BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年7月17日に、Binance.comで提供していた株式トークンを売買することができる「ストックトークン」のサービス終了することを発表しました。BINANCEは既存の株式トークン保有者のために90日間の売却期間を設けていますが、日本時間2021年10月15日午前4時55分以降は株式トークンを手動で売却・清算することができなくなると説明されています。

こちらから読む:ディーカレット、ONT取扱い開始日を発表「暗号資産」関連ニュース

株式トークン保有者は期限までに売却・精算を

BINANCE(バイナンス)は2021年7月17日に、Binance.comで提供していた株式トークンを売買することができる「ストックトークン」のサービス終了することを発表しました。この措置は"すぐに有効化される"と説明されているため、今後はバイナンスで株式トークンを購入することができなくなります。

既に株式トークンを保有しているユーザーは今後90間に渡って保有している株式トークンを売却・保有することができるものの、日本時間2021年10月15日午前4時55分以降は株式トークンを手動で売却・清算することができなくなるとされているため、株式トークンを保有している方は注意が必要です。

また、日本時間2021年10月15日22時30分には全ての株式トークンのポジションが清算されるとも説明されているため、株式トークンを保有している方はこれらの期限までにポジションを精算する必要があります。

なお、BINANCEはドイツで登録されている投資会社「CM-Equity」と提携して株式トークンを提供していたため、今回の発表では『欧州経済領域(EEA)とスイスに居住するユーザーは今後新たに公開されるポータルを通じて、株式トークンの残高をCM-Equityに移すことができる』とも説明されています。

ストックトークンサービス終了の理由は?

BINANCE(バイナンス)は株式トークン取引サービスの終了理由については語っていないものの、ここ最近では様々な国の証券規制当局がBINANCE関連の警告を発していたため、今回の措置はそのようなことを考慮した上での決定であると考えられています。

バイナンスが提供していた株式トークンは「Apple、Coinbase、Tesla、Microsoft、MicroStrategy」などの株価に連動するトークンであるため、各国の規制当局は『株式トークンが有価証券であれば、株式トークン関連のサービスを提供するためのライセンスを取得する必要がある』と指摘していました。

なお、仮想通貨メディア「The Block」の報道では、CM-EquityのCEOであるMichael Kott氏は『強制ではなかったため、BINANCEは株式トークンのサービスを終了しなければならないわけではなかった。BINANCEは他の仮想通貨関連商品にフォーカスするために今回の措置を決定した』と述べているとも報告されており、BINANCEの公式発表でも『ストックトークンのサービスを終了して、他の製品にフォーカスする』と説明されています。

株式トークンは「FTX」や「Bittrex」などでも提供されていますが、Michael Kott氏は『これらの株式トークンは基本的に同じもので名前が違うだけ』とも述べており、『なぜ規制当局がBINANCEにだけ警告しているかの理由を知りたい』とも語っています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「The Block」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

Xtheta「仮想通貨投資に関するアンケート調査」を実施|ギフト券が当たるチャンスも

Xtheta「仮想通貨投資に関するアンケート調査」を実施|ギフト券が当たるチャンスも

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す