Hyperithm:暗号資産を投資対象とする「ビットコイン建てファンド」組成

by BITTIMES

株式会社HYPERITHMは2022年4月14日に、暗号資産を投資対象とするファンドである「Hyperithm Digital Asset Quant Fund I BTC」と「Hyperithm Digital Asset Quant Fund I JPY」を設立したことを発表しました。

こちらから読む:Zaif、大口取引専用の問合わせ窓口を設置「国内ニュース」

現物・先物・レバレッジ・オプション取引などで運用

株式会社HYPERITHMは2022年4月14日に、暗号資産を投資対象とするファンドである「Hyperithm Digital Asset Quant Fund I BTC」と「Hyperithm Digital Asset Quant Fund I JPY」を設立したことを発表しました。

HYPERITHMは2018年1月に設立された東京都千代田区に本社を構える企業であり、日本と韓国を拠点に機関投資家などを対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開しています。日本では適格機関投資家等特例業務で届出を、韓国では日本の暗号資産交換業に相当する暗号資産事業者の届出を完了している同社は、2021年に実施したシリーズBラウンドで「Coinbase(コインベース)」を含む機関投資家から12億円規模の資金調達を行なっています。

今回発表されたファンドは、ビットコイン・日本円で募集を行い、暗号資産を基礎資産とし、分散型取引所(DEX)を含む国内外の暗号資産取引所で暗号資産の現物・先物・レバレッジ・オプションなど(DeFiサービスを含む)のアルゴリズムトレーディングをメイン戦略として運用すると説明されており、各ファンドの詳細については以下のように説明されています。

【Hyperithm Digital Asset Quant Fund I BTC】
・募集暗号資産:ビットコイン
・匿名組合型ファンド(金商法第63条に基づく適格機関投資家等特例ファンド)
・運用開始:2022年5月1日
・存続期間:無期限(オープンエンド)
・投資対象:暗号資産

【Hyperithm Digital Asset Quant Fund I JPY】
・募集通貨:日本円
・匿名組合型ファンド(金商法第63条に基づく適格機関投資家等特例ファンド)
・運用開始:2022年5月1日
・存続期間:無期限(オープンエンド)
・投資対象:暗号資産

「Hyperithm」の代表取締役であるLloyd Lee氏は、今回の暗号資産ファンド組成について次のようにコメントしています。

国内初のビットコイン及び日本円で募集が可能な、クォントアルゴリズムベースの暗号資産ファンドを組成することができ、嬉しく思います。今後、日本の暗号資産の運用市場を盛り上げていくにあたり、良い先例を残していきたいです。2020年から始まった機関投資家の暗号資産市場への参加は世界的なトレンドとなっており、日本でも漸進的に拡散していくと信じています。当社は機関投資家や特例業務対象投資家を主な対象として、暗号資産売買の時代を超えて暗号資産運用の時代の到来を最前線でサポートしていきます。

>>「Hyperithm」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

Palette活用のP2Eゲーム「CryptoNinja Party!」正式リリース日が決定

Palette活用のP2Eゲーム「CryptoNinja Party!」正式リリース日が決定

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

オンラインショップの表示価格「BTC/Satoshi」に自動換算|ブラウザ拡張機能リリース

オンラインショップの表示価格「BTC/Satoshi」に自動換算|ブラウザ拡張機能リリース

コインチェック×The Sandbox:メタバース上の近未来都市「Oasis TOKYO」建設へ

コインチェック×The Sandbox:メタバース上の近未来都市「Oasis TOKYO」建設へ

ビットバンク:The Mergeで発生した「ETHW」の付与方針について続報

ビットバンク:The Mergeで発生した「ETHW」の付与方針について続報

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

DMMビットコイン:ポリゴン(MATIC)の「現物・レバレッジ取引」提供へ

DMMビットコイン:ポリゴン(MATIC)の「現物・レバレッジ取引」提供へ

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す