ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

by BITTIMES

台湾に拠点を置くエレクトロニクスメーカーのASUSは、仮想通貨のマイニング(採掘)を容易に行うことができるマザーボード『ASUS H370 Mining Master』の発売を発表しました。

マイニングに特化したマザーボード|H370 Mining Master

H370 Mining Masterは仮想通貨のマイニング(採掘)に特化した特別な設計となっており、より多くのグラフィックカードをよりシンプルなインターフェースに接続させることで、マザーボードのマイニングを向上させます。最大20個のグラフィックカードをサポートし、USBライザーケーブルをプリント回路基板(PCB)に直接差し込んで接続を簡素化し、問題の診断を容易にすることでダウンタイムを削減することができます。

この製品は今年の後半には利用可能になる予定となっており、最初は7月から9月の間に北米諸国で利用できるようになる予定です。

ASUSはまだ価格を明らかにしていませんが、H370の初期プレビューを提供しています。

より多くのGPUが効率を最大化

マイニングは数字のゲームです。
生成する仮想通貨の価値がそれを生産するコストを上回る場合にのみ価値があります。

ノードあたりのグラフィックスカードの数を増やすことは、デッキを積み重ねるのに最適な方法です。これによりマザーボード、CPU、およびサポートキャストとして機能する他のシステムコンポーネントではなく、富を作り出すGPUにハードウェアと電力の予算をより多く割り当てることができます。

1台のマザーボードに12個のRadeon RX 470カードと8個のNVIDIA P104カードを接続することで、H370 Mining Masterがどのくらいの馬力を利用できるかをデモ機で確認することができます。

H370 Mining Master BoardH370 Mining Master Board(edgeup.asus.comから)

グラフィックスカードはCooler Masterのパートナーがこのマシン用に特別に製作したラックに搭載されています。カードの間隔を空けることによってGPUクーラーによる空気の循環を確保することができます。これは、下にあるチップがフルティルトで連続して動作する場合に不可欠です。PCIeライザーは、各グラフィックスカードをフレキシブルケーブルでマザーボードに接続することで、このような設定を可能にします。

ASUSはGPUを使ってマイニングをマスターするためにこのボードを構築しました。
汎用コンピューティングの能力は専用のシリコンが発表されるずっと前から新しいアルゴリズムを掘り起こすことができます。

1枚のグラフィックスカードはマザーボード上の利用可能なx16スロットに置くこともできますが、そこにインストールすると最初のライザーポートが無効になるため、最大20枚のカードが使用できます。

H370 Mining Masterの仕様

『H370 Mining Master』マザーボードの仕様は次のとおりです。

サイズATX、12 "x 9.1"
ソケットIntel 8th Gen Core、Pentium、
Celeronプロセッサ用のLGA 115
メモリ2 x DIMM(最大32GB)
DDR4 2666/2400 / 2133MHz
非ECC非バッファメモリ
スロット1 x PCIe x16
ストレージ2 xシリアルATA 6Gbps
ネットワーキング1 xインテルギガビットLAN
GPUライザーポート20 x PCIe over USB(垂直)
USBポート6×USB 3.1 Gen 1
4×USB 2.0 / 1.1
その他1×COMヘッダー

すでに人気の高いASUSのマイニングマザーボード

『H370 Mining Master』はASUSの最初の仮想通貨マイニングマザーボードではありません。

同社は昨年9月に『B250 Mining Expert Motherboard』を発表しました。
デバイスはAmazonで141.98ドル(約15,000円)で購入でき、製品レビューでは購入者のほとんどが満足しています。

ASUSは仮想通貨マイニングのマザーボードを製造する唯一のメーカーではありませんが、ASUSのマザーボードには多くのマイナー(採掘者)から人気を集めている機能がいくつかあります。

まず多くのグラフィックスカードをサポートする他のマイニング用マザーボードはありません。
『Biostar TB250-BTC Pro』や『Gigabyte GA-H110-D3A』などの他の一般的なマザーボードは、最大6つのグラフィックスカードしかサポートしていません。

NVIDIA、AMD(Advanced Micro Devices)、ASUSなどの主要メーカーのゲーム用マザーボードは、すべて仮想通貨のマイニングに使用されていますが、仮想通貨マイニング専用に設計されたマザーボードは大きなメリットをもたらします。これらはビットコイン(BTC)だけでなく、複数の暗号通貨のマイニングをサポートすることができます。

『H370 Mining Master』に興味のある方は以下のリンクからどうぞ
>edgeup.asus.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

VISA取引停止から見えた仮想通貨の重要性

VISA取引停止から見えた仮想通貨の重要性

Coinbaseが分散型取引所Paradexを買収|新サービスも公開

Coinbaseが分散型取引所Paradexを買収|新サービスも公開

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す