伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、2020年2月6日のツイートで昨年から話題となっていた伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏との食事会が2020年1月23日に行われたことを報告しました。

こちらから読む:BINANCE、"TRX先物取引"提供開始「Tron/TRX」関連ニュース

バフェットランチ「合計6名」で開催

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏とWarren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏の食事会は昨年7月に行われる予定となっていましたが、サン氏が突発性の腎臓結石を患ったことによって延期となっていました。当初の予定よりは大幅に遅れることとなったものの、この食事会は2020年1月23日にアメリカ・ネブラスカ州にある「Happy Hollow Club」で無事に行われたと報告されています。

ジャスティン・サン氏が457万ドル(約5億円)で権利を落札したバフェット氏との食事会には最大7名が同席できることになっていましたが、実際に同席したのは以下の4名となっています。
Charlie Lee(チャーリー・リー)氏 - ライトコイン創設者
・Yoni Assia(ヨニ・アッシア)氏 - eToro創設者
・Chris Lee(クリス・リー)氏 - Huobi最高財務責任者
・Helen Hai(ヘレン・ハイ)氏 - BINANCE慈善基金トップ

「BTC・TRX」などをプレゼント

ジャスティン・サン氏は、今回の食事会でバフェット氏に「BTC」や「TRX」などをプレゼントしたことも報告しており、TRXに関してはバフェット氏の誕生日である"1930年8月30日"にちなんで「1,930,830TRX」を贈ったと説明しています。

同氏は今回BTCをプレゼントしたことによって「バフェット氏が初めてビットコインを所有するようになった」と強調しており、バフェット氏がTRXの送金速度に感銘を受けていたことも報告しています。

バフェット氏は以前からビットコインに対して批判的な意見を繰り返していたため、同氏がビットコインを保有するようになたことは注目に値します。ジャスティン・サン氏がBTCを送金したバフェット氏のウォレットアドレスは「こちらのページ」で確認することができます。

仮想通貨・ブロックチェーンに対する考えに変化は?

今回の会食で行われた会話の内容は「仮想通貨ブロックチェーン・ビジネス・日常生活」などに関するものだったことが報告されています。

ジャスティン・サン氏の報告によると、バフェット氏は「ブロックチェーン技術には大きな可能性がある」と考えているとのことで「今後10年間、決済業界でブロックチェーン技術がどのように展開していくか」に関心を示していると伝えられています。

しかしながらバフェット氏は「これらの技術には多くの課題が残されている」とも考えているとのことで、ビットコインに関してはサン氏が『ビットコインは次世代の通貨だ』と発言したことに対してバフェット氏は微笑みながら『私の孫はむしろ米ドルで財産を相続すると確信している』と語ったと報告されています。

バフェット氏は以前からブロックチェーン技術の可能性は認める一方で、ビットコインに対しては懐疑的な見方を示していたため、今回の会食によって同氏の考えが変わったことはないように感じられますが、会食に参加した「eToro」のYoni Assia(ヨニ・アッシア)氏は『バフェット氏の仮想通貨に対する見方は良くなったと思う』と語っているため、総合的には仮想通貨業界にプラスな影響がもたらされたと考えられます。

ジャスティン・サン氏は、今回の会食について次のように語っています。

バフェット氏と会食を行えたことを心から光栄に思います。そしてその知恵や知見にも感謝します。彼の優しさやサポートを胸に刻み、Tronエコシステムの発展やブロックチェーン業界パートナーとの事業にバフェット氏からのアドバイスや教えを活かしていきたいと思います。

今回の会食に関する詳しい内容については、ブロックチェーンベースの動画配信サービス「DLive」で本日7日に語られると伝えられています。

>>「ジャスティン・サン氏のDLiveページ」はこちら

2020年2月7日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は昨年12月に1.36円付近まで下落して以降は順調に回復してきており、2020年2月7日時点では「1TRX=2.55円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月9日〜2020年2月7日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月9日〜2020年2月7日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

BINANCE:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

BINANCE:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す