SBI:国内初の「個人投資家向け暗号資産ファンド」開始|BTC・ETHなど7銘柄に投資

by BITTIMES

SBIマネープラザ株式会社は2021年12月17日に、日本国内では初となる個人投資家向け暗号資産ファンド『SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)』の取り扱いを開始したことを発表しました。このファンドはBTC・ETH・LTC・XRP・BCH・LINK・DOTの7通貨でポートフォリオが組成されています。

こちらから読む:前澤氏、"宇宙で撮影した世界初のNFT"を発行「暗号資産」関連ニュース

「BTC・ETH・LTC・XRP・BCH・LINK・DOT」で組成

SBIマネープラザ株式会社は2021年12月17日に、日本国内では初となる個人投資家向け暗号資産ファンド『SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)』の取り扱いを開始したことを発表しました。

SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)は暗号資産取引所「SBI VCトレード」を通じた取引で、以下7種類の暗号資産でポートフォリオを組成しているとのことで、『価格変動率の比較的高い暗号資産への投資タイミングのリスクを軽減するために、ファンド設定時および償還時に時間分散を図る投資手法を活用する』と説明されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
ポルカドット(Polkadot/DOT)

(画像:モーニングスター株式会社)(画像:モーニングスター株式会社)

同ファンドは主に富裕層の個人投資家を対象としたものとなっており、1口あたり100万円で5口以上から購入可能、募集は2021年12月17日からSBI系の営業店舗で開始され、運用開始は2022年2月1日を予定していると報告されています。

また、ファンドは匿名組合形式で、運用期間は1年間、販売手数料は3.3%、運用管理報酬は年0.66%に設定されているとのことで『一般的な公募の追加型株式投資信託と比較しても、低コストでの商品提供を実現している』と説明されています。

SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)の概要

モーニングスター株式会社の公式発表では「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)の概要」について以下のように説明されています。

【投資対象および投資比率】
7つの暗号資産(XRP・BTC・ETH・BCH・LTC・LINK・DOT)に投資を行う。1暗号資産あたりの組み入れ上限比率は20%とし、時価総額の比率に応じた投資配分を行う。投資比率がマイナスとなることはない。

【運用方針】
運用期間は1年間とし、投資/売却タイミングのリスクを軽減するために、ファンド設定時および償還時に時間分散(3か月ずつ)を図る投資手法を活用する

【ファンドの概要】
購入単位:5口以上1口単位
購入価額:1口当たり100万円
最大保有者数:499名
発行価格の総額:上限の定めはなし
中途解約:中途解約は不可
購入の申込期間:2021年12月17日〜2022年1月31日
運用開始日:2022年2月1日
契約期間:2022年2月1日〜2023年1月31日までの1年間
販売会社:SBI証券、SBIマネープラザ

【SBIマネープラザ:拠点情報】
函館支店、酒田支店、会津支店、宇都宮中央支店、熊谷中央支店、新宿中央支店、松本支店、伊那支店、 名古屋支店、大阪支店、福岡中央支店、鹿児島中央支店

>>「SBIマネープラザ」の公式発表はこちら
>>「モーニングスター」の公式発表はこちら
>>「SBI証券」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す