ボンクとミームネーター、価格上昇の可能性を探る:2024年分析

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ここ数週間、将来のボンクの価格が投資家の間で議論の的となっています。しかしながら、そんなボンクと同じく注目されているのがMemeinator(ミームネーター)です。

ミームネーターは、他のミームコインを破壊する熾烈なミッションを遂行する市場の救世主として位置付けられ、仮想通貨の未来を再構築することを熱望する投資家から599万ドルを確保しました。この記事では、ボンクとミームネーターが2024年に成長していくことができるのか、明らかにしていきます。

ボンクの浮き沈み

ボンクは最近、人気のあるミームコインの1つとして有名になり、Samoyedcoin(サモエドコイン)を退けてソラナの新しいミームマスコットになりました。FTX崩壊後のソラナエコシステムを若返らせるために、コミュニティ主導の精神を中核に据えて作られました。

その戦略は功を奏し、2023年後半にボンクの価格は急騰、12月中旬までに3,000%を超える壮大な高騰を記録しました。

しかし、その後の道のりはジェットコースターのようで、BONKの価格は2月下旬までに約0.000012ドルまで暴落。執筆時点ではBONKは7日間の値で96%以上上昇し、0.00002306ドルまで上昇しました。価格と同時に取引量も上昇し、価格のピーク時の最高値18億8,000万ドルに近づいています。

このような変化を受け、今、ボンクの価格が今後どうなっていくのかが注目されています。人気の仮想通貨銘柄としての地位を強化できるのか、それともムーンショットのピークは終わったのか?

ボンクの2024年価格分析

ボンクの価格を拡大してみると、この人気銘柄が12月以前の数字を上回っていることは明らかです。しかし、強気相場が続く中、史上最高値へのカムバックを目指したいところですが、最初の熱狂は落ち着いたように見えます。

ボンクは依然として、最も価値のあるミームコインの第3位にランクされています。しかしながら、驚異的な利益を過度に期待している場合には注意が必要かもしれません。

Shiba Inu(柴犬コイン)の数十億ドルの時価総額に匹敵するためには、ボンクの価格は大幅に上昇する必要があります。可能性がないわけではありませんが、世間からの関心を復活させる必要があるでしょう。

一方でミームネーターのような新たな競合が日々シーンに参入しており、スポットライトを浴びる瞬間を再び主張しています。

ミームネーター:ゲームを変える可能性を秘めた抵抗運動

ミームネーターはこれまでにない使命を持ったミームコインです。それは、ミームコインが市場を蹂躙し、投資家が大挙して離れていく、そう遠くない未来からの救世主です。掲げるゴールは役に立たないミームコインを破滅に追いやり、仮想通貨の焦点を真のイノベーションに戻すこと。

その第一歩として、時価総額10億ドルという目標を定めました。最終的にはボンクや柴犬コイン、さらにはドージコインのような巨人を凌駕することをも目論んでおり、そのために大規模な抵抗運動を結集します。

抵抗運動はすでにかなりの支持を集めています。約14万人のXフォロワーと2万3,000人を超えるTelegramメンバーが名乗りを上げ、現在進行中のミームネーターのプレセールに599万ドルを投じています。

長期的な成長戦略の鍵となるのは、ミーム戦ゲームを含むユーティリティ中心のエコシステムです。プレイヤーはミームネーターの立場になり、AIベースのミームスキャナーによって常にリフレッシュされる環境の中で、ライバルのミームコインを撲滅するため戦います。

スキャナーについては、チームメンバーのマルコとディランが先日のAMAで語っており、コミュニティが独自に関与し、ゲーム内でどのミームコインをターゲットにするかを提案できるようになっています。最も人気のない選択肢は、ミームスキャナーによってゲームプレイに組み込まれます。

10億MMTRの供給量の5.5%以上がすでにロックアップされているスキームで、最大で45%APYのステーキング報酬を得ることができ、NFTプロジェクトも進行中であることから、ミームネーターは魅力的なミームコイン投資の1つであると見られているようです。では、2024年の分析を見てみましょう。

ミームネーターの2024価格分析

ミームネーターは仮想通貨世界で急速に話題となっています。全20ステージのプレセールは第18ステージを進行中で価格は0.0261ドル、MMTRの最終目標である0.0292ドルに到達するまでにわずか11.18%の成長しか残っていません。

強固なソーシャルフォロワーと卓越したプレセールの反響に支えられたミームネーターは、ボンクとぺぺのサクセスストーリーをすぐに反映できるかもしれません。どちらも2023年に15億ドルの時価総額をハイプだけで達成しました。

市場の強気な動き、4月に予定されているビットコインの半減期、連邦準備制度理事(FRB)の利下げの可能性など、いくつかの強気な要因によって、ミームネーターの野心的な時価総額10億ドルの目標は現実となる可能性もあります。

そのようなマイルストーンは、最終的なプレセール価格から3,300%の驚異的な上昇を示し、最初のBonkの熱狂を逃した人々にチャンスを提供できるのかもしれません。

ボンクとミームネーターの今後

ボンクは落ち着きを見せているかもしれませんが、今後さらなる上昇の可能性もあります。Memeinator(ミームネーター)に関してはまだまだこれからの成長に期待ができると言えるでしょう。

ミームネーターは、ボンクのように今年大きな飛躍を見せる可能性もあります。過去に例を見ないそのミッションは、膨大なフォロワーベースと数百万ドルの資金に支えられています。そして、無視できないほど強力であることが証明され、MMTRが取引所に上場する際には価格の上昇につながるかもしれません。

ミームネーターの第1四半期プレセール終了が目前に迫っており、残りはわずか86,206,897トークンであることを忘れないでください。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

BlastUP:プレセールの人気が指数関数的に高まる

BlastUP:プレセールの人気が指数関数的に高まる

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

注目度の高い仮想通貨ニュース

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す