「サトシ・ナカモトは女性です」|ニューヨーク州議会議員

by BITTIMES

ニューヨーク州議会議員であるCarolyn Maloney(キャロリン・マロニー)氏は、5月13日にブルックリンで開催されたイベントの中で「Satoshiは女性です」という興味深い理論を述べています。

現代テクノロジーを支える重要人物

ビットコイン(BTC)の発明者として知られるサトシ・ナカモトの正体は誰なのか?というテーマは仮想通貨業界において非常に身近なテーマですが、その正体が女性であるという意見はこれまでにあまり耳にしたことはありません。

ニューヨーク州議会議員であるCarolyn Maloney(キャロリン・マロニー)氏は、5月13日にブルックリンで開催されたイベントの中で「Satoshiは女性です」という興味深い理論を語っています。

コンピュータやインターネットなどの革新的な発明のほとんどは、男性が発明したという考え方が浸透しています。

しかし現実には一概に男性だけがそのような発明を成し遂げているわけではなく、世界初のコンピュータープログラムのデバッグを行なった人物であると言われているエイダ・ラブレス(Ada Lovelace)氏やグレース・ホッパー(Grace Hopper)氏などのパイオニアは、技術の歴史を伝える上でより重要な役割を果たすはずです。

エイダ・ラブレス(Ada Lovelace)エイダ・ラブレス(wikipedia.orgから)

実際、彼女たちやその他の数え切れないほどの女性の力がなければ、私たちは現在のデジタル社会を築くことはできていなかったかもしれません。

仮想通貨業界で活躍する女性たち

Elizabeth StarkLightning LabsのCEO エリザベス・スターク氏(flickr.comから)

Lightning Labsの最高経営責任者(CEO)であるエリザベス・スターク(Elizabeth Stark)氏も仮想通貨に関わる重要な女性の1人であり、彼女自身も仮想通貨の世界に勤める1人の女性として「女性がやっているすばらしい仕事を軽んじられている」ことに対して疑問を呈しています。

仮想通貨への取り組みに早い段階から取り組む女性にとって性別は資金調達の問題でもなく、不愉快なものでもないはずです。しかし業界における特権と権力の地位において女性が過小評価を受けているという事実は、他の多くの産業と同様に隠すことはできない現状があるようです。

国際的に行われた調査の結果では、2012年1月から2018年1月の間に創設されたベンチャーキャピタルの仮想通貨およびブロックチェーンの組織では、創業チームのおよそ8%が女性であることが明らかになっています。そしてこの数字は、より幅広いテクノロジー業界では17.7%にまで膨れ上がっています。

The launch of #satoshiisfemale at the Women of Crypto event in Puerto Rico.

Satoshi Is Femaleさん(@satoshiisfemale)がシェアした投稿 -

女性を軽視することで仮想通貨の発展が止まる?

ギリシャの欧州議会議員であるエヴァ・カイリ(Eva Kaili)氏は、承認の欠如、男女平等、女性に対する敬意がないために仮想通貨の発展が止まる可能性があると指摘しています。

「女性はこの技術とのより良い理解と異なる優先順位を持っています。私たちは、これらのツールを使えば、将来に強い影響を与えることができると信じています。」

実際に仮想通貨が世の中に広く普及するためには、今後は特に女性への浸透がより重要になってくることになると考えられます。今の現状では仮想通貨を保有している人の多くが男性であるとも言われているため、より一般的に使用される通貨になるためにも、女性の存在が不可欠であることは明らかです。

そのためには仮想通貨業界で活躍している女性たちの存在がより重要であることも間違い無いでしょう。

全ての人に親しみやすいテクノロジーを

私たちはサトシ・ナカモトが女性であるか男性であるかを知ることは難しいと考えられますが、おそらくそれは大きな問題にはならないでしょう。

彼女たちの発言は、仮想通貨ブロックチェーンといった新しい技術が「男性/女性を問わず全ての人にとって親しみやすい存在でなければならない」ということを再確認させてくれます。

(引用:bitcoinist.com

サトシ・ナカモト記念碑と仮想分散型共和国

ウクライナの『Satoshi Nakamoto Republic』と呼ばれるグループは、『サトシ・ナカモト記念碑』の建設とともに、仮想分散型共和国『サトシ・ナカモトシティ』を立ち上げる計画を進めています。

この記念碑は、"ソビエト連邦の父"であるウラジーミル・レーニンの記念碑が立っていたシェフチェンコ通りに建設される予定となっています。

ウクライナで進む『サトシ・ナカモト』プロジェクト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

ブロックチェーン技術はFacebookの問題を解決できる

ブロックチェーン技術はFacebookの問題を解決できる

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月10日〜16日

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す