投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は2009年に使用され始めて以降、順調にその価値を高め続けており、将来的には「金を超える存在になる」とも言われています。しかし、史上最大の投資家として知られるWarren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏は、ビットコインと金のどちらに対しても否定的な見方を示しています。ではなぜバフェット氏はこれらの資産に投資を行わないのでしょうか?

こちらから読む:価格急落で弱気派が増加?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインと金は「非生産的資産」

世界最大の投資持株会社である「Berkshire Hathaway(バークシャー・ハサウェイ)」の筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務めるWarren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏は、史上最大の投資家の一人として世界中で知られています。その一方で同氏は、ビットコイン(BTC)や金(ゴールド)などに投資していないことでも知られており、ビットコインを「殺鼠剤の二乗」と表現したことも有名です。ではなぜバフェット氏はこれらの資産に投資を行わないのでしょう?

バフェット氏の投資会社である「バークシャー・ハサウェイ」は、"生産的な資産"に焦点を当てています。この「生産的資産」は時間の経過とともに成長するものであり、新しいサービスや商品を生み出すことによってその価値を高めています。

しかしバフェット氏の考えでは、ビットコインと金はどちらも「非生産的資産」に該当します。これらの資産は実際には何も生産していないため、誰かが「自分が購入した金額よりもさらに高い金額で売却したい」と思うことによって価格が上昇していきます。

同氏はビットコインを嫌っている人物として広く認識されていますが、正確に言えば「非生産的に資産が嫌い」ということになります。バフェット氏は、人々が金を買うのは「紙幣が価値を失うことを恐れているから」であり、そのような恐怖心が強い人はより多くの金を購入するため、それによって価格が引きあがると説明しています。

「ビットコイン価格上昇の仕組み」と「大バカ理論」

バフェット氏は、ビットコインと金を説明する際に「大バカ理論」という考え方を用いて説明を行なっています。この理論は「最初にビットコインを購入した人が自分よりも馬鹿な人に自分のビットコインを高値で売りつけ、それが連鎖することによって価格が上昇していく」というものです。

一度価格が上昇し始めると基本的には多くの人々がビットコインを購入し始めるため、この連鎖はさらに激しさを増し、価格は急速に高まっていきます。しかし、一定の金額まで価格が上昇した後は、安値で大量にBTCを購入していた人々が売りぬけることになるため、最終的にBTC価格は下落することになります。

早い段階でビットコインを購入していた人々は高値で売却することによって利益を得ることができるものの、その人達からビットコインを購入した人々はその分の損失を被ることになります。2017年末のBTC価格高騰の例でいうと、2017年の初め頃に10万円前後で1BTCを購入した人々は、2017年末に220万円でその1BTCを売却することができますが、その裏には220万円で購入した1BTCが現在60万円になっている人がいるということです。

これらの価格上昇は「ビットコインは持っていれば価格が上がる」という投機的な考え方が蔓延することによって起きることが多いため、このような考え方は「大バカ」であるとみなされています。

また、ビットコインはマイニング(採掘)が続けられることによって徐々に流通量が増加していくことになるため、一種の"インフレ"であるとも言われています。総発行枚数は2,100万に固定されているため、最終的にビットコインの発行は終わることになりますが、発行が終われば価格は上向きに上昇を続けるだけです。

最終的にビットコインは価格の均衡を維持し続けるために常に上昇しなければなりません。これはウォーレン・バフェット氏がビットコインを嫌う側面でもあります。

ウォーレン・バフェット氏にとって「最良の選択」

結論としては、バフェット氏にとって「交換の媒体が何であるか?」はあまり重要ではありません。しかし、人々が現金の代わりにビットコインを使用し始めたとしても、それらの人々はBTCを使用して「美味しい食べ物」や「機能性の高い商品・サービス」を購入することでしょう。つまり、結果的に人々が企業の商品を支持し続けるのであれば、"それらの商品を生み出している企業に投資する方が良い"ということです。

将来的にビットコインが"通貨"として現在主流の法定通貨を超えることになるかどうかは不明であるものの、現時点での時価総額は法定通貨の方がビットコインよりも遥かに大きく、一般的に使用されているのも法定通貨です。バフェット氏はすでに十分な量のお金を持っており、ピラミッドの頂点に君臨しているため、新たな革命も必要としていません。

そのため、現在も様々な場所やお店で使用できる法定通貨を所有して、創造的なプロジェクトに取り組んでいる株に投資することは、少なくともバフェット氏にとっては最良の選択肢であると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

Huobi Global:安定仮想通貨4銘柄の追加を発表 ー ステーブルコインの競争激化

Huobi Global:安定仮想通貨4銘柄の追加を発表 ー ステーブルコインの競争激化

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す