仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

by BITTIMES

BINANCE(バイナンス)のチャリティー部門である「Binance Charity」は2020年3月9日に、新型コロナウイルスで甚大な被害を受けている中国・武漢を支援するための支援活動として"第2回目の寄付"を完了したことを報告しました。

こちらから読む:人権財団、BTCの寄付を受け入れ「チャリティー」関連ニュース

防護服・酸素機器などの医療品を寄付

BINANCE(バイナンス)は2020年1月に、新型コロナウイルスの被害を受けている人々を支援するために1,000万元(約1億5,700万円)を寄付したことを明らかにしていましたが、先日9日には中国・武漢を支援するための支援活動として"第2回目の寄付"を完了したことが報告されています。

今回の寄付では、イスラエルアラブ首長国連邦などから購入した「防護服・酸素機器・手袋・保護ゴーグル」などの医療品が130の病院、医療チーム、疾病管理司令部に送られられたと説明されています。

BINANCEの発表によると「合計388台寄付された酸素機器は今回の支援で特に重要な役割を果たした」とされており、「酸素機器は患者の寿命を延ばすのに役立つことが証明されており、治療を行うための時間を作るのに役立つ」と説明されています。

「Binance Charity」は以前から世界中の様々な問題に対して寄付を行っており、西日本豪雨災害が発生した際にも数億円規模の寄付を行っています。BINANCEは"世界最大級の仮想通貨取引所"として知られていますが、慈善活動を行う際の寄付方法では必ずしも仮想通貨を利用しているわけではなく、第1回目に寄付を行った際にも中国の状況を考慮した上で"人民元"で寄付を行ったことが報告されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

STAX:暗号資産対応の「新規株式公開(IPO)」実施へ【オーストラリア初】

STAX:暗号資産対応の「新規株式公開(IPO)」実施へ【オーストラリア初】

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

「私は持っていないが、保有すべき」ドラッケンミラー氏がビットコインを評価

「私は持っていないが、保有すべき」ドラッケンミラー氏がビットコインを評価

SBI VCトレード:貸コインのETH利率を「年率3.0%」に改善|貸出数量上限値も引き上げ

SBI VCトレード:貸コインのETH利率を「年率3.0%」に改善|貸出数量上限値も引き上げ

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説