨の価格上昇で「金の需要」が増加する|新興国投資のベテラン Mark Mobius

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

注目度の高い仮想通貨ニュース

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す