ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

by BITTIMES   

米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は有価証券ではないと発表したことが6月14日に明らかになりました。しかしイニシャル・コイン・オファリング(ICO)のほとんどは規制の対象となるようです。

規制対象となる通貨

6月14日に開かれたヤフーファイナンス主催のサミットで、米国証券取引委員会(SEC)の関係者が「ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)は有価証券ではない」と発表したことが明らかになりました。

該当するブロックチェーンネットワークが十分に分散化されているかどうかが判断の基準となったと見られており、ICOはほとんど全てがSECの規制対象となると予想されています。

SECで長い間行われていたこの議論では、仮想通貨全てをひとくくりにするのではなく、各通貨一つ一つを厳密に精査していく方針が発表されていました。

地方分権が重要

SECのコーポレートファイナンス部門でディレクターを務めているWilliam Hinman(ウィリアム・ヒンマン)氏は「ビットコインやイーサリアムのシステムは特定の機関によって集権的に管理されていないことから、証券としての規制は課されない」と説明しています。

ヒンマン氏は特に「ビットコインは分散化されているため証券ではない」と述べています。またETHもクラウドセールを通じてイーサリアムから配布されたものではあるものの、現在のネットワークは十分に分散化されていて特定の団体がコントロールできるものではないことから、有価証券ではないと判断されたもようです。

Hinman氏は、リップル(XRP)などのようなその他の仮想通貨については言及しませんでしたが、「イーサリアムのようにはじめは有価証券的な側面をもつトークンであっても、ネットワークの分散化が進むにつれてその側面が薄れていく可能性がある」とコメントしています。

「時間の経過とともに、有価証券として機能するトークンまたはコインを規制する必要がなくなる場合もあり、十分に分散されたネットワークおよびシステムが他にも存在する可能性があります。」

またICOに関しては、ユーザーがリターンなどの投資的価値を求めていないトークンなどは、規制の対象にはならない可能性があるとも説明されています。

証券に分類されたらどうなるのか?

仮想通貨が証券としてみなされた場合には、米国の仮想通貨取引所は有価証券を取引していることになるため、SECに登録する必要が出てきます。するとそれらの仮想通貨はSECに正式登録している取引所でしか売買することができなくなるため、流動性の低下にも繋がる可能性があり、それに伴って価値が下落する可能性も考えられます。

また証券法を守れないことで、罰金や有価証券の購入・販売により損害を受けたと主張する人たちからの民事訴訟といった、面倒な問題に発展する可能性もあります。

イーサリアムの開発メンバーは以前から「イーサリアムは証券ではない」と主張してきました。つまり、今回の決定によってこれまで多くの仮想通貨コミュニティーで議論されてきた大きな問題の一つが結論に至ったことになります。

今回のニュースはビットコインやイーサリアムにとって好材料のニュースと言えるでしょう。

ビットコインとイーサリアムの価格

SECからの発表前後のビットコインのチャート(coingecko.comから)SECからの発表前後のビットコインのチャート(coingecko.comから)

SECからの発表前後のイーサリアムのチャート(coingecko.comから)SECからの発表前後のイーサリアムのチャート(coingecko.comから)

今回の発表の後、ビットコインとイーサリアムの価格はやや回復傾向にあります。

70万円を下回っていたビットコインは発表後には、74万円近くまで回復しており、一時的に5万円近くまで下落していたイーサリアムは5万7,000円まで回復しています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら6月末まで取引手数料無料でビットコインなどの仮想通貨が購入できます。また、 Zaif(ザイフ)では月々一定額で各種仮想通貨を積立てることもできます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

(引用:cnbc.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

バックト:ビットコインが使えるVisaデビットカード「Bakkt Card」リリース

バックト:ビットコインが使えるVisaデビットカード「Bakkt Card」リリース

プレミアリーグ加盟のウルブス「Bitci.com」と提携|公式ファントークン発行へ

プレミアリーグ加盟のウルブス「Bitci.com」と提携|公式ファントークン発行へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「ネム(NEM/XEM)」を追加

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「ネム(NEM/XEM)」を追加

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

Huobi Japan:BAT取扱い開始記念「3つのキャンペーン」同時開催

Huobi Japan:BAT取扱い開始記念「3つのキャンペーン」同時開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す