IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

by BITTIMES   

オランダで太陽光や風力発電の活用に取り組んでいるElaadNLは、4月18日にアイオータ(IOTA/MIOTA)を活用した世界初の電気自動車充電ステーションをリリースしました。

革新的な充電ステーション

IOTA充電ステーションとミニテスラ(blog.iota.orgから)

この充電ステーションはArnhems Buitenキャンパス内に試験場として一般の人々に開放されており、高速充電器/充電場/バッテリー/2つの充電ランタン/IOTA充電器などが提供されているとのことです。

この充電スタンドは、バックオフィスも通信プロトコルも必要としないだけでなく、チャージカードやサブスクリプションも使用せずに直接取引を行うことができます。

IOTA充電器に接続されたミニテスラ(blog.iota.orgから)

IOTA充電ステーションは完全に自律的に動作するため、エンドユーザとの通信や支払いを担当し、メーターの値がTangleに15分ごとに保存されることにより、信頼性が高く反駁できない管理が保証されます。

充電ステーションは次の機能を備えています。

  • 「kWhベースの課金」
  • 独自のIOTA課金アプリ
  • 車の走行距離計に似た「kWh測定ストレージ」

関係者からのコメント

IOTAの共同設立者であるDominik Schiener氏は、ブログで次のように述べています。

「電気自動車の課金は、機械間の取引決済の基本プロトコルとしてのIOTAが当然の選択である多くのアプリケーションの1つです。初めてのIOTAベースのEV充電ステーションを作るのにEnexisのチームが行った作業はすばらしかったし、IOTAをモビリティ空間にもっと採用する道を開くだろう」

IOTA財団のAlisa Maas氏は次のように述べています。

「IOTAは、ElaadNLがIOTAスマート充電ステーションの開発を次のレベルに引き上げることに興奮しています。この解決策は、機械経済にとってのバックボーンになるIOTAの可能性を解明するものです。ElaadNLの最先端のイノベーションにより、シームレスな電子モビリティが大きな飛躍を遂げています。この成果を、モビリティ、エネルギー、スマートシティセクターの岐路にある成長するエコシステムと共有することを楽しみにしています。」

IOTAの価格も上昇

2018年4月20日 IOTAのチャート2018年4月20日 IOTAのチャート(Coinmarketcapから)

IOTAの価格は、発表日に12%の上昇を記録した後、同業者と並んで高値で取引されています。

IOTAは、IoT(モノのインターネット)に最適化されている送金手数料がかからないアルトコインとして知られています。

IOTAのタングル(Tangle)は、Internet of Things(IoT)環境用に特別に設計された革新的な分散型台帳技術(DLT)です。
これは、セキュアなデータ転送、無償のリアルタイムマイクロペイメントを含む、新規のMachine-to-Machine(M2M)のやりとりを容易にするオープンソースのプロトコルです。

アイオータ(IOTA/MIOTA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などで購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「強気相場転換」の重要ラインと今後の展開:著名アナリスト予想

ビットコイン「強気相場転換」の重要ラインと今後の展開:著名アナリスト予想

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

BTCBOX「台湾向け暗号資産取引サービス」提供へ|地元企業とライセンス契約

BTCBOX「台湾向け暗号資産取引サービス」提供へ|地元企業とライセンス契約

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す