BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

by BITTIMES

非営利の教育プロジェクト「GiggleAcademy」

BINANCE(バイナンス)の元CEOであるチャンポン・ジャオ(CZ)氏は2024年3月19日に、自身が手がける新しい教育プロジェクト「Giggle Academy」を発表しました。

Giggle Academy(ギグルアカデミー)は、1〜12年程度で基礎教育を全ての人に無償提供する非営利の教育関連プロジェクトであるとのことで、新しいトークンを発行する予定はないとも説明されています。

今回の発表では同プロジェクトのコンセプトペーパーも公開されていて、CZ氏と共に少人数チームでプロジェクトに取り組む仲間を募集していることも説明されています。

私の次のプロジェクト「Giggle Academy」(ロゴはまだありません)

基本的な教育をすべての人に無料で(1年から12年程度)
非営利
ゲーミフィケーション
適応型

「http://giggleacademy.com」でコンセプトペーパーをご覧ください。

人材募集中。少人数チームでCZと直接仕事します。

Giggle Academy(ギグルアカデミー)とは?

Giggle Academy(ギグルアカデミー)は、暗号資産取引所バイナンスの創設者であるCZ氏が立ち上げた完全無料・非営利の教育プラットフォームです。

「楽しく夢中で学べる場所をすべての人に無料で提供すること」を使命に掲げるギグルアカデミーは、魅力的なゲームで遊びながら効率的に学習できる場所を世界中の人々に提供します。

ギグルアカデミーの教育プログラムとゲームはインターネット環境があれば誰でも利用することが可能で、世界中のどこからでも利用することが可能、全てのゲームを無料で遊べると説明されています。

12レベルの教育コンテンツを提供

具体的には、個人に合わせた1〜12レベルの教育コンテンツが提供される仕組みで「基礎的な読み書き・言語・文学・数学・科学・物理学・生物学・金融・プログラミング・芸術・高校教育・EQ・交渉・財務・起業家精神・営業・法務・会計・ブロックチェーン・AI」などが学べると説明されています。

この教育プログラムは主に「教育を受けられない発展途上国の子どもたち」や「学校に行ったことのない子どもたち」に学習機会を提供することを目的としているとのことです。

個性を活かす教育方針

ギグルアカデミーは「生徒ひとりひとりの個性を活かす教育方針」を採用しています。現在の一般的な学校では「平均的であること」を奨励する傾向にありますが、ギグルアカデミーは生徒それぞれが持つ個性を活かす教育方針を採用しています。

「数学が得意で英語が苦手」という場合には、英語学習を強化するのではなく「数学」に集中させるような方針で、『私たちはこれこそが自分の得意分野で最も強くなり、世界にとって最も価値のあるものになるための最も効果的な方法であると考えている』と説明されています。

なお、ギグルアカデミーは「良い大学に進学させること」ではなく「自分に合った良い仕事に就けるようにすること」を目的としています。

SBTを用いたレベル・バッジシステム

ギグルアカデミーは、学生がどの科目でどれくらい学習しているかを識別するために「レベル」や「バッジ」のシステムを導入します。

このレベルとバッジは、ブロックチェーン技術を活用した譲渡不可能なトークンである「ソウルバウンドトークン(SBT)」の形式で発行されます。

ソウルバウンドトークン(SBT)としてレベル・バッジを発行することによって、それらのデータを改竄・譲渡することはできなくなり、雇用主もブロックチェーン上で簡単に学習内容を確認できるようになります。

Giggle Academy(ギグルアカデミー)の詳細は「こちらの公式サイト」で確認することができます。

>>教育関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

マネックス証券:暗号資産CFDの「iOS版アプリ」公開

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

TRON創設者のジャスティン・サン氏「グレナダ大使」の任期が終了

TRON創設者のジャスティン・サン氏「グレナダ大使」の任期が終了

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す