著名弁護士が選ぶ「今後1年間で保有・トレードしたい仮想通貨トップ10」

by BITTIMES

BTC・XRP・ETH・QNT・RNDRなどを支持

著名な仮想通貨弁護士のジョン・ディートン氏は2023年11月22日に「トレード目的で今後12ヶ月間保有するトークンを10個選ぶとしたらどの銘柄を選ぶか」と投稿して、自身が選ぶ10種類の暗号資産を挙げました。

ジョン・ディートン氏は仮想通貨XRPを支持している弁護士としても知られていますが、今回の投稿ではXRPを含む以下の10銘柄が候補として挙げられています。

今後12ヶ月間(トレード目的で)保有するトークンを10個だけ選ぶとしたら?私なら以下の通貨を選びます。

BTC・XRP・ETH・QNT・RNDR・SOL・KAS・AVAX・HBAR・CSPR

何か足りないものはありますか?

これらの10銘柄を選んだ理由は明らかにされていませんが、BTC・XRP・ETHの3銘柄は「仮想通貨を代表する主要銘柄であること」や「現物ETFの承認が期待されていること」などが背景にあるのではないかと考えられています。

RNDR・SOL・AVAX・HBARの4銘柄は日本の暗号資産取引所にも上場している仮想通貨で、2023年11月23日時点における過去1年間の価格上昇率は「RNDRは674%、SOLは350%、AVAXは65%、HBARは30%」となっています。

Quant(QNT)はブロックチェーン間の相互運用性を高めることなどを目的としたプロジェクト、Kaspa(KAS)はプルーフ・オブ・ワークを採用しつつ高速な取引環境を実現しているレイヤー1チェーン、Casper(CSPR)は企業がブロックチェーン関連製品やサービスを構築できるように設計されたPoS採用のエンタープライズブロックチェーンとなっています。

なお、ジョン・ディートン氏は今月9日にXRP保有量を増やしたことも明かしており、『以前はBTCをXRPの10倍、ETHをXRPの3〜4倍保有していたが、今はETHよりもXRPを大幅に多く保有している』と語っています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

NFTエコシステム構築するDART’s「DARトークンのIEO」実施へ|コインベストと協力

NFTエコシステム構築するDART’s「DARトークンのIEO」実施へ|コインベストと協力

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説