【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)関連の情報サイト「Dapp.com」は、2020年1月20日に「2019年のDApps市場に関するデータをまとめたレポート」を公開しました。この報告書では、過去1年間でDAppsのアクティブユーザー数が倍増していることが報告されています。

こちらから読む:人気ゲームがマンガアプリ"GANMA!"とコラボ「DApps」関連ニュース

DApps市場「2019年も順調に成長」

「Dapp.com」が新たに公開したレポートでは、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
トロン(Tron/TRX)
イオス(Eos/EOS)
ネオ(Neo/NEO)
スチーム(Steem/STEEM)
クレイトン(Klaytn/Klay)
・アイオーエスティー(IOST/IOST)
・トモチェーン(TomoChain/TOMO)
・リノ(Lino)
などのブロックチェーン上で構築された分散型アプリケーション(DApps)の調査を行なった上で、DApps市場が現在も順調に成長していることが報告されています。

このレポートでは、
・総ユーザー数
・アクティブDApps数
・トランザクション数
・アクティブユーザー数
・トランザクションボリューム
がどれも大幅に増加していることが報告されています。新規DApps数は「2018年の1,470個」からわずかに減少しており、「2019年は1,445個」となっていますが、総合的に見るとDApps市場が非常に活発になっていることがわかります。

(画像:dapp.com)(画像:dapp.com)

アクティブユーザー数は「倍増」しかし課題も

2019年のアクティブユーザー数は2018年から倍増し、148万人から311万人にまで増加したと報告されており、この1年間で新たにDAppを始めた新規ユーザーの数は277万人とされています。

しかし、新規ユーザーは増加しているものの「ユーザー維持率」の面ではまだ課題が残されていることも報告されており、『2019年にアクティブだった既存ユーザーは34.8万人のみで、すべてのアクティブユーザーの11%に当たる割合だった』と報告されています。

これは「DAppsを利用し始めるユーザーは増えてきているものの、継続してアプリを利用する本格的なユーザーが少ないこと」を示しています。

新たにリリースされたDAppsは「合計1,445個」

2019年には、6つのスマートコントラクトプラットフォームで「合計1,445個」の新たなDAppsがリリースされています。最もリリース数が多かったのはイーサリアム系DAppsで「690個」、次にリリース数が多かったのはTron系DAppsで「411個」、その次がEOS系DAppsで「260個」となっています。

イーサリアムとトロンは新規DApps数が多いものの、その一方では何らかの理由で閉鎖するDAppsが多いことも報告されています。「実際にリリースされたDApps数」と「その後も稼働しているDApps数」が最も近いのは"EOS"となっており、そのアクティブ度は97%に達しています。

しかしながら、アクティブユーザー数が多いのは依然としてイーサリアムであり、そのアクティブユーザー数は142万人を超えています。

(画像:dapp.com)(画像:dapp.com)

人気の分野は「ギャンブル」と「DeFi(分散型金融)」

分散型アプリケーションの中でも特に人気の分野は「ギャンブル系DApps」だと報告されています。2019年に公開されたギャンブル系DAppsの数は"900を超える"と報告されており、110万人以上の新規ユーザーが参加したとされています。

2番目に規模が大きい分野は「DeFi(分散型金融)」の分野です。これには分散型取引所(DEX)などのアプリケーションも含まれており、2019年には合計100万人以上のアクティブユーザーがいたと報告されています。

(画像:dapp.com)(画像:dapp.com)

「Dapp.com」が公開したレポートでは、今回紹介した内容以外にも非常に多くのデータが公開されており、各項目ごとに詳しい解説が行われています。このレポートは"日本語版"も公開されているため、より詳しい内容を知りたい方は以下の公式発表ページをご覧ください。
>>「Dapp.com」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

注目度の高い仮想通貨ニュース

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE:ビットコインの「オプション取引」追加か

BINANCE:ビットコインの「オプション取引」追加か

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す