MEXC Global:新たに「スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引」を実現

by BITTIMES   

暗号資産取引所「MEXC Global」は2022年5月11日に、スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引を実現するインデックス型ETFである『NFTインデックストークン(NFT Index Token)』を発表しました。

NFTの躍進は2022年も止まらず続いており「GameFi」や「Metaverse」などの新しいトレンドに目を向ける仮想通貨コミュニティがある一方で、NFTの人気は相変わらず高く、NFTの発売はますます注目を集めています。

これまでで最も高額なNFTは9,100万ドルを叩き出した『The Merge』であったものの、NFTの人気の高まりを見ると、この過去最高値が更新されるのは時間の問題であると考えられます。

NFTインデックストークン(NFT Index Token)は、複数のNFTで構成される特定の資産パッケージのパフォーマンスを追跡する革新的なインデックス型ETFです。MEXCは価値の裏付けとなるNFTを実際に購入し、この特定の「NFTインデックストークン」を100枚発行します。

例えば、MOONというあるNFTが1ヶ月で50ETHまで値上がりするとトレーダーが考える場合、NFTのフロアプライスは15万円近くになります。

NFTインデックストークンを使えば、トレーダーは約1,000ドルで1,000ドルの「nMOON(MOONインデックス型トークン)」を購入し、その後にNFTを引き出してOpenSeaや他のNFTマーケットプレイスで販売することができます。

その他にも、このインデックス型トークンの価格が実際にこれに相当するNFTよりも低く評価されているときにディップを買い、上昇したときに売るという方法もあります。これはこの商品で利益を得るスマートなやり方です。

また、NFTインデックストークン保有者は、オリジナルのNFTにエアドロップが発生した際に、エアドロップを受けることができます。つまり、保有者は資産パックがプロジェクトチームからエアドロップを受けると、一定量のエアドロップトークンを取得することができるということです。

「MEXC」のCMOであるAntonio Wu(アントニオ・ウー)氏は、この製品について次のようにコメントしています。

NFTインデックストークン製品は、MEXCのユーザーに「簡単かつ手頃な価格でNFT取引に参加できる新しい選択肢」をもたらすものです。MEXCは今後も革新的なアセットをローンチし、ユーザーがより多くのムーンショットのチャンスを見つけられるよう支援を続けます。

MEXCはこれまでと同様にコミュニティやユーザーの価値と利益を支持しています。MEXCは今後もさらなる革新的な製品のリリースを通じて『次世代のデジタル資産取引所』として業界を牽引していくことを予定しています。

>>「NFTインデックストークンの最新情報・詳細」はこちら
>>「MEXC Global」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

Liquid:暗号資産の出金手数料方式を「変動型出庫手数料」に変更

Liquid:暗号資産の出金手数料方式を「変動型出庫手数料」に変更

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

BINANCE:韓国市場進出に向け暗号資産取引所「Gopax」買収か=報道

BINANCE:韓国市場進出に向け暗号資産取引所「Gopax」買収か=報道

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す